仁川学院中学・
高等学校

記事一覧

2019.06.16 中学入試情報 NEW
【中学】第1回オープンスクールを実施しました

6月16日(日)中学オープンスクールを開催しました。
昨日の大雨により足元の悪い中、多くの方にご来校いただきました。

 

 

本年度のオープンスクールでは、従来の体験授業や校内見学に加え、本校の生徒による全体会の司会や行事紹介、「先輩と話そう」と題した生徒への質問スペースを用意するなど、できるだけ在校生と関われる機会を設けました。最後の閉会行事では、コルベ講堂にて吹奏楽部による演奏を披露しました。

 

校内のいろいろな施設を巡り、生徒と関わりながら仁川学院の雰囲気を感じていただけたようでした。

中には初めて出会う友だちと仲良くなり、一緒に楽しく過ごしている姿も見られました。

本日はお忙しい中ご参加くださり、ありがとうございました。来る8月25日の第2回オープンスクールでは、本日体験していただいた授業とは別の内容を行う予定です。またのご来校をお待ちしております。

●今後のオープンスクール・説明会等、行事のご案内

第1回入試説明会        7月13日(土) 9:00~12:00        
第2回オープンスクール  8月25日(日) 9:00~12:00(要予約)
第2回入試説明会     9月 8日(日)10:00~12:00
中学運動会       9月21日(土) 9:00~15:00
第2回授業見学会     9月26日(木)10:00~12:00(要予約)
中学・高校学院祭    10月 5日(土) 9:00~15:00
第3回入試説明会    10月12日(土) 9:00~12:00
第4回入試説明会    11月17日(日) 9:00~11:00
プレテスト       11月17日(日) 8:00~12:00(要予約)
入試個別相談会     11月30日(日) 8:00~12:00

2019.06.12 学校行事
【中学】中学3年生 人権HR

6月4日・11日と2回にわたり、仁川学院中学校では、各学年ごとに人権問題を取り上げたホームルームが行われました。

中学3年生の第1回は、「災害と人権」。5月末の野外活動の最終日、淡路島の北淡震災記念公園を訪問し、震災の語り部の講演を聴き、野島断層保存館を見学しました。また、昨年度・一昨年度の1月17日前後には、震災をテーマにした講演・人権学習がありました。

“人権”というのは、つきつめると生きていることが大前提です。阪神大震災や東日本大震災のような大規模な災害に遭遇したとき、「自分の命は自分で守ること」。これが、いろんな講演で共通してうかがったことです。

講演や野島断層保存館で感じたこと・考えたことを一人ひとりが付せんに書き出します。それをジャンル別に分類。最後に、各班で出された意見をホワイトボードにまとめ、他の班に発表することで共有しました。

 

第2回は、「こんなとき、どうしたらいいかな?~アサーティブなコミュニケーションを学ぼう~」というテーマで、ワークショップを行いました。

「アサーティブ」とは、“自己主張”という意味。しかし、一方的に自分の意見を主張するのではありません。自分の気持ちも伝えつつ、相手の気持ちにも配慮するものです。

アサーティブな自己表現のポイントは3つ。

 1.状況の説明(状況や相手の行動を客観的に言う)

 2.アイメッセージ(相手の気持ちも考えた上で、自分の気持ちをはっきりと言う)

 3.提案や要求

この3点を抑えながら、実際にシミュレーションを行いました。課題は、「すぐ物を『貸して』と言ってくるのに、なかなか返してくれない友だちに対し、どういう対応をすればいいか」。

それぞれが上述の「アサーテイブ」な返答を考えました。班でそれぞれが考えた返答を出し合い、その中で、最も「アサーティブ」と言える返答を1つ選び、全体に向けて発表しました。

中には思わず「おおっ」と感心する声のあがる返答も。完璧な「アサーティブ」な返答でした。

災害も、アサーティブなコミュニケーションも、わずか1回の学びで終わるものではありません。毎日の生活の中で意識しておく必要があることです。

災害については、今年度も1月17日前後にまた学習を行います。アサーティブなコミュニケーションは、国語・日本語の授業の一環で「コミュニケーションスキル」として学びを続けていく予定です。

2019.06.11 学校行事
【中学】中学1年生 第2回 人権HR

6月11日(火)の7時間目、先週に引き続き、中学1年生は学年で人権学習に取り組みました。LHRの進行は、教育実習生が務めました。

テーマはズバリ、「こんなとき、どうする?」

人間関係において、トラブルは無いに越したことはありませんが、全く問題なく生きていくことは困難です。学校や家、様々な場面でトラブルは起こり得ます。そんな時、自分はどのような行動をとり、解決していけば良いのかを考えてもらいました。

今回は、「仲の良かった友達と、とある誤解がケンカに発展。誤解が自然に解けるのを待っている間に、自分の悪い噂が出回ってしまい、周囲の人たちとも関係が悪くなってしまった。」という場面を想定します。

 

