クラブ活動

人と交わり、自分を磨く喜びを体験します

卓球部 記事一覧

2021.04.01 卓球部
高校卓球部 3月の公式戦 主な結果報告

令和2年度 阪神地区高等学校卓球選手権大会(3月25・26日)

◆男子シングルス(298名)

第34位 菅野(2年)

◆女子シングルス(116名)

第2位  中西(1年)

第9位  實川(2年) 舌古(1年)

第17位 柴(2年)

◆男子学校対抗(31校)

1回戦  0-3 市伊丹

◆女子学校対抗(20校)

2回戦  3-0 川西北稜

準々決勝 0-3 西宮今津

 

令和2年度 兵庫県卓球選手権(ジュニアの部)(3月30・31日)

◆男子シングルス(1279名)

5回戦敗退 菅野(2年)※ベスト128

◆女子シングルス(697名)

6回戦敗退 舌古(1年)※ベスト32

 

上記2大会の結果、女子シングルスで中西さんと舌古さんの2名が6月の兵庫県総体に出場することになりました。次は5月の阪神総体(県総体阪神地区予選)で、男女ともに団体で県大会に出場できるように、これからもさらに中高男女全員でNIGAWAの卓球を追求していきます。応援よろしくお願いします。

 

《2021年度にご入学されるみなさんへ》

ご入学おめでとうございます。私たち卓球部は、初心者・経験者を問わず、一緒に卓球を通して心技体を高め合える「仲間」を募集しています。正式な入部については4月下旬からとなりますが、中学時代に卓球部に所属し、入学後も卓球を続けたい方がいらっしゃいましたら、ぜひ早いうちに顧問の瀬崎(せざき)までご連絡ください(春休み中はお電話にて承ります)。競技経験のある方については4月に日本卓球協会への選手登録をし、5月からの公式戦に出場いただくことも可能です。部員一同、みなさんと体育館でお会いできることを楽しみにしています。

 

 

2021.03.29 水泳部
【中高水泳部】試合結果報告(県短水路、県冬季公式、春季JOC、県ジュニア、尼崎室内)

仁川学院水泳部は年末の大掃除後、コロナ禍でもチーム力をあげていくことを目標に2021年をスタートさせました。高校3年生も無事に卒業し、それぞれの進路を歩み始めました。残された部員たちも、この3学期は全部で5つの大会に出場。この記事の最後に、その戦績を一挙にご紹介致します。

選手個人としてもチームとしても、まだまだ乗り越えていくべき課題は山積みですが春には新たな仲間を迎え入れ切磋琢磨しながら成長を続けて欲しいと思います。

最後になりましたが、保護者の皆様を初め、仁川学院水泳部をいつも応援してくださる方々に、チーム一同心よりお礼申し上げます。どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。

 

《試合戦績一覧》

〈第15回県短水路選手権〉

無差別  男子 100m 自由形
予選
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
6 大野佑太  仁川学院高校 高校 2 52.13        
4 大野佑太  仁川学院高校 高校 2 51.74        

 

無差別  男子 200m 自由形
予選
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
7 大野佑太  仁川学院高校 高校 2 1:52.91        
7 大野佑太  仁川学院高校 高校 2 1:52.85        

 

無差別  女子 50m 自由形
予選
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
17 内原心海  仁川学院高校 高校 2 28.21        

 

無差別  女子 50m 平泳ぎ
予選
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
8 松村もえ  仁川学院高校 高校 2 35.83        
8 松村もえ  仁川学院高校 高校 2 35.67        

 

〈第33回県冬季公式記録会〉

無差別  男子 100m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
5 大野佑太  仁川学院高校 高校 2 52.37        

 

無差別  男子 200m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
3 大野佑太  仁川学院高校 高校 2 1:52.99        

 

無差別  女子 50m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
13 内原心海  仁川学院高校 高校 2 28.30        

 

無差別  女子 100m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
24 松村もえ  仁川学院高校 高校 2 1:01.07        
34 内原心海  仁川学院高校 高校 2 1:01.84        

 

無差別  女子 200m 個人メドレー
タイム決勝
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
11 松村もえ  仁川学院高校 高校 2 2:27.84        

