クラブ活動

卓球部

卓球部は「感謝・努力・信頼」をモットーとし、中高男女一緒に日々練習に励んでいます。その中で最も大切にしていることは「チームで強くなる」こと。技術や心構え、礼儀などを互いに教え合う中で、どの選手たちも皆、心身の「強い」卓球選手に育っていきます。ぜひ一緒に強くなりましょう!

NEWS
2018.05.15
高校卓球部 市民大会&阪神総体 結果報告

第71回西宮市民体育大会卓球競技 高等学校の部
【平成30年5月3日(木祝) 於:西宮市立中央体育館】

 

◆女子学校対抗(10校) 2回戦 仁川学院 0-3 鳴尾
◆男子学校対抗(12校) 1回戦 仁川学院 0-3 関西学院
◆男子シングルスA級(83名) ベスト16 中畑(3年)
◆女子シングルスA級(58名) ベスト16 笠島(2年)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。篠原(1年)
◆女子ダブルス(35組)    ベスト8 笠島・吉野(2年)組
◆男子シングルスB級(86名) ベスト4 打樋(3年)
。。。。。。。。。。。。。。。。ベスト8 大久保(1年)
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。中村(1年)

 

今年も男子学校対抗戦は、3年生6人で臨みました。勝利することはできませんでしたが、最後までチームのために戦い抜きました。

シングルスではB級を含めて、男女合わせて16名の新入部員(1年生)が公式戦デビューを果たしました。これが仁川学院高校卓球部での本格的な活動のスタートです。この16人全員で、2年後の県総体に出場したいですね。

 

 

平成30年度・兵庫県高等学校総合体育大会卓球競技阪神地区予選会
【平成30年5月12日(土)・13日(日) 於:兵庫県立総合体育館】

 

◆男子ダブルス(129組)
今北(3年)・尾木(2年)組  4回戦敗退

◆女子シングルス(204名)
篠原  予選トーナメント 6回戦敗退
※篠原は地区12位で6月の県総体に出場決定!

 

◆女子学校対抗(27校) 2回戦 仁川学院 2-3 尼崎双星
。。。。。。。。。。。。。敗者戦 仁川学院 2-3 川西緑台
。。。。。。。。。。。。。敗者戦 仁川学院 1ー3 園田学園

 

◆男子学校対抗(34校) 1回戦 仁川学院 3-0 西宮北
。。。。。。。。。。。。。2回戦 仁川学院 3-0 市尼崎
。。。。。。。。。。。。。3回戦 仁川学院 3ー2 県伊丹
。。。。。。。。。決勝T準々決勝 仁川学院 0ー3 報徳学園
※男子チームは地区7位で6月の県総体に出場決定!

 

新年度に入ってからたくさんの1年生がチームに加わり、一気に人数が倍増となりにぎやかになった卓球部。その1年生もすぐにチームに溶け込んで、また2年生も「先輩」としての自覚とプライドが芽生え(?)、そして3年生は最後の総体に向けて集中力を高め、高校部員総勢32名で総体阪神予選を迎えることとなりました。

 

女子は、まずは個人戦で期待の1年生・篠原が躍動!4回戦と5回戦をともに驚異の精神力でゲームカウント0ー2からの大逆転!見事6月の県総体出場を決めました。しかし団体戦では前々日の体育祭の影響からか選手達の動きは鈍く、3月の大会で勝利した相手に惜敗を重ねてしまい、県総体への出場を勝ち取ることはできませんでした。唯一の3年生・小田先輩を県総体へ!という目標を達成することはできず、敗退が決まった瞬間、チーム全員が涙、涙。。。練習試合では手応えを感じていただけに、悔いの残る結果となりました。

一方の男子は、個人戦では今北・尾木ペアがあと1ゲームというところで県総体出場を逃しましたが、団体戦では気持ちを切り替えて、チームを鼓舞してくれました!特に、県総体出場を決めたあとの3回戦・県伊丹との試合は大激戦を演じました。シード校のスーパーエースと対戦した平岡(3年)は、昨年の同大会でも大活躍した「エースキラー」。この対戦では得意の粘りを見せたものの1ー3で惜敗でしたが、このあとのダブルスでも同じ選手と対戦し、ここで見事リベンジ!結果3ー2と逆転でシード校を撃破することができました。

 


1年女子の篠原は県総体へ!/本校で5年間頑張った打樋も1勝を挙げました

 

女子団体も最後まで粘りを見せましたが…/男子団体は勢いがありました

 

本校卓球部は、平日は週2回しか卓球台を使った練習ができず、また学内予備校との両立に励む生徒が多いのですが、今年は17名もの1年生が入部してくれました。本校卓球部の「伝統」となっている、「中高男女一緒に練習し、互いに教え合い、高め合う」練習を通して、選手一人ひとりが自分の卓球のスタイルを確立し、「卓球が大好き」になってくれるよう指導しています。そして公式戦で「最後まであきらめない」「見ている人がワクワクする」NIGAWAの卓球というものをチーム全員で追求し、それを体現することができるようにと、指導しています。
今大会では女子チームは涙を呑みましたが、そのぶん男子チームが地区7位で県総体出場を決めてくれました。この日、1年でいちばん熱い試合を、応援を、TEAM NIGAWAで見せることができました。チームとして、一人一人が力を合わせてくれました。

