課外活動
人と交わり、自分を磨く喜びを体験します。

「Sing for the Future Vol.27」

4月23日(日)大阪市南港 アジアトレードセンター(ATC)にある海辺のステージで行われた高校軽音楽部東日本復興支援チャリティコンサート「Sing for the Future Vol.27」に軽音楽部が参加・出演しました。

IMG_4792(blog) IMG_4780(blog)

今回参加した「Sing for the Future」はコンサート形式の集客によって、募金活動を行い、まだまだ復興していない東日本にエールを送り、支援していくという取り組みです。本校では様々な形で震災のチャリティー活動が行われていますが、今回は軽音楽部として、音楽を通じて支援をすることができたと思います。

IMG_4828(blog) IMG_4936(blog)1

<軽音楽部の今後の予定>

 

新年度会定期演奏会
4月29日(土)11:00~
校内アゴラステージ

 

ライブクリーンプロジェクト
5月7日(日)10:00~
清掃活動+コンサート
鶴見緑地校園

水泳部 春季合同強化合宿

3月27日(月)〜30日(木)、愛媛県今治市にて、3泊4日の春季合同強化合宿を行いました。今回は、雲雀丘学園、報徳学園、仁川学院の3校合同なので、お互いに刺激し合いながら心身を強化することが目的です。

IMG_9559

 

初日は、本校で早朝練習を行った後、バスで揺られること4時間。美しい瀬戸内海と島々を眺めながら愛媛県今治市に到着しました。

今回、練習場所でお世話になるのは、全国レベルの強豪大学が強化合宿にも利用している「清正の湯 瀬戸内温泉プール」です。コースロープを張り替えると短水(25m)や長水(50m)に使い分けることもできる、西日本最大の室内温泉プールです。期間中は午前と午後の2部練習を行い、プールだけでなく、体育館や施設周りのスペースを利用して陸上トレーニングも行いました。

IMG_9582 IMG_9561IMG_9583 IMG_9578

 

3校の中学1年から高校2年生まで参加する合宿なので、A~Eの5チームに分けてレベルごとに合った練習メニューを作り、選手たちは一生懸命それに取り組みました。また、練習後にはミーティングを行い、日誌にも練習面と生活面の振り返りを記入して意識を高めていきました。

IMG_9565 IMG_9588

 

最終日の練習後、生徒達は施設の温泉で疲れを癒やし、皆で甲子園中継を観戦してからバスで帰路につきました。

IMG_9584 IMG_9596

 

中高生44名、教員6名にとって、有意義な合宿を行うことができました。

今後とも交流を深め、仲間として、ライバルとして切磋琢磨していきたいと思います。

 

 

硬式野球部 卒業を祝う会

3月19日(日)この3月に卒業した本校野球部員がグラウンドに集まり、卒業を祝う会を行いました。グラウンドで在校生と試合、その後昼食、DVD鑑賞という流れです。今年は選手12名、マネージャー2名、計14名が卒業しました。夏の大会では思うような結果を残すことが出来なかった彼らですが、まじめにコツコツと努力する生徒が多く、姿勢の部分で大変大きな刺激を与えてくれた学年であったように思います。新2・3年生の部員は、先輩たちの思いを背負ってこれから頑張ってくれることでしょう。
卒業生14名、これからの大学生活で、野球を続ける者、また新しいことに挑戦する者とそれぞれですが、それぞれの舞台で活躍してくれることと思います。また落ち着いたら大学生活の報告に帰ってきてほしいと思います。どんな凜々しい顔つきになって帰ってきてくれるか、今から楽しみです。

20170319_121933

高校卓球部 兵庫県団体卓球選手権大会 結果報告

平成28年度 兵庫県団体卓球選手権大会(男子の部)
【平成29年3月19日(日) 於:ウインク体育館(姫路)】

 

男子団体戦(95チーム・2シングルス1ダブルス)

 

◆ブロック予選(リーグ戦)

仁川学院高A…2位トーナメントへ

1-2 小浜クラブB
2-1 舞子高A

 

仁川学院高B…3位トーナメントへ

0-3 御影高B
0-3 龍野高A

 

◆3位トーナメント

仁川学院高B

1回戦 2-1 神戸村野工高D
2回戦 0-2 夢野台高B

 

◆2位トーナメント ※準優勝!

