仁川学院中学・
高等学校

学校行事 記事一覧

2018.11.09 学校行事
【中学】校外学習を実施しました(1年生)

11月9日(金)中学1年生は校外学習を実施しました。この研修は京都の嵯峨野・嵐山を事前学習し、班別で散策することにより、次年度の長崎自由研修につなげるものです。当日はあいにくの雨となりましたが、生徒たちはは朝から元気いっぱい!いつもより早い登校となりましたが全員出席でバスに乗り、雨の京都に向かいました。

御室仁和寺でバスを下車し、先生の注意を受けた後、班別で散策をしました。

 

チェックポイントは北野天満宮、龍安寺、車折神社、嵐山駅、嵐山公園です。
生徒たちは自分たちで歩く初めての京都で、迷いながらも目的地を見つけ、先生にチェックを受けていました。




  
  

最後の集合場所である嵐山公園では雨もあがり、紅葉が始まった山々を見ながら昼食をとることができました。

 

 

生徒が組んだタイムスケジュールはとてもタイトで、最後までたどり着けるか心配でしたが、全班がほぼ時間通りに到着しました。この研修を通じて得た「仲間と協力すること」、「事前学習で調べたところを実際に見学できたこと」などの貴重な経験を、これからの事後学習、学校生活に活かしてほしいと思います。

 

 

2018.11.09 学校行事
【中学】修学旅行4日目(ハウステンボス)

ハウステンボス内のウォーターマークホテルで一夜を明かしました。天気予報では、この修学旅行の後半に雨が心配されました。が、昨日の夜の散策が終わってから、ホテルの窓を叩きつける豪雨が降ったものの、朝にはすっかり上がっていました。結局、この4日間は雨具の出番はなし。幸運に恵まれました。

最終日は、ハウステンボスの自由散策です。班で行きたいアトラクションやお土産屋さん、飲食店を決めて、約6時間の思い出づくりです。

自分の気の合う仲間だけでなく、いろんな価値観の人と過ごし、コミュニケーション力と協働力を磨くこと。仁川学院中学校に入学したときから、学年合同のホームルームや野外活動、運動会、園芸プロジェクトなどで、他クラス・異学年と班を作って活動してきました。

修学旅行もその一環です。クラスの枠を超えて作った、男女混合7〜8名の班。このメンバーで、1学期末から事前学習を開始。学院祭では、1つの成果として平和学習についてプレゼンテーションをしました。その後も、平和の詩の創作、長崎市内班別研修の計画などに、同じメンバーで取り組みました。

途中、意見が合わなかったり、思いどうりに進まずもどかしい思いをしたりと、すべてが順風満帆だったわけではありません。しかし、時間が経つにつれ、お互いに理解し合えるようになり、協働することがうまくなっていきました。

4カ月に渡って活動したこのメンバーとは、このハウステンボスの散策が最後。園内で見かけた仁川学院中学生は、笑顔いっぱい。この経験と思い出は、みんなの成長の1ページとして、これからの人生の財産となるでしょう。

大きなけが人や病人が出ることなく、4日間を元気に過ごせました。ハウステンボスから長崎空港まで高速船で移動。18:35に伊丹空港到着、その後解団式を経て19:20ごろ解散しました。

2018.11.08 学校行事
【中学】修学旅行(3日目 長崎市内・夜のハウステンボス)

3日目は、長崎市内の班別研修。事前に学校で調べたルートを元に回ります。

観光名所として有名でも、ここは長崎という不慣れな土地。地図を見ながら班員で相談して向かいます。

国語科の授業の中で毎日1ページずつ、遠藤周作『沈黙』を音読しながら潜伏キリシタンの苦悩を感じ取っています。その潜伏キリシタン発見の舞台となったのが、大浦天主堂。今年、世界遺産に認定されたばかりです。

  

長崎といえば路面電車。路線図を参考に、乗換をしながらの移動です。

キリスト教弾圧の歴史を物語る26聖人殉教の地。26人の殉教者のレリーフを見てから資料館を見学しました。

社会の授業で必出の出島。教科書や資料集の世界へとタイムスリップ。

長いエスカレーターを登るとグラバー園。ここから見下ろす長崎の街は、絶景です。

お昼ご飯は、新地中華街へ。下調べしたお店に入りちゃんぽんや皿うどんに舌鼓をうちました。また、おいそそうな香りに誘われて、店頭で購入した角煮まんじゅうを食べる生徒も。

