仁川学院中学・
高等学校

記事一覧

2024.04.11 学校行事 NEW
【中1】新入生オリエンテーション 1日目

令和6年4月11日(木)、仁川学院中学校63回生のオリエンテーションが始まりました。

新入生オリエンテーションでは、中学生となるうえで大切な様々の話を聞き、中学校生活についてや、建学の精神『和と善』、キリスト教について学びます。また、集団生活・体験学習を通して、規律や学年全体の親睦を深めることができます。場所は、養父市にあるサンダイフクさんで、2泊3日、お世話になります。

ホテル到着後、まずは施設前の草原でクラスごとにレジャーシートを敷き、昼食を食べました。大自然に囲まれた中、昼食を一緒に食べることで、他の新入生との交流を深めることができました。食後は鬼ごっこをして走る姿が多数見られました。その後、体育館に移動し、入所式を行いました。

 

入所式では、ホテルの方から歓迎の挨拶を、団体長の辻野教頭からは激励のお話をいただきました。また、生徒代表が、新入生オリエンテーションに向けての意気込みを堂々と話しました。その後、各宿泊室に移動し、身辺整理を行った後、オリエンテーションのプログラムがスタートしました。

まず最初に、教務部と生徒部から、学習に関することや学校のルールについてお話がありました。

教務副部長の村田先生からは、『仁川学院中学校の授業の最初にすること』『学習するってどういうこと?』『仁川学院中学校の学習のポイント』『仁川学院で探してほしいこと』という4点についてお話をいただきました。

生徒副部長の美尾野先生からは、『自分を大切に、他者を大切に』『ルール・マナーを守る』『何事もポジティブに取り組む』これらのことを意識して、楽しく有意義に学校生活を過ごしてほしい』と学校生活について大事なことを教えていただきました。

生徒たちは、緊張感を持って聞くことができました。中学校と小学校とでは、学習や生活面など様々な面で異なることをしっかり理解し、少しずつ中学生としての自覚が芽生えているように見えました。

 

 

続いて体育館に場所を移し、集団行動とアイスブレイクに取り組みました。

集団行動では整列練習を行いました。整列は行事や体育の授業で集合するという、学校生活の様々な場面で欠かせないものです。はじめは戸惑っていましたが,最終的には素早く、美しく整列することができるようになりました。

アイスブレイクでは『バースデーチェーン』を行いました。『バースデーチェーン』とは、制限時間内に、言葉を発せずにジェスチャーだけでコミュニケーションをとり、誕生日が早い順に並ぶゲームです。教員・生徒全員が身振り手振りで、自分の誕生日を伝えていました。見事、誕生日順に並ぶことができたクラスには、全員から大きな拍手と歓声があがり、お互いに打ち解けあうことができました。

入浴と夕食の後は学習実態調査です。中学校入学時点での、自分の学習スタイルを見つめ直す良い機会となりました。これからも定期的に同じ調査を行い、自分を見つめ直す機会としていきます。

1学期の目標や1日の振り返り、生活記録のNIGAWA LIFEを記入して、今日の活動は終了です。疲れた様子も見えましたが、明日は国語・数学・英語の学力推移調査、飯盒炊さんもある2日目です。しっかり休んで、勉強、体験活動ともに頑張ってほしいです。

2024.04.10 学校行事 NEW
【高校】1学期始業式を実施しました

本日、1学期始業式を実施しました。あいにくの雨ではありましたが、久々の仲間との再会で生徒たちの顔は笑顔に満ち溢れていました。

始業式は8時15分より体育館で行われました。まず、校長先生からのお話がありました。

高校3年生は受験に向けて、高校2年生は学校の中心として、その心構えについて、メッセージをいただきました。

次に新任の先生方の紹介がありました。また、各学年の担任や学年付の先生の発表もありました。

さらに、部活動の表彰もありました。会場からの大きな拍手の中、表彰される生徒はトロフィーを受け取っていました。生徒たちの日ごろの努力の賜物を皆で共有することができました。

最後に、教務部長と生徒部長から、新年度を迎えるにあたり、目標を立てることの大切さと、コミュニケーションツールとして気持ちの良い挨拶を心がけることやルールを守ることなど、新年度にあたり、学校生活を過ごす際の基本的な姿勢の重要性についての話がありました。

始業式後、クラス発表があり、新しいクラスで学級開きが行われました。新担任・副担任の紹介、教科書配布、諸連絡がありました。

 

 

 

 

 

 

 

