クラブ活動

人と交わり、自分を磨く喜びを体験します

女子硬式テニス部 記事一覧

2016.08.22 女子硬式テニス部
女子硬式テニス部 練習試合報告

女子硬式テニス部 練習試合報告

8月18日、関西学院高校テニスコートにて練習試合を行いました。
今回は、高校生7名中学生4名の計11名が参加しました。

IMG_6396-1
高校生にとっては、今月24日に予定されている阪神大会団体戦に向けて、中学生は、力のある高校生と対戦することでよりレベルの高い、実践的な練習をすることができました。

IMG_6444

テニスの公式戦はオールシーズンあります。真夏の太陽が照りつける猛暑の中でも、最後まで集中力を切らすことなくしっかりと足を動かしラケットを振り抜ける体力と精神力が必要だと改めて感じることができた練習試合となりました。

関西学院高校テニス部のみなさん、顧問の先生方、ありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

2016.08.22 女子硬式テニス部
女子硬式テニス部 県新人テニス大会(個人戦)結果

女子硬式テニス部 県新人テニス大会(個人戦)結果

8月19日(金)、赤穂海浜公園テニスコートにて「第62回兵庫県高等学校新人テニス大会」(個人戦)が行われました。県内各地区の予選を勝ち抜いたシングルス96名、ダブルス48組が出場し、本校からは高2の岩村怜奈選手が出場しました。

image

シングルス
1回戦 岩村怜奈(仁川学院) 6ー4 井上桃李(武庫川女子大附)

image

1回戦は、予選ブロックを勝ち抜いた選手同士の試合でした。ブレイクに成功し2-0で迎えた第3ゲーム、ここでキープをして一気にゲーム差をつけたい気持ちから丁寧になり過ぎたのか、かえってスイングが小さくなってしまいゲームを落としてしまいます。中盤以降も、相手選手のつなぐテニスに攻めあぐねる場面もありましたが、クロスの打ち合いから先に仕掛ける展開にうまく持ち運ぶことができ、なんとかゲームをものにすることが出来ました。本人にとっても本戦で初めて1勝を上げることが出来た貴重なゲームとなりました。

シングルス
2回戦 岩村怜奈(仁川学院) 0ー6 氷室杏美(加古川北)

image
2回戦は、予選ブロック免除となった選手との試合でした。1回戦とはうって変わり、今度は先に仕掛けられることが多く、なかなか得意なショットを打たせてもらえない苦しい試合運びとなりました。力の差を見せつけられたゲームとなり、残念ながらストレートで負けを喫してしまいました。しかし、今回の敗戦は本人にとっても、これまでのように得意なショットでどんどん押していくテニスでは本戦を勝ち上がることは容易ではなないことを実感しました。いかに先手を取って、多彩なショットを繰り出し、相手を前後左右に揺さぶってから自分の必勝パターンに展開していく技術と戦略が必要であることを学びました。是非、今後の練習の中でそれらを体得していってほしいと願っています。

image

今大会では、選手の応援はもちろんのこと、本戦会場の雰囲気や本戦を勝ち上がった選手のプレー、男子の試合などを見て何かを感じ取ってほしいという顧問らの思いもあり、本戦に出場できなかった生徒にも朝早くから遠路はるばる赤穂まで駆けつけてもらいました。次の個人戦では一人でも多くの生徒が本戦に出場できるよう、日々の練習を信じ技術と精神をより磨き、成長していってくれることでしょう。

2016.08.02 女子硬式テニス部
女子硬式テニス部 近畿カトリック学校女子テニス大会

女子硬式テニス部 近畿カトリック学校女子テニス大会

8/1(月)ミズノテニスプラザ舞洲にて「第51回近畿カトリック学校女子競技大会テニス競技」が行われました。高校生9人に、今年は中学生も2名参加しました。昨年度は惜しくも準優勝という結果だっただけに、今年本校がめざすのはもちろん優勝です。

 

カトリック校の集まる大会ということで今日一日、ケガなく全力でプレーができますよう選手全員で「主の祈り」を唱えました。

 

写真 2016-08-01 9 34 23

 

予選リーグ第1試合
仁川学院2-1神戸海星女子学院
D 福原・藤村 3-6
S1 岩村 6-0
S2 西 6-1

 