 

〈第43回県JOCジュニアオリンピックカップ春季〉

CS  男子 100m 自由形
予選
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
3 大野佑太  仁川学院高校 高校 2 52.25        
4 大野佑太  仁川学院高校 高校 2 51.75        

 

CS  男子 200m 自由形
予選
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
4 大野佑太  仁川学院高校 高校 2 1:52.51        
5 大野佑太  仁川学院高校 高校 2 1:52.68        

 

〈第2回県ジュニア短水路〉

無差別  男子 50m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
4 上村真哉  仁川学院高校 高校 1 28.93        
19 西川大遥  仁川学院高校 高校 1 31.31        
21 宮平拓夢  仁川学院中学 中学 1 31.32        
22 中嶋一貴  仁川学院中学 中学 1 31.46        

 

無差別  男子 100m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
3 上村真哉  仁川学院高校 高校 1 1:03.55        
26 宮平拓夢  仁川学院中学 中学 1 1:10.01        
31 西川大遥  仁川学院高校 高校 1 1:11.49        
34 中嶋一貴  仁川学院中学 中学 1 1:12.25        

 

無差別  女子 50m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
2 市川紗雪  仁川学院中学 中学 1 31.56        
5 榊原陽奈子  仁川学院高校 高校 1 32.02        
11 前田侑里香  仁川学院高校 高校 1 32.92        
23 秋山愛果  仁川学院高校 高校 1 34.28        
56 福岡穂香  仁川学院高校 高校 1 36.62        

 

無差別  女子 100m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
10 榊原陽奈子  仁川学院高校 高校 1 1:11.22        
14 前田侑里香  仁川学院高校 高校 1 1:13.04        
17 市川紗雪  仁川学院中学 中学 1 1:14.95        
22 秋山愛果  仁川学院高校 高校 1 1:17.36        

 

〈尼崎室内選手権水泳競技大会〉

中学の部  男子 50m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
23 中嶋一貴  仁川学院中学 中学 1 30.37        
25 宮平拓夢  仁川学院中学 中学 1 30.72        

 

高校の部  男子 50m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
1 大野佑太  仁川学院高校 高校 2 24.20        
29 上村真哉  仁川学院高校 高校 1 27.78        
                 

 

中学の部  男子 100m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
31 中嶋一貴  仁川学院中学 中学 1 1:10.89        
44 長谷川碧渚  仁川学院中学 中学 1 1:20.10        

 

中学の部  男子 50m 背泳ぎ
タイム決勝
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
6 長谷川碧渚  仁川学院中学 中学 1 44.51        

 

高校の部  男子 50m 背泳ぎ
タイム決勝
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
4 上村真哉  仁川学院高校 高校 1 33.70        

 

中学の部  男子 100m 平泳ぎ
タイム決勝
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
8 宮平拓夢  仁川学院中学 中学 1 1:23.70        

 

高校の部  男子 200m 個人メドレー
タイム決勝
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
2 大野佑太  仁川学院高校 高校 2 2:06.51        

 

中学の部  女子 50m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
24 市川紗雪  仁川学院中学 中学 1 31.86        

 

高校の部  女子 50m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
7 内原心海  仁川学院高校 高校 2 28.93        
15 前田侑里香  仁川学院高校 高校 1 32.32        
17 榊原陽奈子  仁川学院高校 高校 1 32.64        
22 秋山愛果  仁川学院高校 高校 1 34.05        

 

高校の部  女子 100m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
4 松村もえ  仁川学院高校 高校 2 1:00.66        
14 内原心海  仁川学院高校 高校 2 1:03.95        
25 前田侑里香  仁川学院高校 高校 1 1:12.27        
26 秋山愛果  仁川学院高校 高校 1 1:13.43        

 

中学の部  女子 50m 背泳ぎ
タイム決勝
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
6 市川紗雪  仁川学院中学 中学 1 41.24        

 

高校の部  女子 50m 背泳ぎ
タイム決勝
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
7 福岡穂香  仁川学院高校 高校 1 40.81        

 