生徒たちは真剣な眼差しで担任からの話に耳を傾け、引き締まった顔つきでした。目標に向け良いスタートを切る、その心意気を感じました。新たなクラスメイトとともに絆を深めつつ切磋琢磨し、今年度も充実した学校生活を送ってほしいと思います。

明日は全学年スタディーサポート(模試)があり、その翌日からいよいよ授業が始まります。

心機一転、各自の目標に向け一歩ずつ着実に歩んでいってください。

2024.04.09 学校行事 NEW
【中学】令和6年度 始業式・入学式を行いました

4月9日(火)、令和6年度の始業式と入学式を行いました。あいにく前夜からの風雨で、中庭のソメイヨシノは葉桜へと変わり始めていましたが、新たな仲間を迎える中学校舎1階のラウンジには、生徒会の役員たちがつくりあげた満開の桜が、新入生たちの登校を待ちわびていました。

強風の残る中ではありましたが、新2・3年生たちは気持ちを新たに次々に登校してきました。職員室前に貼られたクラス分けを確認し、久しぶりに顔を合わせる友達と笑顔で談笑していました。

コルベ講堂では、入学式の聖歌を練習した後、2・3年生だけの始業式を行いました。校長先生からは、学院の建学の精神である「和と善」を実践しようとの言葉をいただき、すこし引き締まった表情で話を聞く姿が見受けられました。特に2年生は初めての後輩たちとの出会いを控え、先輩への自覚も感じたことでしょう。

そのころ講堂前には期待に胸を膨らませた新入生たちが続々と登校。新しいクラスを確認したら、おうちの方と別れ一人で教室に向かいます。教室ではこれから共に学ぶ仲間と、担任の先生との対面です。入学式の心構えなどを聞いたら、いよいよ講堂での式に臨みます。

吹奏楽部員の演奏の中、担任の先生を先導にコルベ講堂へ仁川学院中学校第63回生が入堂しました。みことばの祭儀に続く新入生の呼名では、緊張した面持ちながらも元気な返事が返ってきました。、入学生の代表からのあいさつでは、これからの学院生活に向けた力強い思いが語られました。これでいよいよ中学校への仲間入りです!

 
 入学式の後はクラス毎に写真を撮ったあと、教室で初めてのホームルームを行いました。仁川学院で過ごす6年間の心構えや諸連絡の他に、担任の自己紹介と、新入生に向けてのメッセージが送られました。

新入生は明後日より、養父市方面へ2泊3日のオリエンテーションに出発します。カトリック校での学びについて、学校生活を送るうえでの心得などを学びながら、クラス・学年の親睦を活動を通じて深めていきます。

 

 

 

2024.04.08 学校行事
【高校】第63回入学式を実施しました

令和6年4月8日(月)午前9時30分から、仁川学院高等学校の入学式がコルベ講堂で行われました。

雨が降ったり止んだりするスッキリとしない天候のなか、高等学校第63期の新入生は、それぞれ期待と不安を胸に校門をくぐり、緊張した面持ちで式に臨みました。

  

中庭でのクラス発表

 

担任の先導のもと、大きな拍手に包まれながら新入生入場

クラス担任による新入生呼名≫ 

 

 学校長式辞

 

 学校長からは、カトリック・ミッションスクールとしての使命と、仁川学院の建学の精神である『和と善』についてのお話があり、新入生の皆さんは真剣な面持ちで耳を傾けていました。

在校生代表歓迎のことば

 

 新入生代表挨拶

 

 ≪担任・学年付の紹介

 

式終了後は小雨の降る中ではありましたが、せっかくの満開の桜の下、外でクラス写真の撮影を行いました。それからはそれぞれのホームルーム教室に戻り、各担任より、明日からの予定の確認と、クラス目標やこれからどのような学校生活を過ごして欲しいかなど、それぞれの熱い思いが語られました。

 今年の1年生の学年モットーは「チーム K1(こういち)」です。これから新入生の皆さんと教職員ともに、チーム一丸となって頑張っていきましょう!3年間よろしくお願いいたします。

2024.03.28 中学入試情報
【中学入試】学校見学会・相談会のご案内

【中学受験をお考えの保護者の皆様へ】

本校では令和6年度も、仁川学院のキャンパスや生徒たちの活動の様子を間近でご覧いただける学校見学の機会を設けさせていただきましたので、以下の通りご案内申し上げます。

申込に際しましては、特にお子様の学年は問いません。毎年「中学受験をするとは決めていないけど、私立の学校を見てみたい」「お友達と一緒に参加してもいいですか」という方もいらっしゃいます。