個々で「自分ならどうするか」案をだしてもらい、班で共有。そして、「その案を実行した結果、どのような結果になるか」を考えて話し合います。班でまとめた意見は教室全体で共有します。多くは「誰かに相談する」というものでしたが、中には「ケンカになっても徹底的に時間をかけて話し合う」や「悪口で言われていた内容を、言われないように努力してなおし、言っていた人たちを見返す」など、前向きな意見も見られました。

 

最後は、本校の卒業生でもある教育実習生からまとめの言葉がありました。中学1年生当時、今回の題材と同じような事態に陥った、辛い体験を涙ながらに話してくれました。生徒たちも、体験談を直に聞くことで、現実味が持てたようです。真剣な表情で話しを聞いていました。これから3年間の中学校生活を共にする仲間たちです。衝突することもあると思いますが、お互いに歩み寄れる人間関係を築いていってほしいと思います。

2019.06.11 高校入試情報
【高校】オープンハイスクール申し込み開始

今年も,オープンハイスクールを開催いたします。

ぜひオープンハイスクールで,本校での高校生活を“先取り体験”してみませんか?

 

第1回:2019年7月28日(日)10時 ~ 12時

第2回:2019年8月24日(土)10時 ~ 12時

 

【当日のタイムスケジュール】

Aグループ(400組)

◆  9 時30分 受付開始(コルベ講堂前にて受付 → コルベ講堂内へ)
◆  9 時55分 オープニング(吹奏楽部の歓迎演奏)
◆ 10時00分 学校長挨拶・生徒による学校紹介など(約40分)
◆ 11時00分 体験授業(事前参加申込制・約40分),校内見学など
◆ 12時00分 終了

 

Bグループ(400組)

◆  9 時30分 受付開始(コルベ講堂前にて受付 → 体験授業・校内見学へ)
◆ 10時10分 体験授業(事前参加申込制・約40分),校内見学など
◆ 11時05分 コルベ講堂に移動 → オープニング(吹奏楽部の歓迎演奏)
◆ 11時10分 学校長挨拶・生徒による学校紹介など(約40分)
◆ 12時00分 終了

 

【Aグループ・Bグループ共通】

体験授業を希望されない方につきましては,体験授業の時間帯に,自由に校内見学をしていただけます。クラブ活動や生徒によるスペシャル企画など,生徒が頑張っている姿をぜひご覧ください。

 

 

 

《申し込みの手順について》申し込みはすべてWeb上でのみ行います。

①参加希望の日時とグループを選ぶ(2日間とも,実施内容は同じです)。

②『体験授業』や『授業を希望しない』などの11項目の中から,どれか1つを選ぶ。

11項目の内容はこちらをクリック

③その他,必須項目を入力して送信 → 完了(確認メールが届きます)

 

お申し込みはこちらから(クリックしてください)

 

 

 

【注意事項】

体験授業は先着順になります。定員に達した授業から申し込みを順次締め切らせていただきます。また,各グループに組数の上限を定めておりますので,体験授業を希望されない方も含め,申込組数の合計が400組に達した場合には,体験授業の空き状況にかかわらず,申し込みを締め切らせていただきます。ご了承ください。

 

 

 

 

<留意事項>

(1)当日は,多数の方の来校が予想されるため,状況に応じて受付開始時刻を早めることがあります。ただし,事前予約制ですので,来校された時間帯にかかわらず,申し込み内容についてはすべて受けていただけます。慌てずに,気をつけて来校してください。

(2)申し込まれた際に,本校からの「返信メール」で事前予約の内容をお確かめのうえ,学校にお越しください。当日はグループ別に受付を設けます。間違えて受付をしてしまいますと,体験授業などが受けられなくなりますので,くれぐれもご注意ください。

(3)Bグループで『体験授業を希望しない』を選択された方は,10時30分までに受付を済ませてください。

 

 

 

今年も,多数の皆様のご来校をお待ちしております。

2019.06.04 学校行事
【中学】中学1年生 第1回 人権HR

6月4日(火)の7時間目、中学1年生は人権学習に取り組みました。本校では週に1回、LHR(ロングホームルーム)の時間が設けられています。中学1年生は、入学して2か月が過ぎようとする中、学校生活に慣れて友達との距離感も近くなり、些細なことから不必要なトラブル発生が懸念されます。そこで、LHRを学年として行い、グループワークを通して周囲の人と、より良い関係性を築くためにはどうしたら良いかを学びます。

第1回目となる今日は、「あなたならどういう?~YouメッセージとIメッセージ~」と題し、相手との人間関係を崩さずに自分の気持ちを伝える方法、その場の状況にあった適切な方法で表現する方法を模索します。お互いの意見を交換し、他者の価値観や考え方を認められるようになることが狙いです。

今回は「待ち合わせに連絡なく遅れてきた友人と、待たされた自分」のやり取りを想定して行いました。「相手の気持ちを考えると、本音を言い出せない。」という子もいれば、「言いたいことは言う。でも、言った後の相手のリアクションを考えると少しこわい。」など活発に意見が交換されていました。

  