仁川学院高A

1回戦 2-0 白陵高
2回戦 2-0 神鋼高砂B
3回戦 2-0 龍野高B
準決勝 2-0 神戸高専A
決 勝 0-2 滝川高

IMG_1092 IMG_1093

IMG_1095 IMG_1094
決勝戦の様子 / 表彰状と記念品をいただきました

 

 

この大会と翌日の姫工オープンに出場し、二日続けての姫路での試合となりました。多少の疲労感はありましたが、チーム戦で良い結果を得られたという点では選手たちも自信をつけてくれたのではないでしょうか。

今週末の阪神選手権、そして翌週の兵庫県選手権(ジュニアの部)、さらには5月の総体阪神予選まで、努力を積み重ねていきたいと思います。

 

6月、この同じ体育館に、県総体で戻ってくることができますように・・・。

 

 

★新入生で卓球部への入部をお考えのみなさんへ★

ご入学おめでとうございます。私たち卓球部はみなさんの入部を心よりお待ちしています。体育館(アリーナ)で練習をしていますので、いつでも見学や仮入部に来てください。なお、4月7日(金)までに顧問まで入部の意志をお伝えいただければ、5月の大会(総体阪神予選)への出場が可能です(ただし中学での卓球経験者に限ります)。ぜひこの卓球部で、心身ともに強くなりましょう!

卓球部 第5回カトリック杯

第5回カトリック杯【2017年2月12日(日)於:大阪星光学院】

 

近畿のカトリックミッションスクール(中高・以下「カトリック校」)では、毎年夏休みにさまざまな運動種目で女子の「カトリック大会」が実施されており、その歴史は50年を超えます。

が、今回参加したのは、男子のカトリック校交流戦!「第5回カトリック杯」にお招きいただき、初めて参加させていただきました。

 

 

IMG_0892
試合前の練習。参加者は6校合計約200名!

 

 

公式戦に向けて、地元のオープン大会に参加したり練習試合を組んだりすることが多い本校チームですが、他府県のチームと試合をすることはほとんどなく、この日は京都府や大阪府のチームとの対戦があり、しかも共学校の本校とは違い、男子校で部員数が中高合わせて40~80名というところもあり、多少肩身の狭い思いをしつつも程よい緊張感を持って試合に臨みました。

 

 

さて試合は開会式のあと、6校31チームがレベル別の5つのリーグに分かれ、団体戦の総当たり戦を行いました。特に高校チームは、3月の阪神大会に向けてチーム力を確認する絶好の機会となりました。

 

 

IMG_0890 IMG_0891
対戦の様子。全勝目指していたのですが…/閉会式の様子

 

 

主な結果は以下のとおりです。

◆4リーグ(中学生)
仁川C:2勝4敗 7チーム中5位
◆2リーグ(高校生)
仁川B:2勝3敗 6チーム中3位
◆1リーグ(各校トップチーム)
仁川 3-2 明星(大阪)
仁川 2-3 大阪星光学院
仁川 3-0 賢明学院(大阪)
仁川 3-0 洛星(京都)
仁川 3-0 六甲学院(兵庫)
4勝1敗 6校中2位

 

 

「交流戦」という位置づけでしたが、どの試合も白熱し、充実した1日となりました。会場となりました大阪星光学院の皆さま、ご準備いただいた各校顧問の先生方に厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。(ぜひ来年度もお誘いください!)

 

 

カトリック研究同好会 高山右近列福式

2月7日(火)大阪城ホールにて行われた高山右近列福式に、カトリック研究同好会のメンバー11人で参加しました。

列福式とは、カトリック教会において特別な徳と聖性を認められた者「福者」の称号を与えられる非常に重要な儀式です。

日本では、日本26聖人殉教者、ペトロ岐部と187殉教者に続いて3件目の式となります。

DSC_0619

この式のために近畿カトリック学校が合同で聖歌隊を結成したのですが、そこに仁川学院の代表として参加することとなりました。

列福式とは何か、高山右近とはどんな人物なのかもわからないところからスタートし、また難しいミサ曲に悪戦苦闘しながらの準備で迎えた式でしたが、当日はそのスケールの大きさ、その意味の大きさに圧倒されながら、感動のうちにこの式を終えることができました。他の学校の聖歌隊と合同で参加し、様々な歌を共に作り上げていくことができたことは、非常に大きな経験になったことと思います。

DSC_0603

 

DSC_0616

右近は、キリシタン大名として有名ですが、彼の生きた時代において、その信念を貫くことは並大抵のことではありませんでした。自分の身分や地位、名誉にこだわらず、命を賭してでも神への信仰と自分の信念を全うするその生き方、小さき者と共に生き、施しを行うその愛の姿勢は、現代を生きる私たちにも訴えかけてくるものがあるように思います。そんな彼の功徳が認められ、公に列福という形で承認されるその式に、生徒と共に参加できたことは、本当に幸せなことでした。生徒たちも、この式から多くのことを感じてくれたように思います。ここで得た大きな恵みを糧に、これからの活動に励んでくれたらと思います。

DSC_0620

 

剣道部 大会結果報告

県総体写真①

平成28年度西宮市内高等学校剣道大会

1月22日(日)仁川学院武道場

男子団体試合

予選リーグ 仁川学院 4-1 県立西宮 仁川学院 2-1 市立西宮

決勝リーグ 仁川学院 0-4 関西学院 仁川学院 0-4 報徳学園

結果

優勝 関西学院

2位  報徳学園

3位  仁川学院

攻防という観点で見ると、試合時間を生かす展開が望まれますが、「 真っすぐに相手と立ち向かう」自分たちのスタイルを貫く試合ができたように思います。学校生活、日々の稽古を通して、さらなる人間的成長を願います。