ぜひお気軽にご参加いただき、学校選びの参考にしていただければと思います。私どもも、仁川の魅力を精一杯お伝えさせていただきます。


本文末尾に申込みリンクがございます。

【4月10日より申込み開始】 

 


【第1回学校見学会・相談会】

日 時 令和6年5月14日(火)・15(水)・16日(木)

    ① 10:30受付(10:40開始)

    ② 13:30受付(13:40開始)

    ③ 15:30受付(15:40開始)

※③につきましては放課後の時間帯となります(ただし、16日は7時間目にホームルーム活動を実施しています)。

いずれかの時間帯を選んでのお申し込みとなります。ご家族以外のご同行者につきましては、恐れ入りますが別々にお申し込みをお願いします。


内 容 第1部 校内見学(約20~30分程度)

※中学校舎、校内施設を教員がご案内いたします。見学中お尋ねになりたいことがあれば引率教員にお声がけください。

    第2部 個別相談(希望者)

※個別相談ご希望の方は見学会終了後、順にご案内させていただきます。参加人数により、お待ちいただく時間が前後いたします。あらかじめご了承ください。

 

 

お申し込み時に、メールアドレスが必要となります。学校からの連絡にも使用いたしますので、普段ご使用のPC、スマートフォンのいずれかのアドレスをご指定ください。

携帯電話会社のキャリアメールでは受信設定が必要な場合がございます。

 

★お申し込みは下をクリック 

【4月10日より 申込み開始】

お申し込みサイト(外部)へ

2024.03.25 学校行事
【高校】高2探究「TWICE AWARD(全国大会)」を行いました

3月14日(木)午後から、TWICE AWARD(全国大会)地元企業インターンワーク部門が本校で開催されました。1部・2部に分かれて、「チクマ」、「コープこうべ」、「ホンダカーズ兵庫」、「近畿日本ツーリスト」「JA兵庫六甲」の代表チームが発表を行いました。

2月20日(火)に行われたTWICE PLANの校内発表会において優秀賞を獲得した15チームが、学年末考査や家庭学習日などでなかなか班で話し合ったり練習したりする時間がとれないなか、以前よりも非常に洗練された見ごたえのあるプレゼンを披露してくれました。

 

それぞれの企業にエントリーした3チームのうち、1チームが企業賞に選ばれ表彰されました。

さらに、地元企業インターンワークの総合グランプリと準グランプリが表彰されました。

グランプリ

 仁川学院高校2年「すりみかん」

 準グランプリ

 仁川学院高校2年「ナンセンス」

 企業賞

近畿日本ツーリスト賞

 仁川学院高校2年「すりみかん」

コープこうべ賞

 仁川学院高校2年「shine sky」

JA兵庫六甲賞

 仁川学院高校2年「JAM」

チクマ賞

 仁川学院高校2年「ナンセンス」

ホンダカーズ兵庫賞

 仁川学院高校2年「HRC西向」

 優秀賞

 仁川学院高校2年「メキシコサラマンダー」(近畿日本ツーリスト)
 仁川学院高校2年「chatnoir」(近畿日本ツーリスト)
 仁川学院高校2年「B5用紙」(コープこうべ)
 仁川学院高校2年「トワイスリー」(コープこうべ)
 仁川学院高校2年「フォルトゥーナ」(JA兵庫六甲)
 仁川学院高校2年「ろくちゃん応援団」(JA兵庫六甲)
 仁川学院高校2年「理系の子」(チクマ)
 仁川学院高校2年「毛利探偵事務所」(チクマ)
 仁川学院高校2年「仁川新撰組」(ホンダカーズ兵庫)
 仁川学院高校2年「タモック」(ホンダカーズ兵庫)

 

答えのない問いや課題にチームで挑む探究活動を通して、生徒たちの「生きる力」が大いに育まれたと感じます。
今後はその「生きる力」を発揮して社会で活躍してくれることでしょう。

2024.03.18 学校行事
【中学】3学期終業式を行いました

3月18日(月)、3学期の終業式を行いました。

卒業した3年生のいないコルベ講堂はガランとしていて、少し寂しく感じました。

校長先生のほか、教務部、生徒部の先生からは春休みの過ごし方の注意や、4月からの新学年への心構えなどについてのお話がありました。

終業式の後は、現在の教室から新学年の教室にロッカーを移動させた後、全員で校内清掃を行いました。1年間お世話になった教室やラウンジ・階段などを、一人ひとりが気持ちを込めながらきれいにしていきました。

 

今年度最後となったHRでは担任より、春休みの連絡や宿題の配布、そして通知表が渡されました。成績が上がり笑顔になっている生徒、4月からの巻き返しを誓う生徒など様々な様子がうかがえました。