活動は、1班を3~4人で構成し、生徒が持っているiPadに資料となるデータを配布します。その資料をもとに、「自分で意見を考える→班での共有→班でのまとめを提出→全体で共有」を繰り返し行います。生徒たちは、5月以降にiPadを配布されてから色々な授業で使用しているだけあって、慣れた手つきでiPadを操作していました。

 

 

次回に予定している課題は「こんなときどうする?」です。誤解からケンカに発展してしまったトラブルについて考えます。

2019.06.01 学校行事
【中学】ダンスは振り返りから改善へ、「仁川の森」は肥料の選択を

   

野外活動でのダンス発表から4日。あれはあくまで「中間発表」。本番は、3週間後にコルベ講堂で開かれる「ダンスフェスティバル」です。

もちろん、自分たちが踊っているときは、自分たちの踊りを観ることはできません。そこで、中間発表のダンスを録画した動画を班員で観ました。ある班は、“good point”と“bad point”をみんなでピックアップして分析していました。

それを踏まえて、ダンスフェスティバルまでにどのように改善していくか、そしてアレンジを加えていくかを検討。うろ覚えの振り付けは、もう一度上級生が丁寧に個別レッスン。踊るだけではなく、移動やフォーメーションなど、演出も大事になってきます。各班が独創的な工夫を凝らしています。

2週間ぶりの「仁川の森」。前回は、発芽がうまくいかなかった班も、日本の農業で長年培われてきた方法を伝授して種を蒔き直した結果……、ご覧の通り、小松菜もチンゲンサイもびっしり生えそろいました。その畑の様子をパッと目にした生徒からは「おおっ」という歓喜の声が………。

こちらは、ツルナシインゲン。自分たちで蒔き方・育て方を調べて、4月下旬に蒔いた種ですが、毎日たっぷり水をやっていたら、遅まきながら発芽してきました。それでも、班によっては発芽していない畝もあります。

そこで、今回は、長年培われてきたインゲンの蒔き方をレクチャーし、畝の空いているスペースにもう一度インゲンの種を蒔きます。小松菜・チンゲンサイは「筋蒔き」という方法ですが、インゲンは「点まき」。約7cm大の穴を掘り、1カ所に種を3~4粒蒔き、土をかぶせます。今後は、観察記録をつけて、自分たちの考えた栽培方法での畝の様子と比較していきます。

今日のテーマは「肥料」。写真左側のボトルは液体肥料、プラスチックケースは化成肥料です。ほかに、ぼかし肥料(有機肥料)と合わせて3種類の肥料を用意。小松菜・チンゲンサイに追肥するにはどれが適切か、班員で相談。iPadで調べながら、選びました。

 

写真左は液体肥料、右は化成肥料。ぼかし肥料を選択した班もいます。中には、2種類混合で使った班も。肥料によって生育状況がどう変わるのか、他の班との違いを見ていくのも楽しみです。

小松菜・チンゲンサイは間引き。丁寧に間引かないと、残した苗の根を傷つけてしまったり、苗が倒れてしまったりします。

「仁川の森」には、校舎沿いの畑のほかに、道路を挟んで向こう側、中学校グラウンドの隅に、もう1カ所の畑があります。昨年はここにサツマイモを植えました。すでに、畝の保温と防草のために、マルチシートが掛けられています(写真左)。今年はこの苗を準備。黄色い花が咲いています。そう、正体はカボチャです(写真右)。

初めて挑戦する作物。レクチャーを受けた後、ポットから苗を取り出し、マルチの穴の空いたところに移植。くれぐれも根や茎を傷つけないように、慎重に……。

茎の途中から生えてきている脇芽は、発育の妨げになるので、手で摘み取りました。

ダンスも仁川の森も、自分たちのやってきたことをくり返すだけでなく、より良い物にするために、試行錯誤しながら進めていきます。経験と知識、そして調べ学習を融合させた、生きた学び、まさしく「探究」の活動です。

2019.05.30 ニュース
【中学】1年生アカデミア 理科実験授業をはじめました。

 中学1年生のアカデミアコースの理科の授業では、観察力、考察力を養うことを目的とし、週1回のペースで実験を行っています。

 今日行ったのは、「文章で説明された3つの自然現象を自力で再現する」というもの。各テーブルには現象名と簡単な説明文が書かれた用紙と、実験に必要な材料だけが置かれています。教員からは現象を再現するための方法は一切説明されません。生徒たちは再現する現象が「なぜ発生するのか?」の仕組みを考え、各テーブルで相談しながら何回も挑戦していきます。現象が見事に再現されると合格がもらえ、次の課題に進むことができます。

 今回再現してもらった現象の1つは「ダイラタンシー」。材料は水と片栗粉だけというシンプルなものですが、一定の割合で混ぜ合わされた2つの材料は「ダイラタンシー流体」という物質に変化します。この物体は、一見すると液体のようですが、表面に衝撃が加わると固まり、握ることもできる不思議な性質をもっています。

 生徒たちは、身近な材料が見せる大きな変化に興奮しつつ、限られた時間ですべての再現を成功させようと熱心に取り組んでいました。

 

1 / 581234...最後 »