この試合の結果如何によって、残りの予選リーグの戦い方が大きく左右するだけに、層の厚い相手チームに対し全力で勝ちに行くオーダーで挑みました。ダブルスこそ落としはしたものの、本校のNo1とNo2選手がシングルスで練習どおりの成果をあげることができました。

 

写真 2016-08-01 10 36 24

 

予選リーグ第2試合
仁川学院3-0賢明学院
D 福原・藤村 6-0
S1 岩村 6-4
S2 込山 6-2

 

決勝トーナメントで有利な位置をとるためにも予選1位で通過しなければならないプレッシャーの中、DとS1共に2年生が意地を見せました。S2も硬式テニス初心者の1年生が先日の私学大会につづき勝利することができました。

 

写真 2016-08-01 13 57 30

 

予選リーグ第3試合
仁川学院3-0城星学園
D 増田・片山 7-5
S1 福原 6-2
S2 西 6-0
ダブルスで出場した中学生ペア。4-5に追い込まれた時は万事休すかと思いましたが、ストロークが安定していたこともありダブル後衛の奇策が見事に的中。一気に形勢逆転、勝利を収めることができました。中学生が高校生相手に勝利できことでチームのムードも高まった状態で決勝トーナメントへ進むことができました。

 

写真 2016-08-01 16 01 44

 

準決勝
仁川学院2-1聖母被昇天学院
D 福原・藤村 2-6
S1 岩村 6-1
S2 西 7-6(7ー3)

 

1-1で回ってきたS2では、コースを突いたショットが幾度となく相手に返球されてしまう場面があり、タイブレークまでもつれ込む大接戦に。大きなプレッシャーの中、最後は1年生ルーキーの勝利への執着心が勝ったのでしょうか、何とか苦しみながらも決勝戦への切符を手に入れることができました。

 

写真 2016-08-01 17 25 31

 

決勝
仁川学院2-1賢明女子学院
D 福原・藤村 3-6
S1 岩村 6-2
S2 西 6-3
昨年度、決勝で敗れた相手なだけに試合前の円陣コールにも熱が入ります。選手達にも連戦の疲れが見え始めましたが、脚を動かすこととラケットをしっかり振っていくことを意識しました。S1では気迫で勝る相手につい萎縮してしまいそうにもなりましたが、ここぞという場面で信頼できるのが2年生エース。ポイント1-1で勝負の鍵が1年生ルーキーに託されました。ゲーム序盤、こそ連戦の疲れが脚に現れたものの、相手の球がセンターに集まりがちだったこともあって3-3からブレイクに成功、その後一気に2ゲームを奪って見事優勝を手中に収めることができました。

 

写真 2016-08-01 18 58 08

 

新チームになって2回目となる団体戦でしたが、部員一人ひとりが選手、ベンチコーチ、ボールパーソン、SCU、そして応援とそれぞれの役割を果たしてくれました。今回、特に印象に残ったのが大接戦を制した試合直後に中学生ペアが呟いた「これで先輩達に少しでも休んでもらえたかな?」という一言でした。チームのために自分達は何ができるのか、一人ひとりが考えながら行動できつつあり、新チームを自分達の色に染めながら1つ大きく成長できた大会になったようです。

 

写真 2016-08-01 19 01 48

 

最後に、毎年この大会を中心になって運営していただいている賢明学院の大前先生、本当にお世話になりました。ありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。

 

2016.07.18 女子硬式テニス部
女子硬式テニス部(高校)私学女子テニス大会

女子硬式テニス部(高校)私学女子テニス大会

7月16日(土)甲南女子高等学校において平成28年度兵庫県私学女子テニス大会が行われました。

 

兵庫県の私学11校(園田、夙川、啓明、雲雀丘、関学、須磨学園、甲南女子、神戸野田、芦屋学園、須磨ノ浦、仁川学院)が集まり、単1・複2の団体戦トーナメント形式による交流戦でした。

 

dsc01563jpg_28310289346_o dsc01573jpg_28062072480_o

 

1R
仁川学院2ー1神戸野田
S1 込山    7−5
D1 岩村・西  6−4
D2 福原・藤村 4−6

過去に幾度となく対戦していることもあり、お互いに手の内を知り尽くした対戦となりました。ポイント1勝1敗で回ってきたシングルスでは、硬式テニス未経験の一年生が相手校の上級生から見事勝利をもぎ取り初戦を突破することができました。

