課外活動
人と交わり、自分を磨く喜びを体験します。

女子硬式テニス部 兵庫県新人大会 結果

 8月19日(土)、赤穂海浜公園テニスコートにて、第63回兵庫県高等学校新人テニス大会(個人戦)が行われました。シングルス、ダブルスともに予選ブロックを勝ち上がった選手のみが集まる本戦大会、本校からは高校2年生の西さんがシングルス戦に出場しました。

 

 当日は、前日の豪雨が影響し湿度も気温も非常に高く、暑さが厳しい1日となりました。エントリーから初戦までの待機時間も長く、緊張感や集中力を持続させるのも難しい状態ではありましたが、落ち着いてしっかりと自己コントロールをして試合に臨めました。

 

 第1ゲームをブレイクし、力強いショットも随所に見られ、このまま波に乗っていけたらと思っていましたが、相手の粘りのラリーに対して、なかなか自分の良さを思い通りに発揮することができませんでした。惜しくも敗退という結果となりましたが、最後まで諦めず、全力で戦い抜く姿勢がとても印象的でした。

IMG_0690-2

 

IMG_0705-2

 残りの夏休みも部員一丸となり、練習に励んでいきたいと思います。

 

<次回試合予定>

 

8月23日(水)阪神高等学校テニス大会団体戦

8月27日(日)兵庫県私学高等学校テニス大会

吹奏楽部 合宿を終え、県大会で銀賞受賞

20861503_1946500548926841_84774093_o (250x188)
吹奏楽部は8月10日から神戸市立神戸セミナーハウスで実施された夏合宿での厳しく充実した練習を終え、8月14日姫路市文化センターで開催された兵庫県吹奏楽コンクールに臨みました。満員の聴衆に熱演を披露し、銀賞を受賞しました。くわしくはこちらから。

 

ソフトテニス部 西宮市ソフトテニス協会杯結果報告

7月30日、塩瀬中央公園テニスコートにて、第18回西宮市ソフトテニス協会杯高校生大会「男子の部 個人戦」が実施されました。

暑さのピークを迎える午後からの試合で、技術面・体力面・精神面の強さが問われる大会となりました。今回は、主力の2年生、中村君が怪我のため出場できませんでしたが、キャプテンの中尾君が他のメンバーを力強く引っ張り、1年生も大きく成長することができました。結果は、三坂・森實ペア、小林・早坂ペアは初戦敗退となりましたが、荒井・辻原ペアがベスト16、中尾・杉本ペアがベスト4と奮闘しました。

IMG_2137 IMG_2141

後日、各校の今大会ベスト4のメンバーで実施された、第4回西宮・芦屋高等学校 シングルスソフトテニス選手権大会「男子の部」では、中尾君、杉本君が出場しました。惜しくも敗退しましたが、今後に期待ができる内容でした。8月9日からの合宿では、さらなる強化を目指して頑張って参ります!

IMG_2169

バスケットボール部(女子)近畿カトリック大会 結果

8月3日(木)、4日(金)百合学院において、第52回近畿カトリック学校女子競技大会 バスケットボールの部が行われました。

1日目の神戸海星、小林聖心、賢明女子との予選トーナメントを勝ち上がり、2日目の決勝トーナメントで百合学院には敗れましたが、3位決定戦で見事に香里ヌヴェールに勝利し、3位という成績を修めました。

この経験を活かして、次の大会でも健闘できるよう、夏休み中も練習に励んでいます。

IMG_1241 IMG_1240

1日目 予選トーナメント

仁川学院 38-9 賢明女子

仁川学院 46-12 神戸海星

2日目 決勝トーナメント

準決勝   仁川学院 22-52 百合学院

3位決定戦  仁川学院 34-28 香里ヌヴェール

会場でのご声援ありがとうございました。

女子テニス部 近畿カトリック学校女子競技大会 結果

8月1日、大阪のミズノテニスプラザ舞洲にて、近畿カトリック学校女子競技大会テニス競技(団体戦)が行われました。

 

IMG_3316 IMG_3317

 

厳しい炎天下の中、粘り強いテニスとチーム一丸の応援で2連覇に挑みました。決勝トーナメントには駒を進めたものの、準決勝で賢明女子学院(姫路賢明)に敗れてしまいました。昨年に続く連覇を達成することはできませんでしたが、エントリーした選手全員が試合に出場し各自の課題も明確になり、今後につながる試合となりました。

 

IMG_3319 IMG_3318

 

次は、5日〜7日の新人大会個人戦での本戦出場、阪神大会リーグ戦での1部昇格を目指して頑張ります!

