仁川学院中学・
高等学校

学校行事 記事一覧

2019.05.24 学校行事 NEW
【中学】野外活動直前 最後の確認!

26日(日)から2泊3日で行われる野外活動(ネイチャーコミュニケーションキャンプ)。本番間近の24日(金)、最終確認を行いました。

まずは、速やかに整列するところから。生徒会の風紀委員長と保健体育委員長が一番前に立って、並ぶ位置を指示したり、調整したりします。班は、1~3年生の混合班。班長は、班名の書かれたプラカードを高く掲げて、班員を導きます。班員がそろっているか、班長が点呼。確認できたら、教員に報告。

この流れは、3日間の活動中、何度もくり返されます。今日のリハーサルがしっかりと生きれば、本番でもスムーズに整列できます。

その後は、野外活動のしおりを配布。中を見ながら、説明を聞きます。初めて参加の1年生は、真剣そのもの。また、3年生の副班長が一番後ろに座って様子を見ながら、前にいる後輩たちに優しくアドバイスをします。

全体説明のあとは、ダンス練習。6月21日(金)のダンスフェスティバルに向けて、野外活動の2日目に中間発表があります。中間発表といえど、中学生全員に披露する時間です。

これまでは、ダンスの振り付けを覚えることがメインでしたが、中間発表はステージなので、並び方や演技中の移動などの構成も大切。限られた時間を有効に使い、最終調整が行われました。

一人ひとりが自分の役割を果たし、コミュニケーションを取りながら、実社会に出るための学び・体験をする3日間になることを期待しています。

2019.05.22 学校行事
【中学】ネットモラル研修会を実施しました

5月22日(水)、コルベ講堂にてネットモラル研修会を実施しました。

 

スマートフォンが急速に普及し、本校でも現時点で半分以上の生徒が所有している状況です。便利なツールでありますが、その裏に潜む危険性についてもしっかりと学ばなければなりません。

本校では、毎年講師の方をお招きして講演会を行っています。本日は、NTTドコモの米田様より「スマホ・ケータイ安全教室」と題してお話をしていただきました。

 

動画やスライドなどで、SNSでのトラブルや著作権の問題、スマホ依存症などの実際に起こった事件や被害を紹介していただきました。「安易に書き込みをしない」、「個人情報の流出に注意する」、「ネットの情報を鵜呑みにしない」、「フィルタリングを活用する」、「使い過ぎに注意する」など当たり前のことですが、使っていると忘れがちになりそうなことを再確認しました。

 

これからの令和の時代を生きていく子どもたちは、「スマホを使わない」という選択肢ではなく、どうすればスマホを使って快適で安全に暮らしを豊かにできるかを考えていかなければなりません。今日のこの機会に、今一度その考えを深めていってほしいと思います。

2019.05.18 学校行事
【中学】アカデミア探求 講演会

探究活動は今年度より始動した、アカデミア・特進Ⅱコースで土曜日に行われる授業です。この探究の授業を通して,身近なものに触れ「なぜ?」という疑問を持ち,その疑問を様々な手段で解決し,そこから発展した答えのない問いに立ち向かってほしいと考えています。今年の中学の探究のテーマは「水」です。

4月27日に行われた第1回目の授業では、武庫川の河川敷にフィールドワークに出かけ、オリエンテーションを行いました。

1年を通じて「水」について、様々なことに興味を持ち、疑問を解決していくことが目標です。しかし身近にあるからこそ、まだまだ見えていない・知らないことがたくさんあります。
まずは「水」についての基礎知識を身に着けるため、「水」の専門家の方にご来校いただいて講演会を実施しました。

5月11日は、(株)日水コンの瀬川様・清水様より、水の循環やバーチャルウォーター、水辺の調査の仕方などをお話しいただきました。

 

5月18日には、川崎医療福祉大学の山中教授より、前回の内容を深めた内容と、SDGsについて講演していただきました。

 

このSDGsとは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。2015年に国連サミットで採択されたもので、国連加盟国193か国が2030年までに達成するために掲げた17の大きな目標があります。

その中の一部を取り上げると、「安全な水とトイレを世界中に」「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」「海の豊かさを守ろう」などがあります。そのほとんどが私たちの身近にある「水」に関わってきます。この「水」を考えることで、世界の平和につながっていくということを学びました。

いよいよ次回からは、自分たちで地域の「水」の課題を見つけて解決していきます。

 

2019.05.17 学校行事
【中学】グループ学習を実践中!