高校の部  女子 50m バタフライ
タイム決勝
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
4 榊原陽奈子  仁川学院高校 高校 1 37.24        
5 福岡穂香  仁川学院高校 高校 1 38.42        

 

高校の部  女子 200m 個人メドレー
タイム決勝
順位 氏   名 所   属 学年 記  録        
3 松村もえ  仁川学院高校 高校 2 2:29.50        

 

高校の部  女子 400m フリーリレー
タイム決勝
順位 氏   名 チーム名 記  録      
5 1. 松村もえ
2. 内原心海
3. 前田侑里香
4. 榊原陽奈子
仁川学院高校 4:28.95      

 

高校の部  女子 200m メドレーリレー
タイム決勝
順位 氏   名 チーム名 記  録      
1 1. 松村もえ
2. 榊原陽奈子
3. 内原心海
4. 前田侑里香
仁川学院高校 2:19.63      
2021.03.18 卓球部
高校卓球部 令和2年度の活動報告

令和2年度は、新型コロナウィルスの感染拡大のため多くの大会が中止となり、3年生にとっては本当に不本意な1年となりました。それでも彼らは決して腐ることなく6月の部内引退試合まで一生懸命練習を重ね、高校生活最後の「公式戦」となる8月の市内大会、阪神地区総体代替大会では大いに頑張ってくれました。

★★★3年生の主な戦績★★★

西宮市内高等学校卓球大会(2020年8月1日)

【男子シングルス3年生の部】ベスト8 中川

【女子シングルス3年生の部】ベスト8 松下

              第3位  山本

              準優勝  篠原

【女子学校対抗】 準優勝

 

阪神地区高等学校総体代替大会(2020年8月7日)

【女子シングルス】第6位 山本 / 第7位 篠原

【女子学校対抗】 第3位

3月1日、3年生18名は1人の退部者もなく、この卓球部を巣立ってくれました。これからも良き「卓球仲間」でいてほしいと願っています。またいつでも仁川に卓球しに来てくださいね!

そして現チームは昨年8月より始動。丹波篠山で毎年行う夏季強化合宿を実施できず、チーム作りも手探りの状態でのスタートでしたが、2年生を中心に「熱い」チームが形成されてきました。

★★★現チームの主な戦績★★★

阪神地区新人卓球選手権大会(2020年8月20・21日)

【男子学校対抗(33校)】

1回戦 3-1  川西北陵

2回戦 0-3  報徳

【女子シングルス(109名)】

ベスト8  柴 / ベスト16  舌古

【女子学校対抗(19校)】

2回戦 3-0  尼崎小田

3回戦 3-0  宝塚北

準決勝 0-3  県西宮

3位決定戦 3-1  芦屋[県新人大会出場決定]

 

兵庫県新人大会阪神地区予選(2020年9月21・22日)

【男子学校対抗(32校)】

1回戦 3-0  県尼崎

2回戦 2-3  西宮東

【女子シングルス(143名)】

第9位 中西[県大会出場]/ 第14位 舌古[県大会出場]

第15位 柴 / 第22位 海井 / 第22位 玉置

【女子学校対抗(20校)】

準々決勝 0-3  西宮今津 [地区5位で県新人大会へ]

 

第62回兵庫県高等学校新人卓球大会(2020年11月13・14日)

【女子シングルス(83名)】

ベスト64   舌古 / ベスト32   中西

【女子学校対抗(53校)】

1回戦 2-3  龍野北

現在は3月下旬の阪神選手権卓球大会と兵庫県選手権(ジュニアの部)に向けて練習を重ねています。応援よろしくお願いいたします。

 

《2021年度にご入学されるみなさんへ》

ご入学おめでとうございます。私たち卓球部は、初心者・経験者を問わず、一緒に卓球を通して心技体を高め合える「仲間」を募集しています。正式な入部については4月下旬からとなりますが、中学時代に卓球部に所属し、入学後も卓球を続けたい方がいらっしゃいましたら、ぜひ早いうちに顧問の瀬崎(せざき)までご連絡ください(春休み中はお電話にて承ります)。競技経験のある方については4月に日本卓球協会への選手登録をし、5月からの公式戦に出場いただくことも可能です。部員一同、みなさんと体育館でお会いできることを楽しみにしています。