 

IMG_3326 IMG_3327

 

予選リーグ 〔1勝1敗〕
3-0 賢明学院(堺賢明)
1-2 神戸海星

 

 

準決勝
1-2 賢明女子学院(姫路賢明)

 

 

順位決定戦
1-2 小林聖心

吹奏楽部 オープンスクールで歓迎演奏

00127

7月29日(土)、吹奏楽部はコルベ講堂で行われたオープンスクール閉会行事で歓迎演奏を行いました。詳しくはこちらから。

吹奏楽部 コンクールで金賞!県大会へ

0000157

7月28日(金)西宮市民会館アミティホールで開かれた第64回兵庫県吹奏楽コンクール西阪神地区大会で仁川学院吹奏楽部は金賞を受賞し、地区代表として8月14日に姫路市文化センターで開かれる兵庫県大会に出演することになりました。くわしくはこちらから。

高校卓球部 兵庫県総体 結果報告

第61回兵庫県高等学校総合体育大会卓球競技
(平成29年6月9日(金)・10日(土)/於:姫路市立中央体育館)

 

□男子学校対抗(83校)

○2回戦 3-1 六甲アイランド
(仁川:●明角/○中西/○中西・平岡/○中畑/平岡)

●3回戦 0-3 育英 (ベスト32)
(仁川:●中西/●尾木/●中西・平岡/中畑/平岡)

IMG_1215 IMG_1224
男子学校対抗2回戦/3回戦:全員で精一杯声援を送りました

 

□男子シングルス(107名)

・中西 優太(3年)
○1回戦 3-0 神崎高
●2回戦 1-3 育英高 (ベスト64)

 

2年2か月に渡る、3年生6人の「部活」がこの日、終わりを迎えました。

 

1年前の新チーム結成後、強かった先輩のようになれない自分にずっと自信が持てずにいた選手。勉強との両立に悩んで思うように練習できなかった選手。満足のいく結果が残せなかったチーム。OBの先輩たちや先生にいろいろアドバイスを受けるもなかなか変われなかったチーム。一人一人が本当に悩んだ1年だったかもしれません。

 

しかし、チームは5月の阪神地区予選で輝きを取り戻し、この日の県総体では3年生を中心に精一杯声を出し、試合に出場した選手は自分のために、チームのために、これまでずっと応援してくれた後輩や家族のために、何かを残そうと、1点でも取ろうと、1秒でも長くプレーしようと、ひたむきに頑張ってくれました。またベンチや観客席から必死に声援を送る1・2年生たちの姿は、3年生の残してくれたチームの”財産”のように映りました。

大会前日は、学校で最後の全体練習を行った後、レストラン特製の弁当をいただき、電車で姫路まで移動して宿舎入りを済ませ、「最後のミーティング」を行いました。3年生の熱い思いをチーム全員で共有し、翌日の大一番に向けて士気を高めました。

IMG_1212 IMG_1228
毎年行っている「最後のミーティング」、そして「姫路城見学」。

 

そして大会当日。学校対抗戦の結果は3回戦敗退となりましたが、最後の最後に、最後まで諦めないNIGAWAの卓球を見せてくれました。最後の最後に、チームとしての「強さ」を見せてくれました。3年生でチーム唯一のカットマン・明角は初戦のトップで出場。中学時代に県総体を経験しているものの、当時は控え選手。今回の出場はまさに悲願だったといいます。結果は惜敗でしたが、今までにないほどの躍動感を見せてくれました。そして、1年生の時から主力で活躍してきた主将・中西。中学時代から強豪チームで鍛えられてきた彼にとって、本校チームは物足りなかったかもしれません。しかし彼は決して不満を言うことなく、むしろ積極的に、後輩はもちろん初心者や中学生たちに対して、技術だけでなく「卓球の楽しさ」を惜しげもなく教えてくれました。そんな彼が最後に魅せた試合が3回戦・育英戦。インターハイ常連校相手に、しかも昨秋県新人大会の個人戦チャンピオンを相手に、フルゲームまでもつれる大接戦を演じました。惜しくも5ゲーム目は9-11で落としてしまいましたが、阪神地区で共に戦ってきた仲間たちも応援に駆け付けるなど、いちばんの盛り上がりを見せてくれました。

IMG_1233 IMG_1262
中西のシングルス2回戦/県国体前日にも後輩に指導してくれました

 