仁川学院中学校の授業では、いろんな教科でグループ学習を実践しています。日本語・国語の授業での様子を少しご紹介します。

各自が宿題で解いてきた答えを出し合います。それぞれの答えが違うこともしばしば。

このグループ学習は、班で1つの答えを導くことを指示されています。多数決や「なんとなく」で1つに絞るのではなく、「本文のここにこう書いてあるから」と根拠を出し合います。その結果、みんなが納得できたものが、班の答えになります。自分の意見が採用されたときには「論破できた!」と喜びの声が上がります。

班で決めた答えをホワイトボードに書き込みます。このホワイトボードを全体に提示し、どの班の答えが正解かを検討します。

こちらも、他の班と答えが違っていたときは、「自分の班は、こういう理由でこれが正解と考えた」と根拠を説明します。時には白熱を帯び、意見と意見がぶつかり合います。が、その表情は生き生きとしています。

教員から講義形式で伝授された知識を使って考えること、明確な根拠をもって正解を導くこと、自分の意見を表現できること、他者の意見を受け入れること……、グループ学習にはたくさんの意義が込められています。

このほかにも、生徒が黒板の前に立って問題の解説授業をする教科もあります。

一方的な知識の伝授・受け身の授業にとどまらず、知識の活用・主体的に思考することを大事にしたいと思います。

 

 

 

 

2019.05.17 学校行事
【中学】ダンス中間発表会まであと10日、仁川の森は探究へ

3学年混合班によるダンス練習が始まって1か月。5月26日から3日間、淡路島で実施する野外活動(ネイチャーコミュニケーションキャンプ)の夜に中間発表があります。3年生が班員の前に立ち、自らの進行で開始の礼からスタート。後輩たちの様子を見ながら、丁寧に教えます。

気づけば、中間発表まであと10日。かなり息が合ってきました。自信が出てきて、笑顔もこぼれます。

一方、先週、チンゲンサイと小松菜の種をまいた仁川の森。通常、3日程度で発芽。……あれ? ほとんど芽が見えません。あった!……と思ったら、畝と畝の通路から発芽。水やりで種が流されてしまったのでしょうか。

去年の経験と、自分たちで栽培方法を調べて種をまいたのに、どうしてこのようなことになったのでしょうか。仁川の森の畑の土と、市販されている野菜栽培用の土を比較実験。同じ量の水を注いだ結果は……? 先生が教えるのはここまで。この実験と自分たちの畝の状態から、どこに原因があったのかを班で話し合い、観察ノートに記録します。

 

去年を知らない中学1年生のために、もう一度、仁川の森でつけたい4つの力を確認。農業体験で終わるのではなく、「知識を得る」→「調べる・観察する」→「思考する」→「表現する・発信する」というステップを踏んでいきます。実体験と学びの融合です。

班の畝のうち、半分は自分たちの計画したものとして残し、残りの半分に新たに種をまきました。長年、日本の農業で培われた栽培方法をもう一度学び、実践します。丁寧に種をまき、愛情とともに水を注ぎます。タブレットで撮影して記録。

自分たちの調べ考えた栽培方法と、伝統的な栽培方法を比較することで、さらに学びが深まるでしょう。これからも記録を残し、学院祭での発表を目指します。

 

2019.05.14 学校行事
【中学】第1回生徒総会を行いました。

5月14日(火)7校時、コルベ講堂にて生徒総会を行いました。

この生徒総会では、学校生活をよりよくしていこうと、生徒会が中心となって、昨年度の活動・決算の報告や、今年度の生徒会活動・委員会の取り組みなどを、生徒全員の前で報告します。

 

令和元年度の仁川学院中学校生徒会の活動方針は「NEW WAVE ~まずは自分から~」です。「学校に新しい波をもたらしたい」との思いで、活動方針を決めました。その中で、「朝の挨拶運動」「コル着キャンペーン(コルベ講堂に教員に指示されることなく生徒だけで声を掛け合い時間までに着席する)」を生徒会が中心となって、取り組んでいきます。

また、前回の自治委員会の集会では、この方針に従って、それぞれの活動内容と目標が話し合いによって決められており、本日は各委員長より報告が行われました。委員長たちはもちろん、生徒たちは真剣な表情で報告を聞いていました。

各委員会の学期目標の多くは、1年生を生徒会の仕事に慣れさせることや、楽しく学校生活を送れるようにサポートしていくといった心優しいものでした。生徒会を中心に学校全体がより良くなるように努めて欲しいと思います。

 

 

 

 

2019.05.10 学校行事
【高校】体育祭を行いました

5月10日、第56回の体育祭を実施しました。予行のときと同様に晴天の中で開催することができ、生徒たちも朝からいきいきとした様子で、令和最初の行事となる体育祭を迎えました。

  

クラス全員での入場行進で団結力を確かめ、開会式では校長より、「天気にも恵まれ今日は暑い日になりそうですが、それ以上の熱さで体育祭を盛り上げましょう」という言葉をもらい、士気がますます上がって体育祭が始まりました。

    

競技は50m走から始まり、200m走、三種混合競争、スウェーデンリレーと続き、白熱したレースが繰り広げられました。その後、生徒会が企画の障害物競争があり、逆転勝ちするクラスが出るなど盛り上がりを見せ、午前中の得点種目が終わりました。

   

午前の部最後は、2・3年生男子による集団行動と2・3年生女子によリズムダンスでした。前年度の3学期から練習が始まり、体育の授業だけでなく放課後も集まって練習を積み重ねてきました。男子の集団行動は、今年度は初めて2・3年生合同で行い、例年よりも大人数での一糸乱れぬ演技は迫力あるものでした。また、リズムダンスでは楽しく踊っているのが動きからも表情からも伝わってきて、会場からも自然と手拍子が沸き上がり、大盛り上がりのまま午前の部が終わりました。