そして、最後は原爆資料館。原爆の恐ろしさは、文字でこそ読んではいたものの、当時を物語る現物の資料は、深く心に刻まれるものです。

班別研修の後は、原爆死没者追悼平和祈念館へ。その地下2階は、追悼空間です。ここが原爆で亡くなった方の名簿を収めた場所であることなど、祈念館の方から説明を受けました。この日のために、先週金曜日、班ごとに1つずつ平和の詩を創りました。その詩を朗読して奉納しました。

バスガイドさんの案内で、爆心地と当時の様子が残った地層、そして7年前に発見された防空壕を見学。最後は、平和祈念像の前で集合写真を撮影しました。

 

潜伏キリシタンと原爆の歴史が今もなお色濃く残っている長崎の研修によって、いろいろな授業や事前学習で学んだことが、より強く脳内に刻み込まれました。

今日の最後は、夜のハウステンボス。日本最大級のイルミネーション「光の王国」を見ながら、班ごとに好きなお店を選んでお腹を満たします。

ハウステンボスのアトラクションや散策は、最終日の明日のお楽しみ。最後の夜は、ハウステンボス内のホテルウォーターマークで床につきます。

2018.11.07 学校行事
【中学】修学旅行(2日目 阿蘇・聖母の騎士修道院)

阿蘇の朝は想像以上に冷えます。それでも、朝食での姿は、男女とも元気で食欲旺盛。何杯もご飯をお替わりし、空っぽになったお櫃を2回も交換してもらう班がありました。さすが成長期の中学年生。

1週間前の天気予報では雨が予想されていた今日ですが、良い方に予報が外れ、快晴に恵まれました。宿舎の休暇村南阿蘇の玄関からは、「こんな綺麗に見られる日はめったにない」というほどの阿蘇山が。あまりの美しさに、思わず記念撮影。

午前中は、阿蘇で自然体験。各自が希望した3つのプログラムに分かれます。       

広々とした公園では、パラグライダーとマウンテンバイク。

強風時には中止になるパラグライダー。今日は風もほどよく、絶好のコンディション。かなり高い位置からの滑空で怖さを感じていた人も、インストラクターのレクチャーを受けて、いざ飛び出せば気分爽快。

阿蘇の高低ある大地を駆け巡るマウンテンバイク。まずは、乗り方の練習で肩慣らし。その後、阿蘇の空気をいっぱい吸い込みながら、力いっぱい草原と山道をこぎました。

公園からバスで20分離れたところにある、エルパティオ牧場では乗馬体験。馬にまたがり、手綱を取り、お腹を軽く蹴ると、それが馬への出発の合図。阿蘇山を背景にした草原をゆっくり回ります。待ち時間には、馬の餌やり体験。馬は食いしん坊です。

 

三者三様で阿蘇の大自然を存分に味わいました。

お昼ご飯は、阿蘇ファームランドでバイキング。水道水は全部地下水という、日本一水の美味しい熊本で育った野菜、名産のだご汁など、全種類を制覇するのは困難なほどたくさんの種類のメニューに圧倒されました。

午後は、阿蘇に別れを告げ、地震の復旧作業がまだ続く道路を通って熊本市内へ。そこから高速道路に乗り、佐賀県を通過して長崎市へ向かう長い旅路。途中、サービスエリアでの休憩を挟みながら3時間半、バスに揺られて聖母の騎士修道院に到着しました。

まずは、ルルドへ。崎浜神父から説明いただきました。本当のルルドはフランスにあります。この泉は、数々の難病を治す“奇跡の泉”と呼ばれます。その説明を受け、多くの生徒が手ですくって水を口に含みました。

教会でも崎浜神父のお話。「修学旅行は、友だちと仲良くすることだけではない。親と離れることで、親に感謝することに気づく。子どもの幸せを願わない親はいない。神様がみなさんの親に子どもをお預けになった」と説かれました。そして、各クラスの代表者が決意表明。日頃の学校生活とこの修学旅行、そして神父様のお話を踏まえて誓いました。最後に、全員で聖歌『平和の祈り』を歌いました。