 

 

2020.12.29 水泳部
【水泳部】2020年のまとめ

いよいよ今年も最後の練習となりました。この1年間の水泳部の活動をご紹介します。

今年の春は、新型コロナウィルスによる臨時休校で春の合宿はもちろん、練習ができない日々が続きました。水泳部は自主トレーニングに加え、無料通信アプリ「Zoom」を使ってミーティングを行いました。

学校再開後もほとんどの大会や試合が中止、もしくは厳しい制約が設けられての開催となりました。高校3年生にとって最後の大舞台となる「兵庫県高等学校選手権水泳競技大会」も、今年は1ヶ月の延期と規模縮小の末、「高校3年生大会」として代替開催が決まりました。ところが、それも大雨警報による中止など天候トラブルが続き、最後まで開催が危ぶまれました。そんな中、後輩たちは応援に行けない代わりにメッセージビデオを作って応援。3年生たちは、その期待に応えるように上位入賞、自己ベストの更新を果たし、どんな逆境にも負けない立派な姿を見せてくれました。

 

夏に入ってもウィルスの影響はおさまらず、夏合宿も断念。授業時間確保のために夏休みも短くなりましたが、水泳部は新コーチを迎え、本格的に新チームでの活動を始めていきました。

 

夏の後半からは少しずつ大会も開催され始め、中学、高校の1年生たちにとっては遅いデビュー戦となりました。それぞれが明確な目標を持って取り組んだり、チームとしての結束も強まってきて、練習の雰囲気も段々と活気が出てきました。

冬休みは午前と午後の2部強化練習です。練習メニューの内容は目的に合わせて様々ですが、水泳だけでなくウェイトトレーニングや陸上トレーニング、合間にはリレーやサッカーなど、ハードながらも楽しみを入れて練習に励みました。

最後の練習は50m×108本!煩悩をかき消すハードメニューに全員が力を出し切り、大掃除をして怒涛の2020年を締めくくりました。

 

最後になりましたが、今年も一年間仁川学院水泳部を見守り、応援していただきましてありがとうございました。2021年は1月10日(日)、11日(月祝)の兵庫県短水路選手権水泳競技大会に出場予定です。今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。

 

       

2020.12.28 水泳部
【水泳部】試合結果報告(冬季高校対抗)

12月20日(日)、第13回兵庫県高校対抗冬季水泳競技大会が行われました。本校の水泳部は、例年であれば年間で約30の大会に参加していますが今年は新型コロナウィルスの影響で激減。今年の数少ない大会の中で、この「冬季高校対抗」が今年出場する最後の大会となりました。

試合に出場する生徒は大会会場の尼崎スポーツに行き、出場しない生徒は本校のプールで記録会を行いました。それぞれが1年間の成果を出せるように挑みました。

試合の結果は以下の通りです。学校の記録会の方でも自己ベストを更新する生徒が多く、2020年の一つの締め括りとして良い結果が残せました。本校での練習は28日まで(午前と午後の2部練習)続きます。

また、ここ数ヶ月の活動報告を別途ブログに掲載いたしますので、ご覧ください。

 

《戦績一覧》

 

男子 100m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名   学年 記  録        
5 大野佑太    高校 2 52.18        

 

男子 200m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名   学年 記  録        
4 大野佑太    高校 2 1:52.36        

 

女子 100m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名   学年 記  録        
19 内原心海    高校 2 1:02.70        

 

女子 200m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名   学年 記  録        
20 内原心海    高校 2 2:18.26        

 

女子 100m 個人メドレー
タイム決勝
順位 氏   名   学年 記  録        
5 松村もえ    高校 2 1:09.31        

 

女子 200m 個人メドレー
タイム決勝
順位 氏   名   学年 記  録        
9 松村もえ    高校 2 2:30.94        

 

女子 100m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名   学年 記  録        
61 榊原陽奈子    高校 1 1:12.04        

 

女子 200m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名   学年 記  録        
38 榊原陽奈子    高校 1 2:44.07        

 

男子 100m 自由形
タイム決勝
順位 氏   名   学年 記  録        
66 上村真哉    高校 1 1:03.36        

 

