仁川学院中学・
高等学校

ニュース 記事一覧

2019.12.18 ニュース
【中学】クリスマスウィークを実施しました

12月16日(月)より、クリスマスウィークが始まりました。クリスマスとは神の御子イエス・キリストの降誕を記念する日で、神が人間に示された愛を皆で喜び、そして分かち合うときです。

本年度のクリスマスウィークのテーマは「Faccio  io ~イエス様の愛に倣って~」です。Faccio  ioとは「私がやります」という意味のイタリア語です。具体的には、自分のことばかりでなく、他者に目を向け、共に喜ぶために積極的に自分のできることを実行していくことを目指しました。

 

初日には、オープニングセレモニー、聖歌練習、クリスマスの意味を考える講演会、クリスマスカードの作成を行いました。

 

オープニングではこのクリスマスウィークの意義を説明し、最終日のミサで歌われる聖歌の練習を行いました。

続いて、関西学院中等部で宗教主事をされている福島旭先生をお招きして、「メリーではなくホーリークリスマス」と題して講演を行っていただきました。近年の日本のクリスマスでは、メリー(陽気な)が勝ってしまっているので、本来のイエス様の降誕記念日としてのクリスマスの意味を考えると、少しでもホーリー(聖なる)を考えながら過ごしてほしいとおっしゃっていました。

講演会の後は、教室に戻ってはクリスマスカードの作成しました。ポップアップカードと呼ばれる、2つ折りになったカードを開くと絵が飛び出すように見えるカードを作り、そこにメッセージを書き込みました。作成したカードは、このクリスマスウィークの活動で高校生が訪れる介護施設の方々に配られます。クリスマスの喜びを共有しようと、みんな一生懸命制作していました。

 

2日目は各学年で活動が分かれました。

 

1年生は、1年間を振り返って自分が様々な人に支えられていることに気付き、その感謝の気持ちを伝えるためにクリスマスカードを作成しました。クリスマスカードは前日にも作成しましたが、今日は普段自分を最も支えてくれている自分の家族のために、普段伝えられていない思いを文章に込めて作成しました。

2年生は、本校では以前から微力ながら支援をさせていただいている、大阪市西成区のあいりん地区で路上生活を余儀なくされている方々の厳しい現状について学びました。そして少しでも寒さをしのいで頂けるよう、心を込めて手編みのマフラーを制作しました。こちらは、あいりん地区で活動する援助マリア修道会のシスター方に協力していただいて、炊き出しの際にボランティアとしてお手伝いしながら、集まった方々にプレゼントする予定です。

3年生は、街頭に出て募金活動を行いました。本年度、日本列島は台風や豪雨により未曽有の被害を受けました。現在も被災地では、被害を受けた当時のままでほとんど手つかずになっているところが多数あり、ボランティアの数も足りていない状態です。その方々を支援するために西宮北口駅、宝塚駅などで協力をお願いし、多くの方に募金をしていただきました。

 

3日目は、昨日までのクリスマスウィークの中で行ったそれぞれの活動についての報告会とクリスマスミサ、そして各クラス・学年でのクリスマス祝会を行いました。

報告会では、中学生の各学年と高校1年生、1年を通して行ってきた仁川の森の代表者が報告しました。どの代表の報告でも、「誰かのために・・・」と思って活動してきたけれども、感謝や労いの言葉をかけていただき、「こちらも嬉しい気持ちになった」という感想が聞かれました。

 

活動報告の後はクリスマスミサです。ミサの厳粛な雰囲気の中、みんなでキリストの降誕をお祝いしました。ミサの中では、各クラスで集めた献金も代表者が納めていきました。

続いてクリスマス祝会です。ここまで、いろんな方々のことを考えながら活動してきましたが、一番身近な友達とクリスマスの喜びを分かち合いました。体育館でスポーツをしたり、ラウンジでゲーム、ビンゴ大会をするなど、大いに盛り上がっていました。食事もサンドウィッチやピザ、お菓子などを食べながら楽しい時間を過ごしました。