今年度の成績や生活に満足することなく、反省をしっかりとして課題を分析し、新学年でのさらなる飛躍に期待したいと思います。

 

保護者の皆さま、令和5年度も本校の教育活動に多大なるご理解とご協力を賜りまして、厚く御礼申し上げます。至らるところが多々あったことと思いますが,何とぞご容赦ください。令和6年度も一人ひとりの生徒に寄り添い、教育活動に邁進してまいります。

 

新年度の始業式は、4月9日(火)8:15、新教室に集合です。その後,続けて10時から第63回入学式に出席します。

 

 

2024.03.15 学校行事
【中学】第60回卒業式を行いました

3月15日(金)、中学校の第60回卒業式がコルベ講堂にて行われました。

今年度の5月に新型コロナウイルス感染症が5類に移行されるまで、さまざまな影響や制限がありましたが、今回の卒業式では5年ぶりに聖歌の歌唱や国歌・学院歌の斉唱を行うなど、ほぼ通常の通りのプログラムで挙行できました。

 

午前10時、保護者や教員の拍手で迎えられ、卒業生が学級担任の先導で入場しました。 

卒業証書授与の場面では、担任から一人ひとりの名前が読み上げられると、各々から力強い返事が返ってきました。

 

卒業生答辞では、コロナに振り回された3年間の中で苦楽をともにした仲間たち、お世話になった先生方、見守ってくれた保護者の方々に向けて感謝の言葉が述べられました。

   

式後は講堂前での記念写真撮影のあと,教室に戻っての最後のホームルーム。担任の先生よりお祝いの言葉と共に卒業証書が手渡され、生徒たちは涙交じりの笑顔で卒業していきました。

卒業する第60期生は、小学校6年生のときに新型コロナウィルスの影響で休校となり、制限を受けた状態で小学校の卒業式が行われています。

中学校生活のスタートも、マスク越しでクラスメイトの表情がわからない状態。登校してすぐに手洗い、検温確認、そして昼食は黙食、放課後は机の除菌。行事は中止または規模を縮小しての実施など、我慢を強いられながら過ごしてきました。

しかし、今年度に入ってからは、ほぼ通常通りの生活ができるようになって、途切れていた仁川学院での伝統を復活させ、また様々なことにチャレンジして新たな道を切り拓いていってくれました。それを必ずや後輩たちが引き継いでいってくれることと思います。

そのような素晴らしい60期生の皆さんですから、これから先の人生も輝かしい道が拓けることを教職員一同,心から願ってやみません。

卒業生のみなさん、保護者の皆様、本日はご卒業おめでとうございます!

2024.03.11 ニュース
【高校】武庫川清掃ボランティア活動を行いました。

本日3月9日(土)、美化委員会主催で武庫川清掃ボランティア活動を行いました。

2月3日(土)以来2回目の活動となり、両日ともにおよそ20名の生徒が参加しました。

この活動は美化委員長である大西さんと福島さんの提案により、昨年末から企画・準備を行い、実現したものです。

二人は1週間前から放送部と協力してお昼の放送で直接呼びかけを行ったり、ポスターを制作して校内に貼ったりすることで広報活動に努めました。

事前の説明会では、美化委員と有志ボランティアの前で、取り組みの詳細だけでなく、この活動にかける思いを語ってくれました。

当日は、多くの生徒が集まったことに安堵しながら、武庫川河川敷までの道中も全員でゴミを拾いながら歩いていきました。

現地では1時間ほど清掃活動を実施し、様々なゴミを分別しながら集めました。

プラスチックごみや空き缶などを集める中、大きなコンテナや長いホース、ギターまでもが漂着しており、日常生活で出会わない形になったそれらを、彼らは興味津々に収集していきました。

清掃が終わり、橋の上から河川敷を見下ろすと「すごく綺麗!」と歓声も上がり、活動の成果を実感することができました。

美化委員長の大西さんは「楽しかったです!参加してくれたみんなもやらされるのではなく、やりたいという意志で参加してくれたことがとても嬉しかったです。」と話します。

また、同じく美化委員長の福島さんも「実現してよかったです。前回で取り切れなかったゴミを今回で綺麗にとることができて、達成感がありました。」と思いを伝えてくれました。

 

美化委員長二人の思いによって実現した今回の清掃活動。

次年度の執行部員も今回の活動に参加してくれたことで、今回限りの活動ではなく、次の世代にも引き継がれようとしています。

彼らの美化にかける思いも含めて、今後の生徒会活動の伝統として残っていくことを願ってやみません。

1 / 1111234...最後 »