男子 100m 背泳ぎ
タイム決勝
順位 氏   名   学年 記  録        
38 上村真哉    高校 1 1:14.57        

 

 

2020.11.24 サッカー部
【サッカー部】新人戦 2回戦 試合結果報告

11月23日(月)、芦屋学園グラウンドにて阪神高校サッカー新人大会2回戦が行われました。対戦相手は西宮北高校でした。

前半の立ち上がりは攻められる展開が多く厳しい内容でしたが、相手との距離やマークのずれを修正し守備を全員で徹底することで、高い位置でプレーできるようになりました。

後半は仁川優勢で始まりました。決定機は何度かあったものの相手の守備に阻まれたりポストに弾かれたりと決めきれないシーンが続きました。そして遂に後半32分、相手のミスを見逃がさず、高い位置でボールを奪い沖仲くんが落ち着いてシュートを決め、これが決勝点となりました。残り時間が少ないことから相手の攻撃が激しさを増し、危ない場面もありましたが、この1点を守り抜き見事勝利を収めました。

新チームになって、サッカーノートや一人一役などのかつて行っていた取り組みを復活させ、部員一人ひとりが責任感や主体性をもって日々の練習や練習試合に臨んできた結果だと思います。次は11月28日(土)に関学と県大会出場をかけて対戦します。新型コロナウイルスの影響で無観客試合ではありますが、応援よろしくお願いします。

2020.10.06 サッカー部
【サッカー部】選手権大会 予選 第1回戦 試合結果報告

10月3日(土)、伊丹北高校グラウンドで兵庫県高等学校サッカー選手権大会の予選第1回戦が行われました。対戦相手は宝塚西高校です。前日はコーナーキックでのポジショニングやセットプレーでの競り合い、セカンドボールへの意識などを練習で確認しました。3年生の引退がかかった試合なので、全員が集中して取り組んでいました。また、10月3日は学院祭でした。部員たちは11時まで学院祭に参加し、友人たちの青春を謳歌する姿に「これは負けていられないな」と闘争心を燃やして試合に臨みました。

結果は0-3でした(前半2失点、後半1失点)。緊張のあまり、1つの凡ミスが大きく試合を左右し、なんとしてでも1点を取りにいこうとすることで、バランスを崩した結果でした。素直に相手校の強さを称賛したいと思います。

 

新チームの最初の大会は11月の新人戦です。新人戦で県大会に行くために、また来年こそはこの選手権大会の雪辱を果たすために、練習メニューに体幹トレーニングを追加したり、中高で一緒にランや基礎練習などを行うようにしたり、その他にも新しい試みを積極的に行っていきます。選手・マネージャー・顧問一丸となって精進してまいりますので、今後とも応援よろしくお願いします。

2020.10.01 サッカー部
【サッカー部】選手権大会に向けて

10月3日(土)県立伊丹北高校グラウンドにて、兵庫県高等学校サッカー選手権大会の1回戦が行われます。

宝塚西高校との試合です。高校3年生は最後の大会になるのですごく燃えています。リーグ戦や練習試合の中で見つかった課題を克服し、県大会へ勝ち進むべく日々の練習に励んでいます。

仁川学院サッカー部では「サッカーノート」を毎日書いて、その日の練習や試合で上手くいったことや改善点を可視化し分析しています。サッカーノートは問題点を分析して改善してきた証となり、また毎日書き続けたことは自信につながります。選手権大会の試合前にサッカーノートを見返すことで、部員たちは最高のモチベーションで試合に臨めると期待しています。

また、昼休みの時間には毎日筋トレルームで部員は体を鍛えています。ダンベルだけでなくパワーラックやスミスマシンなどの本格的なマシンも置いてあり、とても充実した設備の中で当たり負けしないフィジカルを育成しています。

マネージャーが2人加わり選手のサポートも手厚くなりました。練習の密度も濃くなり選手たちの実力向上につながっていることをみんなが実感しています。

10月3日はきっと素晴らしい試合になるでしょう。コロナ禍の中で無観客での開催ということですが、応援宜しくお願いいたします。

1 / 261234...最後 »