 

クリスマスまであと1週間です。このクリスマスウィークで行ってきた、「私がやります」の精神を学校の中だけでなく、いろんな場面で実践していって欲しいと思います。

2019.05.30 ニュース
【中学】1年生アカデミア 理科実験授業をはじめました。

 中学1年生のアカデミアコースの理科の授業では、観察力、考察力を養うことを目的とし、週1回のペースで実験を行っています。

 今日行ったのは、「文章で説明された3つの自然現象を自力で再現する」というもの。各テーブルには現象名と簡単な説明文が書かれた用紙と、実験に必要な材料だけが置かれています。教員からは現象を再現するための方法は一切説明されません。生徒たちは再現する現象が「なぜ発生するのか?」の仕組みを考え、各テーブルで相談しながら何回も挑戦していきます。現象が見事に再現されると合格がもらえ、次の課題に進むことができます。

 今回再現してもらった現象の1つは「ダイラタンシー」。材料は水と片栗粉だけというシンプルなものですが、一定の割合で混ぜ合わされた2つの材料は「ダイラタンシー流体」という物質に変化します。この物体は、一見すると液体のようですが、表面に衝撃が加わると固まり、握ることもできる不思議な性質をもっています。

 生徒たちは、身近な材料が見せる大きな変化に興奮しつつ、限られた時間ですべての再現を成功させようと熱心に取り組んでいました。

 

2018.12.08 ニュース
【中学】園芸プロジェクト「仁川の森」 心をこめた贈り物を

10月末に「環境デザイン」として作った花の寄せ植え。全部で36もの鉢は、花を散らしてはつぼみをつけて……をくり返しながら、寒さにも負けず学校の空間を華やかに魅せています。

今回は、その花を活用して、心のこもったを贈り物を作成することになりました。

まずは、寄せ植えの鉢から、花びらと葉を切り取ります。植物を傷めないように、慎重にハサミを入れました。

 

切り取った花と葉を押し花にします。通常は重しを置いて数日間かけて水分を飛ばしますが、仁川の森では科学の力を活用。キッチンペーパーやダンボール、輪ゴムを使い、花と葉を押さえつけて、電子レンジで1分少々加熱。すると、あっという間に押し花が完成しました。

この押し花を台紙に並べてデザインします。花と葉のバランスや色のコントラストなど、学年・クラスを超えた班のメンバーと相談。そして、本などに挟むしおりを1人1枚作成。同じものは1つもない、オリジナリティーあふれるしおりができあがりました。

実はこのしおり、自分が使うために作ったのではありません。

12月17日から始まる中高で始まるクリスマスウィークで、高校1年生が学院近隣の介護施設を訪問します。その際に、施設に通う皆さんにプレゼントする予定です。

どの生徒も、皆さんに使っていただくために、丁寧に作品を仕上げていました。まさに「心のこもった贈り物」です。

自分たちが寄せ植えし、水と肥料をやって育てた花。それを押し花にし、デザインして作ったしおり。生徒たちがたっぷりと愛情を注いだしおりで、施設に通う皆さんに喜んでいただければ、私たちも「和と善」という仁川学院の建学の精神に少し近づけたと喜び合えると思います。

2018.12.04 ニュース
【中学】園芸プロジェクト「仁川の森」2学期の収穫祭!!