 

 

2R
仁川学院0ー3雲雀丘学園
S1 岩村    1−6
D1 西・込山  0−6
D2 福原・藤村 3−6

名実ともに軍配があがる相手に対し、挑戦者として臨みました。相手校がNO.1選手をシングルスで当ててくることを想定し、来月の新人戦へ向けた経験を積むべく、こちらも2年生エースをシングルスへ回しました。結果0-3で敗退はしてしまいましたが、実力で一回り上回る対戦相手を前に選手達は全力を出し切り、試合後の表情は清々しいものがありました。

 

dsc01567jpg_27728226663_o dsc01571jpg_28062059030_o

 

順位決定戦(本選2R敗者)
仁川学院2ー1関西学院
S1 吉田    1−6
D1 岩村・西  7−6(7−5)
D2 福原・藤村 6−3

順位決定戦(本選2R敗者)の初戦は関西学院との対戦で、今回はNo.1、No.2選手をダブルスに回すオーダーで勝負に挑みました。タイブレークまでもつれ込むまさに死闘で実力はほぼ互角の試合でしたが、選手の勝ちたいという気迫がわずかながら上回っていたのか接戦を制することができ、ここ一番の局面で確実にポイントをしなければならない一球の大切さを感じることができた大変意義のある試合となりました。

 

dsc01572jpg_28240592962_o dsc01574jpg_28240601042_o

 

5位、6位決定戦
仁川学院2ー1夙川学院
S1 岩村    6−3
D1 込山・西  6−7
D2 福原・藤村 6−3

5位、6位決定戦ではインターハイ常連校でもある強豪・夙川学院。まさに相手にとって不足はない対戦でした。そんな中、試合を重ねるごとに調子を上げていったダブルス2年生ペアが今日一番の意地を見せ見事勝利を手繰り寄せ、1勝1敗で回ってきたシングルスに勝敗がかかってくる展開となりました。これまで3試合の接戦を競り合ってきたこともあり、ラケットを握る力も次第に弱くなっていく2年生エースではありましたが、最後はチームの柱としてのプライドを見せ、残りの力を振り絞りプレッシャーをはねのけて勝利することができました。

 

 

全ての試合を終え、結果11校中5位とシード4校に次ぐ順位をおさめることができました。3年生が引退し、新チームを結成してから初となる団体戦でしたが、チームが一丸となって接戦となったゲームを全てを制することができ選手にとってこれからの大きな自信へと繋がりました。来週からは夏休みに入ります。8月には近畿カトリック大会、そして県新人戦と試合が続きますが、暑さに負けることなく精一杯頑張りたいと思います。

 

 

最後に、今回試合会場を提供してくださった甲南女子の顧問の先生・選手の皆様、そして試合運営に携わってくださった各校の顧問の先生方にこの場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

 

 

また来年もよろしくお願い致します。

2016.06.20 女子硬式テニス部
女子硬式テニス部 練習試合(神戸野田高校)報告

女子硬式テニス部 練習試合(神戸野田高校)報告

6月18日(土)、神戸野田高校テニスコートにて練習試合を行いました。

 

今回は、高校生9名・中学生6名の計15名で参加しました。新チームになって初となる練習試合でしたが、テニスは返ってきた球をただ返すといった単純なスポーツではなく、ゲームの状況、ポイントの状況に応じてペアと協力しあって最適な戦略を考えながらショットを繰り出す必要のある難しい競技であることを改めて勉強させていただきました。

 

 

dsc01557jpg_27132537133_o  dsc01561jpg_27709532396_o

 

 

半日ではありましたが、高校生は8月の新人戦に向けて、中学生は7月の総体に向けて、主にダブルス形式を中心に、ゲームの組み立て方やペアとの連携を確認するなど有意義な練習となりました。

 

 

この日は気温が30度近くまで上がり日差しもきつかったのですが、生徒たちはそんな状況をものともせず持ち前のガッツとパワーでとても充実した活動ができたと思います。

 

 

dsc01560jpg_27132555823_o  dsc01562jpg_27743424725_o

 

 

神戸野田高校女子テニス部のみなさん、顧問の先生方、お世話になりありがとうございました。

2016.05.22 女子硬式テニス部
女子硬式テニス部 3年生引退式

女子硬式テニス部 3年生引退式

今日5月21日(土)、女子硬式テニス部の3年生にとって現役最後の練習日となりました。

 