聖母の騎士修道院を開いたコルベ神父は、仁川学院の礎となった方です。この教会には、コルベ神父の髪の毛が残されていて、ルーペで拡大してしっかりと目に焼き付けました。また、併設されている聖コルベ記念館では、コルベ神父に関連した資料が多数展示されています。売店でキリスト教にちなんだお土産を買う生徒も多数いました。

今夜の宿舎は、長崎市内の観光名所・オランダ坂の隣にある、ホテルニュータンダ。入所式のあとの夕食は、洋食の盛り合わせ。班で上手に取り分けます。もちろん、山盛りのご飯をついでもらうという、もはやこの修学旅行の恒例となったシーンもあちこちで……。

午前中は自然を体感し、午後は仁川学院の礎を学んだ2日目。自然体験で軽傷を負った生徒はいますが、明日以降の活動に影響はなさそうで、全員元気に就寝の時を迎えました。

 

2018.11.06 学校行事
【中学】修学旅行(1日目 太宰府天満宮・大刀洗平和記念館)

仁川学院中学校56回生の修学旅行は、例年通り新神戸駅の出発式からスタート。生徒の司会・進行で、お祈り、お見送りに来てくださった校長先生のお話、そして班長を務める生徒代表の挨拶と続き、いよいよ新幹線のぞみ号に乗車。同じ車両に乗車される他のお客さんには、ご挨拶のメッセージカードを手渡しました。

 

博多駅からは貸切バスです。福岡といえば、やはり太宰府天満宮。ガイドさんに習ったとおり、2礼・2拍手・1礼で参拝。思えば、昨年の今ごろ、校外学習で京都の北野天満宮を訪れています。参拝のあとは、おみくじやお守り、参道で名物「梅ヶ枝餅」、甘い誘惑のソフトクリーム、オシャレなデザインの店舗が際立つスターバックス……。観光名所を班で満喫。

次に、大刀洗平和記念館へ。この大刀洗には、戦時中、飛行隊の訓練場があり、空襲で多くの人々が命を落としました。その映画を見て、本の朗読を聞きました。あまりの衝撃に、目に涙を浮かべる生徒も。学院祭の発表でも取り上げた特攻隊の資料がたくさん展示してあり、事前学習と現地での学習が結びつき、さらに実感が深まりました。

福岡から佐賀を通り、一気に熊本へ。今日の宿舎は休暇村南阿蘇です。

ここでも、生徒の司会・進行で入所式。宿舎の方・生徒代表の挨拶。そして、いよいよ夕食。夕食は、豚のしゃぶしゃぶです。鍋奉行は誰かな? 寝食を共にすることで、ふだんの学校では見られない仲間の一面に気づくことがあります。

入浴は天然温泉の大浴場。貸切なので、みんなで大はしゃぎ。楽しそうな声が浴場に響きます。

初日の夜は、毎年恒例のレクリエーション。九州に関する班対抗クイズ大会。事前学習の成果か、どこの班も次々正解する接戦。8問中6問正解という驚異の正答率で、2つの班が並びました。最後は班長によるジャンケン対決を制した6班が優勝。景品として1人1箱ずつカステラが授与されました。

修学旅行に向けて、学院祭での発表準備(事前学習)のときから、クラス混合の班で活動しています。クラスの垣根を超えた仲間と過ごすことで、いつも一緒にいる友だちだけでなく、いろんな人と関わり協働する経験を積み、視野や価値観、そして世界を広げてほしいと願っています。

2018.10.05 学校行事
【中学・高校】第52回学院祭について

いよいよ今年度の学院祭が明日に迫ってまいりました。

10月の創立記念日に合わせて催される学院祭は、生徒会行事の中でも最大のイベントとして、企画から運営・演出にいたるまで、生徒達の自主性によって進められています。彼らは1学期早々から準備を開始して、自分達の手で一から地道に作り上げようと努力してきました。

今年度の学院祭のテーマは『祭』です。『祭』は本来、神様や人々に日頃の感謝を伝える意味があります。お祭りのように盛り上がるものにしたいというシンプルな思いに加えて、家族や友人に感謝の気持ちを伝えていきたいという想いが込められています。相手のことを思いやる気持ちを持ちながら、学院祭に参加している全員が非日常の空間を楽しめる学院祭をめざしています。模擬店や展示はもちろん、クラス参加のダンスステージや有志のパフォーマンスが楽しめるアゴラステージ、吹奏楽やピアノ演奏などのコルベ講堂ステージなど、見どころは盛り沢山です。