2学期期末考査最終日。4日間、教室の机でテスト問題と格闘した生徒たちが、外へ出てアクティブな活動を始めました。

今日は「仁川の森」の成果、野菜収穫です。

台風で苗が飛ばされ、大雨で浸水被害に遭い、害虫に葉っぱを食べ尽くされ……、苗を植えては抜き、また植え直して、と何度もチャレンジしました。今日この日にたどり着くまで、決して楽な道のりではありませんでした。

地面から顔を出しているカブ。大きく葉っぱを広げているのがハクサイ。

森のように繁った水菜の収穫は手応え抜群。

自分で育てたカブは、スーパーで見るカブとは違った姿で見えることでしょう。晴れ晴れした表情がそれを物語っていました。

収穫した野菜は、鮮度を保って持って帰るように、湿らせた新聞紙に包みました。この作業は、1学期にも経験済みで、手慣れたもの。先生方の指示がなくても、お互い声を掛け合って順調に進みました。

実は、「仁川の森」にはもう1カ所、グランドの隅に畑があります。そこには、サツマイモの苗を挿し木していました。最初は水やりをしていましたが、ツルが伸びてからは雨任せ。それでも、根元がどこか見えないくらい、ツルが繁りました。

まずはハサミでツルを切り、根元を探すところから……。結構時間がかかりました。

根元が見つかったら、あとは手探り。途中で折ってしまわないように、慎重に土をかき分け、芋を掘り出しました。

たった1本の苗から、地下にどんどん伸びて、こんなにたくさんのサツマイモが収穫でき、大満足の笑顔。

サツマイモは天日干し。2週間ほど経てば甘みが増すそうです。12月17日からのクリスマスウィークで焼き芋にして食べる予定です。また、地域の方にもおすそ分けできたらな……と考えています。自分たちで育てた野菜を自分たちで食べる、そして、家族や他の人に食べてもらう。その達成感はなかなか得られないものでしょう。

大量の芋のツルは、捨てずに集めて、腐葉土にできないかと計画中です。その腐葉土で来年の畑の土作りができれば、目に見える形で「循環」が学べそうです。

教室では経験できない、自然との関わり。幾多の困難を乗り越えて、それでも立派な実を結んだ野菜の収穫に、生徒たちは大きな喜びを感じ、あちこちから歓声が聞こえてきました。

ネットやバーチャルリアリティーなど現代社会の物質面は進化し続けています。一方で、本物に触れるという実体験は乏しくなっています。

しかし、この「仁川の森」での実体験の成果は生徒たちの表情と歓声、そして今回収穫した作物を見ても明らか。きっと今後の貴重な財産となることでしょう。

2018.10.26 ニュース
【中学】園芸プロジェクト「仁川の森」~花の寄せ植え“仁川フラワーロード”の完成へ~

仁川の森の畑は、日々、虫との戦いです。2学期の最初に植えたダイコンは、大部分が虫の餌となってしまいました。しかし、中には虫に負けじと葉を伸ばし、土の上に首を出したたくましいダイコンもあります。

今日は、ホウレンソウやハクサイ、水菜などの間引きと追肥をしました。立派でおいしい野菜を収穫するために、手間と愛情は欠かせません。

 

先生方も、教科に関係なく、「野菜のプロ」として、生徒達と一緒に作物に触れました。

間引いた苗でも、食べることができます。「食べ過ぎてお腹いっぱい」と満足げに話す生徒も。

 

一方で、以前、花の写真でコラージュを作った花の寄せ植えを、いよいよ実践する日がやってきました。

班員で相談して注文した花の苗。一つの鉢に、縦長の背の高い花や垂れ下がるつる草など、複数の草花を混ぜることで、上下左右に立体的な芸術作品を完成させます。苗の根を傷めないように、協力しながら慎重に作業を進めます。

完成した鉢は、中学校舎の2階入口から体育館へと続く通路にセッティング。全部で36個の鉢が並ぶ景色。まだ花は五分咲きといったところ。これがどんどん大きくなり、ボリューム感が出てくることで、今まで何もなかったこの通路が、華やいだ空間になります。11月2日の保護者懇談のころには、色とりどりの花で輝く「仁川フラワーロード」を披露できれば、と期待しています。

仁川の森は、知識や創造力も活用しながら、植物の生長とともに生徒達の成長もはっきりと感じ取れるプロジェクトになってきました。

1 / 61234...最後 »