 

これもひとえに、私たち卓球部の活動にご理解とご協力をいただいた選手の保護者の皆さま、選手の中学時代に卓球の奥深さや礼儀などをご指導いただいた顧問の先生方、技術指導をいただいたコーチの皆さま、そしてたくさんの練習試合や合同練習を組んでいただいた各校の顧問の先生方と選手の皆さんの支えがあったからこそだと、心からそう思います。この場を借りて、厚く御礼申し上げます。

 

さあ、このチームで戦う最後の大会、県総体まで、あと4週間。1年生も、県出場が叶わなかった女子選手も、引退間近の3年生も、全員で。最後にチーム全員でもう一花咲かせられるように、キャプテンの中畑を中心に、精進を重ねていきます。

2018.03.29
高校卓球部 阪神選手権 結果報告

高校卓球部 阪神選手権 結果報告

平成29年度 阪神地区高等学校卓球選手権大会

【平成30年3月26・27日(月・火) 於:西宮市立中央体育館】

 

女子学校対抗(23校)

1回戦 3-2 川西緑台
2回戦 0-3 芦屋学園
敗者戦 3-2 尼崎双星
→阪神総体(5月)のシードを権獲得!
IMG_0845 IMG_0846
女子2回戦のダブルス/男子1回戦と隣のコートで試合でした

 

男子学校対抗(31校)

1回戦 3-2 西宮東
2回戦 1-3 芦屋
敗者戦 0-3 市尼崎
→阪神総体(5月)のシード権獲得ならず。

IMG_0840 IMG_0841
男子1回戦のダブルス/中西先輩がベンチコーチに入りました

 

10月の新人阪神予選から約5か月、この大会で結果を出すために厳しい練習を重ね、たくさんの学校・チームの皆さんと練習試合を行い、様々なオープン大会にも出場して、チームの結束を固めてきました。

しかし・・・個人戦も含め、まだまだ実力が足りないという現実を突き付けられた2日間でした。とはいえ、どの試合も最後まであきらめずに粘り強く戦えたこと、とりわけ負けたゲームのほとんどが1-3または2-3というスコアであったことを前向きにとらえ、「どうすれば接戦をものにすることができるか」を5月の総体阪神予選までのテーマとして、最後の追い込みをかけていきたいと思います。

 

この大会が、今年度でご退職される小尾先生にとって最後の大会となりました。最後にベンチに入った女子団体戦では「小尾先生の有終の美を飾ろう!」と選手たちも奮起!見事に阪神総体のシード権を「置き土産」として残す結果となりました。小尾先生の新天地でのさらなるご活躍を、部員一同お祈りしています。

IMG_0853
最後は小尾先生と記念撮影

 

★新入生で卓球部への入部をお考えのみなさんへ★

ご入学おめでとうございます。私たち卓球部はみなさんの入部を心よりお待ちしています。体育館(アリーナ)で練習をしていますので、いつでも見学や仮入部に来てください。なお、4月16日(月)までに顧問まで入部の意志をお伝えいただければ、5月の大会(総体阪神予選)への出場が可能です(ただし中学での卓球経験者に限ります)。ぜひこの卓球部で、心身ともに強くなりましょう!

2018.01.26
卓球部 第1回「NIGAWA CUP」開催!

卓球部 第1回「NIGAWA CUP」開催!

第1回 NIGAWA CUP

【平成30年1月21日(日) 於:本校体育館】

 

高校卓球部は、選手の母校の中学校チームをお招きして自ら企画・運営する大会「NIGAWA CUP」を初めて開催しました。

この大会を開催しようと思ったきっかけは、毎年夏休みに参加させていただいている尼崎市高校オープン大会への出場。引退したばかりの3年生の皆さんが、マイクでのアナウンスや記録係など、大きな大会で立派にお仕事をされている姿を見て、顧問が「君達も大会運営、してみない?」と何気ない気持ちで言った言葉に、みんなが「じゃあ、やってみたいです!」となりました。

 

開催時期を考え、案内状を作って大会2か月前に部員がそれぞれの母校を訪ねて大会の趣旨を説明し、集まった参加申込書を見ながら全員でドローづくり・・・準備を万全にして迎えた大会当日。この日は本校中学校も合わせて7つの中学校より男女合わせて52チームに分かれ、3シングルスの団体戦(リーグ戦→トーナメント)を行いました。

 

IMG_0723 IMG_0727
開会式ではキャプテンからご挨拶/熱戦が繰り広げられました

 

 

IMG_0725 IMG_0726
記録にマッチメイク、アナウンスなど、積極的に動きます!