 

 

 

女子硬式テニス部 新年始動

新しい年がスタートしました。
女子硬式テニス部は毎年、年のはじめに広田神社への初詣から新年が始動します。本校のテニスコートから片道約4キロ弱の道のりをジョギングでめざします。

 

IMG_2309 IMG_2310

 

体もちょうど温まったところで神社へ到着です。最上級生の高校2年生が今年一年のチームの必勝を祈願して参拝しました。参拝後はチームでおみくじを引きました。キャプテンが代表で引いたくじはなんと「大吉」!境内に思わず歓声が響きあがるほどの盛り上がりで、みんなのニコニコした表情がとても印象的でした。

 

IMG_2312 IMG_2316

 

その後、来た道を引き返しコートに戻って初打ちをして汗を流しました。昼食は3チームにわかれて鍋を作ります。それぞれチームで作った鍋を囲みながら『今年の抱負』を一人ひとり表明して新年初日を終えました。

 

IMG_2318 2  IMG_2321

 

女子硬式テニス部は今年一年、チームとしての技術向上を目指すとともに「感謝すること」「誠実であること」「礼節をわきまえること」を大切にしながら、しっかりと地に根を張れる強いチームづくりに励んでいきたいと思います。

交剣知愛

 

初稽古2017

あけましておめでとうございます。新春1月3日、稽古始めです。

今年は、在校生や保護者の皆様は勿論のこと、47名の卒業生と大阪むさし道場の先生方にもご参加いただき、例年以上に盛大な初稽古となりました。現役の部員には、先輩方の存在が、心強く感じられたことでしょう。

卒業生の方々一人ひとりの流した汗が、今の剣道部の礎です。今日、お互いに竹刀を交えた大切な時間が、参加いただいた皆様のこの一年の糧となりますようお祈り申し上げます。                                合掌

 

 

女子硬式テニス部 東阪神リーグ入替戦 試合報告

12月28日(火)、東阪神リーグ入替戦が川西明峰高校にて行われました。先月のリーグ4部で優勝した本校は、この入替戦に勝利すれば3部昇格となる大変重要な試合です。試合はダブルス3ポイント・シングルス4ポイントの計7ポイントで争われました。

 

  

 

仁川学院4-3川西明峰
S1岩村6-2
D1福原・吉田6-4
S2西6-1
D2菅・牛丸1-6
S3込山6-1
D3DEF
S4DEF

 

  

 

人数の関係上、D3とS4は不戦敗のため、実質的には5ポイントのうち1ポイントしか落とせない追い込まれた立場からのスタートとなりました。S1はグラウンドコンディションに悩まされながらもチームのエースとして安定した試合運びで勝利することができました。S2も序盤こそ調子が上がりませんでしたが、繰り返されるデュースゲームをひとつひとつものにすることでチームに貢献するプレーができました。D1では一年生と二年生の即席ペアでのオーダーで臨みました。シーソーゲームではありましたが、先輩のリードに後押しされた一年生がベースラインからのコントロールを生かしたストロークを起点に、二年生がネットプレーで仕留めるといったダブルスならではのプレーも見られるなど見応えのある試合でした。一年生の中でもシングルスに定評のあるS3は、粘り強くラリーを続け、甘くなったボールを相手のオープンコートに力強いスイングでポイントするシーンが印象的でした。今回、唯一D2が敗北を喫してしまいましたが、試合後の敗因も自分たちで分析できていたので今回の試合経験を糧としてさらなる飛躍を期待したいところです。試合の結果、本校は東阪神リーグの3部昇格が決まりました。

 

 

今回の入替戦で会場校として提供して下さった川西明峰の今村先生そして生徒の皆様、前日からの雨で荒れたコートを朝早くから丁寧に整備していただきおかげさまで気持ちよく試合をさせていただくことができました。ありがとうございました。

 

さて新しい年が迫ってまいりました。今年一年、さまざまな形で私たち女子硬式テニス部を支えて下さった関係者の方々に改めてお礼申し上げます。新チームに移行してから半年が経過しましたが、団体戦・個人戦ともに試合経験積み重ねるたびに、選手たちがそれぞれの課題を見い出し日々の練習を通じて心身ともに鍛えられつつあることを顧問としても嬉しく思います。また新たな志をたてて、来年も日々の練習を信じ、自分を信じて励んで参りたいと思います。どうぞよいお年をお迎えください。

クラブ活動ブログ

ページトップへ戻る
仁川学院 〒662-0812 兵庫県西宮市甲東園2丁目13番9号
Copyright © 2013 NIGAWA GAKUIN All Rights Reserved.

サイトマップ | 個人情報保護方針