  

午後の部はクラブ行進・クラブ対抗リレーから始まりました。クラブの個性が出るパフォーマンスに会場中が笑顔に包まれ、リレーではクラブの誇りをかけた熱い戦いが繰り広げられました。

   

その後は、1年生の大縄跳び、2年生の棒取り、3年生の綱引きと学年対抗の競技が続きました。クラス全員の心を一つにして、一致団結!応援にも熱が入ります。

 

最後の締めくくりは、クラス対抗リレー。総合優勝を目指して、最後まで熱いデッドヒートが見られました。

  

総合優勝は2年連続の3年1組!!準優勝は2年3組、第3位は1年5組でした。一日中快晴に恵まれ、また天気以上に輝いていた生徒達の表情の中、体育祭は幕を閉じました。また、閉会後も生徒達で片づけを行い、終礼が終わってから生徒会のメンバーが自主的に校舎の掃除も行いました。

今回お体育祭でますますクラスの絆も深まったでしょう。今回の体育祭で得たものを、今後の高校生活にも活かされることを期待しています。

2019.05.10 学校行事
【中学】コミュケーション学の授業

仁川学院中学校の日本語の授業では「コミュニケーション学」を実践。今日は、中学1年生で、アカデミアコース・カルティベーションコース合同の授業を行いました。

まず、なぜコミュニケーション学に取り組むのか、その意味を知るところから……。

学内の授業や行事で、一つのことを成し遂げようとするには、コミュニケーションは欠かせません。また、企業が社員に求める力の第1位は、コミュニケーション力というアンケート結果もあります。つまり、学校を卒業し、社会に出てからも、コミュニケーション力は必要とされています。

今日は、「ノンバーバルコミュニケーション」のワークショップです。

みんな目を閉じて手で視界を隠します。この間に、教員がおでこに色のついたシールを貼ります。

自分に何色のシールが貼られたかはわかりません。

そこで、指令が出されます。例えば、「赤のシールの人は、青と白のシールの人とつなげます」「青のシールの人は、赤と緑のシールの人とつなげます」などなど。

この指令どおりに手をつないで、ひとつにつながることがゴールです。制限時間は10分間。

ただし、条件があります。「一切しゃべらないこと」「口パクで伝えないこと」「色がわかるものを指さしたりしないこと」

いよいよ活動開始。みんな戸惑いながら、身ぶり・手ぶり、アイコンタクトなど、いろんな工夫を試しながら、つながっていきます。

ノンバーバルコミュニケーションとは、言葉に頼らないコミュニケーションのこと。実は、他者から受け取る情報のうち、言葉から受け取るものは10%未満という実験データがあります。50%以上は表情から情報を受け取っているそうです。

言葉に頼らない方法は人それぞれ。うまくつながっていないところに気づいた人が手招きをしたり、手を引っ張って誘導したり……。

活動の後は、ふり返りです。

今回の活動では、いろんな方法でコミュニケーションを取ろうとする姿が見られました。

人にはそれぞれバックボーン(背景)があり、自分の経験で知ったことにより、判断して行動をします。つまり、自分と他者とは、考え方や行動が違ってきます。

ですから、コミュニケーションをとるうえで大切なのは、相手の立場・環境を受け入れようとする姿勢を持つことです。

これからも、全学年で、日本語の授業として定期的にコミュニケーション学を実践し、H.R.や学校行事の活動に生かせるように願っています。

2019.05.10 学校行事
【中学】白熱のダンス練習、仁川の森は野菜の種まき

毎週金曜日6・7校時、中学校では「仁川タイム」という総合的な学習の時間があります。

先週から、この時間を使って、6月21日(金)のダンスフェスティバルに向けて練習が始まっています。

今日は、2回目の練習。1~3年生混合の22名班。3年生が役割を分担しながら、ダンスを指導しています。どのように教えればうまく伝わるのか……、あの手この手で工夫を凝らします。45分という限られた時間の中で、教えることの難しさを体感しています。

また、そんな3年生の姿を見て、1年生・2年生は、来年の自分たちの姿に思いをはせていることでしょう。

同時進行で、園芸プロジェクト「仁川の森」。先週調べて立てた栽培計画を見ながら、土を掘り起こし、野菜の種をまきます。

去年も栽培した小松菜・チンゲンサイは、2・3年生が思い出しながら進めます。また、ツルナシインゲンは初挑戦ですが、”点まき”という巻き方は経験済みです。自分たちの経験に調べたことをプラスして活動しました。

タブレットで写真を撮影。これから毎回、畑と作物の様子を撮影します。また、今年度は「観察記録」もつけます。いつ、どんなふうに間引きや水やりをしたかを書き込みます。写真と文字で記録を残すことによって、1学期の最後に自分たちの栽培をふり返ります。このふり返りは、10月の学院祭で展示発表する予定です。

これからの水やりも、各班の立てた計画に従って行われます。うまく生長してくれるか、もし生長しなかったら原因はどこにあるのか、探究心を持ちながら活動することが、今年度の「仁川の森」です。

1 / 381234...最後 »