仁川学院中学・
高等学校

ニュース 記事一覧

2020.09.28 ニュース
【中学】コミュニケーション学の様子(授業体験会のお誘い)

仁川学院中学校では、国語科の授業の中で「コミュニケーション学」を導入しています。

ふだんはアカデミアコース・カルティベーションコースにわかれて授業をしていますが、コミュニケーション学ではコースを混合しグループ活動を行います。

今回は、中学1年生での授業風景をご紹介します。

まずは、与えられた課題に対し、個人で考えます。

次に、グループで話し合い、結論を出します。

ただし、話し合いにはルールがあります。

 1.じゃんけんはダメ!

 2.多数決もダメ!

 3.詳しい人がひとりで仕切るのもダメ!

 4.黙っている人をひとりでも放置するのもダメ!

 5.必ず全員納得して決める!

グループ内でしっかり話し合いながら決めること。それがコミュニケーションです。

制限時間を頭に入れながら話し合い中……。

「なんとなく」ではなく「~だから」という根拠がないと、5人が納得することはできません。

しかし、時間が進につれ、少しずつ発言の数が増え、ゴールが見えてくると、表情や動作が変わっていきます。

正解を見ながら、採点。最後は、振り返りをタブレットに記録して提出します。

 

【生徒の振り返りより】

・もちろん同じ意見もありましたが、自分では思いつかない、まったく違う意見も多く、グループで話し合ったら自分の考え方も変わりました。自分の考えも大事ですが、それを他の人に伝えることが大切だと思いました。

・ひとりで答えを導き出すよりも、グループで「なぜその答えなのか」を考えながら話し合えば、より正解に近づくことができるということを学びました。

 

なお、10月17日実施の授業体験会でも同様の授業を実施します(小学校5・6年生対象)。グループワークは不安かもしれませんが、ふだん授業を受けている中学生がサポートしますので、心配ありません。ぜひご参加ください。

 

2020.08.25 ニュース
【中学】2学期始業式を行いました

8月25日(火)、新型コロナウイルスの影響で例年より2週間ほど短い夏休みを終えて、2学期がスタートしました。

短かった夏休みとはいえ、久々に学校で友達と会って話すということで、朝礼前の教室内は会話が絶えませんでした。クラブ活動などで真っ黒に日焼けした生徒の姿もあり、それぞれが充実した夏休みを過ごしていたということが伝わってきました。

1学期の終業式と同様に、本日の始業式もWeb会議アプリ「Zoom」を用いてリモートでの実施です。スタジオとなる宗教科室で、校長先生に続いて、教務部荻原先生、生徒部南先生がカメラの前に立ってお話する姿を、プロジェクターで各教室に映し出して行いました。

その後のHRでは、夏休みの宿題の回収や、2学期の行事の連絡、そして新しく教室の黒板の代わりに設置されたホワイトボードについての説明などが、担任の先生より話されました。

 

 

これまでの1学期は新しい日常を模索しながらの学校生活でしたので、残念ながら行事はすべて中止となってしまいました。しかしこの2学期には、運動会や学院祭、仁川の森などを、例年通りとはいきませんが新たな形で実施する予定です。

新型コロナウイルスは依然として猛威を振るっており、不便ではありますが引き続き感染症対策を徹底しながら学校生活を送らなければなりません。もう一度気を引き締めて、検温、手洗い、マスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保など、感染予防の基本をしっかりやっていくことが大切です。

また、今年の残暑は例年よりも一段と厳しくなっています。熱中症対策にも気を遣って、しっかりと体調管理をしながら、充実した2学期にしていってほしいと思います。

2020.07.09 ニュース
【中学】雨ニモマケズ 仁川の森で野菜の収穫

7月2日、中学1年生が一足先に仁川の森で野菜を収穫しました(→仁川の森 収穫初体験!)。

それから1週間経った畑では、新たに食べ頃を迎えたたくさんの実が、中学2年生と3年生を待ち受けていました。

警報で休校になるような悪天候が続き、この日も朝から雨。しかし、収穫の時間帯だけ不思議と雨がやみ、収穫体験ができました。

「1年生と一緒にやりたかったなぁ……」

先輩たちから心のつぶやきが思わず漏れてきます。

本来ならば3学年混合で活動するのが、園芸プロジェクト「仁川の森」の醍醐味。ですが、コロナ禍で密を避けるために、畑に入る人数を減らさざるを得ません。そのため、学年ごとでの収穫となりました。

さすが経験者。ハサミの入れ方が様になっています。収穫物の大きさ比べという、仁川の森の見慣れた光景が戻ってきました。

トマト・ナス・パプリカの3種類を、それぞれ決められた担当者が収穫。お互いに収穫した野菜を交換することで、どの野菜も持ち帰れます。獲れたてのトマトを食べる3年生の姿も。完熟のもぎたてトマトに「甘い!!」という歓声と笑顔が。

1学期のテーマは、「夏野菜を育てる。食べる。旬を感じる。」

巷には、1年中同じ野菜が並び「季節感」をほとんど感じない現代人の生活。しかし、野菜には、本来「旬」があります。夏野菜を食べることで季節を感じられたのではないでしょうか。

2020.07.03 ニュース
【中学】仁川の森 収穫初体験!

学校が再開したら、園芸プロジェクト「仁川の森」を生徒に体験してほしい……。そう願いながら、休校期間中に教員が野菜の苗を植えました。

人間を惑わせた新型コロナウイルスといえど、自然の世界にはまったく影響しません。順調に育った野菜が収穫期を迎えています。

学校再開後も、全学年で同じ時間帯に活動する「仁川の森」は、三密が避けられず、実施を見送っています。

今回は、少人数のグループに分割して、収穫体験だけでもしようと企画しました。

まずは、1年生から。……ですが、そもそも「仁川の森」がどんな活動なのかすら知らない1年生たち。

そこで、国語科「コミュニケーション学」の授業の一環として、アカデミアコースの3年生がプロモーションビデオを作成しました。

これまでの苦労、収穫の喜び、仁川の森の活動で学べること。制作したビデオを、昼食時に1年生の教室で上映しました。

収穫体験の畑では、ビデオに登場した3年生が、1年生をお出迎え。

 

1年生はようやくクラブの本入部が始まったところなので、先輩と交流するのはほぼ初体験に等しい状態です。3年生にとっても、野外活動やダンスフェスティバルなど、学年混合班で活動する行事が相次いで中止になったため、リーダーシップを発揮する機会がなかなかありませんでした。

どのサイズの野菜が収穫に適しているのか。ハサミの使い方も含めて、先輩として、経験に基づいてアドバイスします。3年生も1年生も、満足感あふれる笑顔と声。

教室に戻った1年生は、タブレットに今日の振り返りを記録。「仁川の森」の意義、収穫の喜び、先輩との関わり方など、短時間ながら多くのことを学んだようです。

できることから少しずつ。来週は、2年生・3年生の収穫体験を予定しています。

1 / 101234...最後 »