クラブ活動

人と交わり、自分を磨く喜びを体験します

水泳部 記事一覧

2020.12.29 水泳部
【水泳部】2020年のまとめ

いよいよ今年も最後の練習となりました。この1年間の水泳部の活動をご紹介します。

今年の春は、新型コロナウィルスによる臨時休校で春の合宿はもちろん、練習ができない日々が続きました。水泳部は自主トレーニングに加え、無料通信アプリ「Zoom」を使ってミーティングを行いました。

学校再開後もほとんどの大会や試合が中止、もしくは厳しい制約が設けられての開催となりました。高校3年生にとって最後の大舞台となる「兵庫県高等学校選手権水泳競技大会」も、今年は1ヶ月の延期と規模縮小の末、「高校3年生大会」として代替開催が決まりました。ところが、それも大雨警報による中止など天候トラブルが続き、最後まで開催が危ぶまれました。そんな中、後輩たちは応援に行けない代わりにメッセージビデオを作って応援。3年生たちは、その期待に応えるように上位入賞、自己ベストの更新を果たし、どんな逆境にも負けない立派な姿を見せてくれました。

 

夏に入ってもウィルスの影響はおさまらず、夏合宿も断念。授業時間確保のために夏休みも短くなりましたが、水泳部は新コーチを迎え、本格的に新チームでの活動を始めていきました。

 

夏の後半からは少しずつ大会も開催され始め、中学、高校の1年生たちにとっては遅いデビュー戦となりました。それぞれが明確な目標を持って取り組んだり、チームとしての結束も強まってきて、練習の雰囲気も段々と活気が出てきました。

冬休みは午前と午後の2部強化練習です。練習メニューの内容は目的に合わせて様々ですが、水泳だけでなくウェイトトレーニングや陸上トレーニング、合間にはリレーやサッカーなど、ハードながらも楽しみを入れて練習に励みました。

最後の練習は50m×108本!煩悩をかき消すハードメニューに全員が力を出し切り、大掃除をして怒涛の2020年を締めくくりました。

 

最後になりましたが、今年も一年間仁川学院水泳部を見守り、応援していただきましてありがとうございました。2021年は1月10日(日)、11日(月祝)の兵庫県短水路選手権水泳競技大会に出場予定です。今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。

 

       

2020.12.28 水泳部
【水泳部】試合結果報告(冬季高校対抗)

12月20日(日)、第13回兵庫県高校対抗冬季水泳競技大会が行われました。本校の水泳部は、例年であれば年間で約30の大会に参加していますが今年は新型コロナウィルスの影響で激減。今年の数少ない大会の中で、この「冬季高校対抗」が今年出場する最後の大会となりました。

試合に出場する生徒は大会会場の尼崎スポーツに行き、出場しない生徒は本校のプールで記録会を行いました。それぞれが1年間の成果を出せるように挑みました。

試合の結果は以下の通りです。学校の記録会の方でも自己ベストを更新する生徒が多く、2020年の一つの締め括りとして良い結果が残せました。本校での練習は28日まで(午前と午後の2部練習)続きます。

また、ここ数ヶ月の活動報告を別途ブログに掲載いたしますので、ご覧ください。

 

《戦績一覧》

 

男子 100m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名   学年 記  録        
5 大野佑太    高校 2 52.18        

 

男子 200m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名   学年 記  録        
4 大野佑太    高校 2 1:52.36        

 

女子 100m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名   学年 記  録        
19 内原心海    高校 2 1:02.70        

 

女子 200m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名   学年 記  録        
20 内原心海    高校 2 2:18.26        

 

女子 100m 個人メドレー
タイム決勝
順位 氏   名   学年 記  録        
5 松村もえ    高校 2 1:09.31        

 

女子 200m 個人メドレー
タイム決勝
順位 氏   名   学年 記  録        
9 松村もえ    高校 2 2:30.94        

 

女子 100m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名   学年 記  録        
61 榊原陽奈子    高校 1 1:12.04        

 

女子 200m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名   学年 記  録        
38 榊原陽奈子    高校 1 2:44.07        

 

男子 100m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名   学年 記  録        
66 上村真哉    高校 1 1:03.36        

 

男子 100m 背泳ぎ
タイム決勝
順位 氏   名   学年 記  録        
38 上村真哉    高校 1 1:14.57        

 

 

2020.11.24 サッカー部
【サッカー部】新人戦 2回戦 試合結果報告

11月23日(月)、芦屋学園グラウンドにて阪神高校サッカー新人大会2回戦が行われました。対戦相手は西宮北高校でした。

前半の立ち上がりは攻められる展開が多く厳しい内容でしたが、相手との距離やマークのずれを修正し守備を全員で徹底することで、高い位置でプレーできるようになりました。

後半は仁川優勢で始まりました。決定機は何度かあったものの相手の守備に阻まれたりポストに弾かれたりと決めきれないシーンが続きました。そして遂に後半32分、相手のミスを見逃がさず、高い位置でボールを奪い沖仲くんが落ち着いてシュートを決め、これが決勝点となりました。残り時間が少ないことから相手の攻撃が激しさを増し、危ない場面もありましたが、この1点を守り抜き見事勝利を収めました。