 

学院祭にお越しの際は、以下の点に留意してください。

(1)見学希望の中学生・高校生の皆さんは、必ず制服でお越しください。受付にて、生徒証明書の提示をお願いします。在校生紹介の友人券がなければ入場することはできません。

(2)小学生・中学生・保護者の方で、学校見学や入試説明をご希望の方は、個別に対応させていただきますので、受付でお申し付けください。事前のお申し込みは不要です。なお、お車での来場はできませんので、公共交通機関をご利用ください。

 

どうぞお気軽にお越しください。

2018.09.09 学校行事
【中学】第1回入試説明会を行いました

9月9日(日)10時より、第1回目となる中学校入試説明会を行いました。

 

先の台風や連日の大雨で天候が心配されていましたが、幸い午前中はやや落ち着いており、本校に関心を持っていただいている児童と保護者の方に多数ご来校いただきました。ありがとうございました。

はじめに大水校長から「仁川学院教育の目指すこと」と題して、話があり、その後は、教育システムや入試要項、普段の様子などについて各担当の先生から説明がなされました。最後の「入試アドバイス」では各教科で出題される問題の傾向や対策についてアドバイスがなされ、児童の皆さんが熱心に耳を傾ける姿が見受けられました。

 

残念ながら、説明会中に大雨警報が発表され、校内で活動していた生徒は下校してしまいました。やや寂しい雰囲気の中ではありましたが、少人数グループに分かれて実施した校内見学、総合学習『仁川の森』の活動風景映像や経過観察記録などを通して、本校の魅力を少しでも肌で感じていただけていたら幸いです。

 

今後も、運動会、学院祭などの公開学校行事だけでなく、説明会やプレテストを実施していきますので、皆様のご来校をお待ちしております。

 

2018.08.26 学校行事
【中学】第2回オープンスクールを実施しました。

8月26日(日)、第2回目の中学校オープンスクールを実施しました。

7月末に実施した第1回目に続き、多くの方にご来校いただきました。学校長から挨拶と、毎日の「お祈り」の様子についてお話があった後、今年から始まった新たな取り組み、オーストラリア短期留学の報告会が参加生徒を中心に行われました。2週間に及ぶオーストラリアの生活について、3名の生徒が現地での画像を見せながらわかりやすく説明してくれました。生徒からの最後のまとめでは、「オーストラリアの動物や自然に触れられたこと、向こうの文化を体験できたことはもちろん、自身の英語力の無さを痛感しながらも、楽しく、もっと知りたいという気持ちが強くなったことが良かった」という感想が述べられました。(活動報告は、現地から学院ブログに掲載されていましたので、詳細に関してはそちらをご覧ください)

 

 

短期留学の報告のあとは、体験授業と校内見学を行いました。小学校6年生のグループと5年生以下のグループに分かれ、数学・算数、理科の2教科を体験してもらいました。参加してくれた児童の皆さんも積極的に発言してくれ、時折、驚いた表情や笑顔が見受けられました。本校の生徒会メンバーも、体験授業と校内見学の補助だけでなく、参加児童のサポート役も頑張って務めてくれました。

 

 

 

体験授業と校内見学の後は、広報部長から入試・コース制について説明がありました。最後は、コルベ講堂に場所を移し、夏休み中も大活躍の仁川学院吹奏楽部の生演奏を聴いていただきました。多少、慌ただしいタイムスケジュールではありましたが、本校の魅力を少しでも感じていただけていたら幸いです。

 

本日はお忙しい中ご参加くださり、ありがとうございました。今後も多くの説明会、学校行事を企画しております。またのご来校を、生徒ともどもお待ちしております。

 

●今後の説明会・見学可能な学校行事のご案内

 

第1回入試説明会     9月 9日(日)10:00~12:00

中学運動会        9月22日(土) 9:00~15:00

第2回授業見学会     9月27日(木)10:00~12:00

中学・高校学院祭    10月 6日(土) 9:00~15:00

第2回入試説明会    10月13日(土)10:00~12:00

第3回授業見学会    10月31日(水)10:00~12:00

第3回入試説明会    11月17日(土) 9:00~11:00

プレテスト       11月17日(土) 8:00~12:30

入試個別相談会     12月 1日(土) 9:00~12:00

 

1 / 2812345...1020...最後 »