 

 

お越しいただいた中学校の先生方も、卒業生たちの成長した姿をご覧いただいて何やら感慨深げ。「今から帰宅前の解散をするので、最後に先輩として一言メッセージを後輩にもらえないかな?」とお願いに来られた先生も。そして多くの先生方からいただいた、「また来年もぜひ呼んでください」の言葉に、部員たちも満足そう。レギュラーの選手だけでなく、なかなか公式戦に出場できない選手のみなさんにもたくさん試合をしてほしい!という、仁川学院卓球部ならではの”心配り”を、中学生のみなさんにも感じ取ってもらえたなら・・・部員一同、心より願っています。

 

大会も終わり、部員たちも充実感があったのか、もっと卓球がしたかったのか、下校時間ギリギリまで全員で団体戦で盛り上がりました。貴重な体験ができた彼らの、今後の成長が楽しみです。

 

2018.01.11
卓球部 毎年恒例の「OB戦」を実施しました

卓球部 毎年恒例の「OB戦」を実施しました

12月29日(金)、毎年恒例のOB戦「第10回風斗杯」を実施しました。この風斗杯は、顧問の長男(9)が誕生した2008年にスタートし、大会名も彼の名前から取ったものです。スタートから10年、小学3年生となった彼自身も今や立派な卓球選手となり、今年初めてこのOB戦に参戦しました。

 

この日の参加者は、現役部員21名とOB・OGが14名。そこに現役選手の眞田先生にも参加していただいて計37名で行いました。公式戦ではないので、もっと和気あいあいとした雰囲気で試合をしてくれるのかと思いきや、みんな真剣勝負!?数多くの熱戦がで繰り広げられました。特に現役選手たちにとっては、偉大な先輩たちと初めて会うこともあり、緊張感しつつも卓球部の歴史を感じ取ってくれたのではないでしょうか。「先生、私たちも卒業したら必ずこの風斗杯に戻ってくるので、ずっと続けていてくださいね!」と言ってくれた中2の女子部員の言葉が印象的でした(差し入れのお菓子やみかんがたくさんあったからそう言ってくれたのかな?)。

そして7世代20名が集まったOB・OGたちは、久しぶりの仲間との再会を楽しみ、そして青春時代に情熱を注いできた卓球を楽しんでくれていました。顧問としてこの上なく嬉しいことですね。

 

さて試合の結果は、現キャプテンの中畑君を抑えて決勝に上がってきた是恒先輩と、現役の女子大学生選手で昨年県ベスト8に入った宮川先輩を破った山本先輩のサウスポー対決!昨年度まで大学の体育会で腕を磨いてきた山本先輩に、現在は卓球スクールのコーチとして毎日卓球を教えている是恒先輩が、貫禄の勝利!見事優勝を勝ち取りました。

IMG_0608 IMG_0613
「久しぶりやな」「先輩強いからなぁ」/壮絶ラリーに全員釘付け

 

大会のあとはビンゴ大会を行い、老いも若きも?一喜一憂。一足早いお年玉を先生からもらいました。そして最後は中畑君の「先輩たちの記録(県ベスト16)を超えることができるよう、来年も精一杯がんばります。応援よろしくお願いします!」との力強い挨拶で2017年を締めくくりました。2018年の彼らに、先輩たちも先生たちも期待しています!そして卒業したら、みんないつでもここに戻っておいでね!

 

 

 

2018.01.10
卓球部 合同練習会

卓球部 合同練習会

2017年最後の練習は、神戸市にある卓球チーム「小浜クラブ」のジュニアチーム「セントラルコハマ」のみなさんとの合同練習会を行いました。

 

小浜クラブは日本代表選手を5名輩出している神戸屈指の名門チームなのですが、本校卓球部とは浅からぬご縁があります。まず本校卓球部OGでもある顧問の小尾先生が中高6年間在籍して卓球の腕を磨いたクラブであり、また昨年3月の兵庫県団体選手権では小浜先生率いるチームと予選リーグで対戦させていただきました。その時から「合同練習をしていただけたら」との思いがあり、今回それが実現いたしました。

 

この日は9歳から18歳の男女13名が小浜先生とともに来てくださいました。午前中は先生に組んでいただいたメニューに全員で取り組みました。本校の部員たちも基礎から徹底して指導していただき、改めて卓球の難しさと奥深さを実感したようです。

IMG_0705 IMG_0703
小浜先生による多球練習でレベルアップ/今回最年少は小学3年生

 

午後からは団体戦。セントラルコハマは女子主体のチームとはいえ、この日来ていただいたうちの半数以上が全国大会を経験している選手たちとあって、本校の男子チームも苦戦の連続でした。

536131231.805530 IMG_0604
本校女子は小学生チームとの団体戦/最後は全員で記念写真

 

 

最後は小浜先生の「サーブ講習」で締めくくりました。先生は70歳を過ぎても全国大会で活躍している現役選手。先生からは「卓球をどんどん極めて、日々の勉強も同じように極めて、一人の人間として立派に成長してほしいと願っています。」とのお言葉をいただきました。卓球選手である前に、一流の人間たれ―――私たち仁川学院卓球部の部訓「感謝・努力・信頼」と通じるところがあります。この部訓も、実は現役時代の小尾先生が中心となって決めたもの。これからも小浜先生の言葉を胸に、私たちは研鑽を重ねていきたいと思います。セントラルコハマの皆さん、ありがとうございました!

1 / 71234...最後 »