新チームになって、サッカーノートや一人一役などのかつて行っていた取り組みを復活させ、部員一人ひとりが責任感や主体性をもって日々の練習や練習試合に臨んできた結果だと思います。次は11月28日(土)に関学と県大会出場をかけて対戦します。新型コロナウイルスの影響で無観客試合ではありますが、応援よろしくお願いします。

2020.10.06 サッカー部
【サッカー部】選手権大会 予選 第1回戦 試合結果報告

10月3日(土)、伊丹北高校グラウンドで兵庫県高等学校サッカー選手権大会の予選第1回戦が行われました。対戦相手は宝塚西高校です。前日はコーナーキックでのポジショニングやセットプレーでの競り合い、セカンドボールへの意識などを練習で確認しました。3年生の引退がかかった試合なので、全員が集中して取り組んでいました。また、10月3日は学院祭でした。部員たちは11時まで学院祭に参加し、友人たちの青春を謳歌する姿に「これは負けていられないな」と闘争心を燃やして試合に臨みました。

結果は0-3でした(前半2失点、後半1失点)。緊張のあまり、1つの凡ミスが大きく試合を左右し、なんとしてでも1点を取りにいこうとすることで、バランスを崩した結果でした。素直に相手校の強さを称賛したいと思います。

 

新チームの最初の大会は11月の新人戦です。新人戦で県大会に行くために、また来年こそはこの選手権大会の雪辱を果たすために、練習メニューに体幹トレーニングを追加したり、中高で一緒にランや基礎練習などを行うようにしたり、その他にも新しい試みを積極的に行っていきます。選手・マネージャー・顧問一丸となって精進してまいりますので、今後とも応援よろしくお願いします。

2020.10.01 サッカー部
【サッカー部】選手権大会に向けて

10月3日(土)県立伊丹北高校グラウンドにて、兵庫県高等学校サッカー選手権大会の1回戦が行われます。

宝塚西高校との試合です。高校3年生は最後の大会になるのですごく燃えています。リーグ戦や練習試合の中で見つかった課題を克服し、県大会へ勝ち進むべく日々の練習に励んでいます。

仁川学院サッカー部では「サッカーノート」を毎日書いて、その日の練習や試合で上手くいったことや改善点を可視化し分析しています。サッカーノートは問題点を分析して改善してきた証となり、また毎日書き続けたことは自信につながります。選手権大会の試合前にサッカーノートを見返すことで、部員たちは最高のモチベーションで試合に臨めると期待しています。

また、昼休みの時間には毎日筋トレルームで部員は体を鍛えています。ダンベルだけでなくパワーラックやスミスマシンなどの本格的なマシンも置いてあり、とても充実した設備の中で当たり負けしないフィジカルを育成しています。

マネージャーが2人加わり選手のサポートも手厚くなりました。練習の密度も濃くなり選手たちの実力向上につながっていることをみんなが実感しています。

10月3日はきっと素晴らしい試合になるでしょう。コロナ禍の中で無観客での開催ということですが、応援宜しくお願いいたします。

2020.09.10 水泳部
【水泳部】試合結果報告(ジュニア選手権、近畿新人予選)

9月5日(土)〜6日(日)の2日間、ポートアイランドスポーツセンターにて、第63回兵庫県高等学校ジュニア選手権水泳競技大会 兼 第4回近畿高等学校新人水泳競技大会予選会が開催されました。

今回の大会は、本校水泳部の高校1年生にとっては念願のデビュー戦でした。緊張は隠せない様子でしたが、最後まで力を振り絞り、ほとんどの選手はベストを更新し、3名の選手が見事に近畿新人大会への切符を手にしました。感染拡大防止の観点から、入場制限は引き続き行われ、仲間の応援も十分にはできない中ではありますが、普段の練習から徐々にチームとしての「結束力」が育まれつつあるように感じます。

 

8位以内に入賞した高校2年の、大野、内原、松村の3選手が10月10、11日に和歌山で開催される、近畿新人大会に出場します。引き続き仁川学院水泳部の応援をよろしくお願い致します。

また、今大会はYoutubeでもLIVE配信されており、大会終了後も見ることができまので、選手たちの活躍をご覧ください。

 

《試合戦績一覧》

男子50m 自由形

上村真哉 高1 30.18秒 99位

男子100m 自由形

大野佑太 高2 53.39秒 3位

西川大遥 高1 1.18.60秒 152位

女子50m 自由形

内原心海 高2 29.07秒 7位

女子100m 自由形

松田沙希 高1 1.05.15秒 16位

榊原陽奈子 高1 1.17.91秒 44位

女子200m 個人メドレー

松村もえ 高2 2.33.99秒 3位

女子400m フリーリレー

1.松村もえ

2.内原心海

3.松田沙希

4.榊原陽奈子   4.28.82秒 13位

女子400m メドレーリレー

1.松田沙希

2.松村もえ

3.内原心海

4.榊原陽奈子   5.09.47秒 13位

1 / 261234...最後 »