この2人だけでなく、他の3年生も最後までがんばってくれました。彼らには、この卓球部で経験したことすべてを今後の人生の糧にして、どんな逆境に立たされても、目標を達成するために最後まで前進を止めないでほしい、そう心から願っています。

 

IMG_1239
大会を終えて全員で集合写真

 

最後になりましたが、練習試合等でこのチームに力をたくさん与えてくださった各校チームのみなさん、卓球部の活動にご理解ご支援いただいた保護者の皆様、本当にありがとうございました。この場を借りて、心より御礼申し上げます。

 

この大会の翌日より、新チームが始動しました。2年生が7人と1年生が8人、男子が11人と女子4人というチームですが、先輩たちの意志を受け継いで、さらにNIGAWAの卓球を追求するべく活動してまいります。今後もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

女子テニス部 私学女子テニス交流大会結果報告

7月16日(日)甲南女子高校テニスコートにて、私学女子テニス交流大会が実施され兵庫県内12校の私学が参加しました。

 

IMG_3165 IMG_3167

 

予選では4つのリーグに分かれ、3チーム総当たり戦(シングルス1本、ダブルス2本の計3ポイント制)で行われました。

試合結果は以下の通りです。

 

 

予選Aリーグ

仁川学院0ー3啓明学院

仁川学院0ー3雲雀丘学園

 

 

コンソレ1R

仁川学院2ー1神戸野田

 

 

9位10位順位決定戦

仁川学院2ー1須磨学園

 

 

IMG_3168 IMG_3171

 

この大会は、もともとは私学女子球技大会という60年もの歴史を持つ由緒ある大会が起源だそうです。十数年前に一旦幕を降ろしたものの、テニス競技の部においては、運営関係者の先生方のお力添えによって今もなお継続されている大会です。

 

そんな交流大会は、新チームにとって初の団体戦となったわけですが、結果は昨年度から順位を3つ落とし9位でした。新チーム結成から約1ヶ月間、主に基礎的な練習メニューを中心に取り組んできました。普段の練習では力強いショットも打てるようになってきましたが、いざ試合となると気持ちの面で弱さが見えフォームが萎縮してしまったり、ボールを置きにいく場面も多く見られ、まだまだメンタル面も含めて鍛えていかなければならない部分がたくさんあることに気づかされた大会となりました。

 

これから夏休みに入ると、さっそく新人戦の個人戦(予選)がスタートします。1人でも多くの選手が本戦に出場できるように、チーム全体のレベルアップを図っていきたいと思います。

中学卓球部 西宮市総体報告

今年も中学3年生にとって最後の公式戦となる総体がやってきました。今年は男女シングルスの他、男子が久しぶりに団体戦に復帰。昨秋の新人戦に続き、シングルスと団体戦の両日にエントリーができました。個人競技でもある卓球ですが、やはりチーム戦となると応援の盛り上がりも相当なもの、一球一球のプレーに大きな声援が響きました。

 

sotai_tt04 sotai_tt03

sotai_tt02 sotai_tt01

 

 

 

残念ながら結果はシングルス、団体戦とも初戦敗退。結果は正直、厳しいものでした。新人戦やこの春の市民大会で各校の様子は見ていますが、この数ヶ月でしっかりと力をつけた学校が多いなという印象でした。

ただ、大抵の公立中学校の選手達が引退する夏に、中高一貫校である本校では引き続きクラブは続きます。

夏休み中に高校生に混じって、ジュニア大会に臨む生徒もいます。

“ゆっくり根を張りしっかり芽を出す。”

中学時代に大きな結果を残せなかった先輩達が、高校でぐっと伸びる。これが仁川の底力。

先輩方がそうであったように、今年の3年生達もそういう選手になってくれることを祈ります。

さて、今回の総体では、男子レギュラー選手全員の保護者の方が会場に足を運ばれました。こういう経験も記憶にありません。「会場に来てほしい」と母親にそっと伝えた生徒もいたとか。敗れたとはいえ、保護者の方にはきっと3年間の成長を感じていただけたのではないかと思います。使い古された言葉ですが、「記録より記憶に残る」、そういうチームでした。

会場でのご声援本当にありがとうございました。

クラブ活動ブログ

ページトップへ戻る
仁川学院 〒662-0812 兵庫県西宮市甲東園2丁目13番9号
Copyright © 2013 NIGAWA GAKUIN All Rights Reserved.

サイトマップ | 個人情報保護方針