午前中は、通常どおりの練習メニューを行いました。練習の最後には、今日で引退する3年生が、後輩一人ひとりと「最後のラリー」をしました。

 

DSC01479    DSC01481

 

そして、練習の最後にはコートで円陣を組み、先輩から後輩へ女子硬式テニス部の伝統的スローガン「百戦錬磨」の精神が継承されました。

 

DSC01484

 

午後からは、教室に場所を変えて「引退式」を行いました。中学1年生から順番に高3生に対して今までお世話になった感謝の気持ちを込めてそれぞれメッセージを伝えました。そして、それを受けた高3生が後輩たちに新チームに向けた激励の言葉をかけてくれました。

 

DSC01499

 

3年生のクラブに対する熱くひたむきな思いに後輩も、顧問も心揺さぶられるものがありました。時には挫折を味わいテニスを辞めようと思った生徒も少なくなかったようですが、それでも最後まであきらめずに仲間たちと励まし合いながら今日のこの日を迎えることが出来て本当によかったと皆一同に口をそろえて誇らしげに語る姿が印象的でした。

 

DSC01504

 

これから3年生は、それぞれの進路目標に向かって志望校に合格できるよう受験勉強の日々が続くことになりますが、きっとこの部活動で身につけたものを生かして頑張ってくれることと思います。

 

 

2016.04.25 女子硬式テニス部
女子硬式テニス部(高校) 総体団体戦予選

女子硬式テニス部(高校) 総体団体戦予選

4月23日(土)、日ノ本学園高等学校にて兵庫県総合体育大会団体戦予選が行われました。本校はシードのため、1Rの勝者との対戦でした。

 

2R
仁川学院3ー0神戸野田
D  宮崎・包 6−1
S1 朝隈   6−3
S2 岩村   6−2
初戦は絶対に落とせないというプレッシャーの中、ダブルスではリターン1本目からパスショットが決まりスタートから勢いに乗れたゲームとなりました。シングルスも、ゲーム序盤こそかたいプレーがみられたものの、後半から終盤にかけては一転してフットワークも軽くなり一気にセットポイントを獲ることができました。

 

3R
仁川学院2−1洲本
D  宮崎・包 3−6
S1 朝隈   6−1
S2 岩村   6−1
洲本はNo.1選手がダブルスに回り、ダブルスに勝負を挑むオーダーとなりました。初戦の勢いに乗ってダブルスでは一気に攻勢をかけるかとも思われたのですが、初戦を振り返っての「微調整」がゲームにおいてはやや裏目に出てしまったのか、本来の持ち味を生かしきることができないゲーム内容となってしまいました。しかし、自分たちで分析し、自分たちで考え、実行した上でのことですのできっと次の試合に生かしてくれることでしょう。シングルスに関しては、キャプテンと2年生エースが初戦の勢いのままに、いつも通りの戦い方でゲームを進めることができました。

 

4R
仁川学院0ー3芦屋学園
D  宮崎・中野 0−6
S1 朝隈    1−6
S2 包     0−6
そして、ついに第3シードの強豪校・芦屋学園との試合です。4Rはオール3年生のオーダーで挑みました。ダブルスでは相手選手の体格もこちらより一回り大きく、スピードもパワーも超高校級ではありましたが、本校の選手も小柄な身体を活かしながら球足の速いボールにも必死に食らいついていくバックハンドショットには心動かすものを感じました。シングルスでは、スコアこそワンサイドの展開ではありましたが、全力を尽くして戦ってくれました。残念ながら芦屋学園の前に力及ばずの結果となってしまいはしましたが、試合後選手の表情からは全力を出し切った清々しさをうかがうことができ、私たちのチームにとって強豪校との対戦はまた一歩チームを大きく成長させてくれた貴重な試合となったことは間違いありません。

 

これで3年生にとって今回の試合は高校生活3年間で最後の団体戦となってしまいましたが、3年生はプレーにおいて、2年生も審判、ボーラーとして自分たちの役割を最後まで責任を持って果たしましたし、中学生もはるか遠く西宮から先輩の応援にかけつけてくれてチームのムードを盛り立ててくれました。明るく素直で誠実かつ真摯にテニスに向き合えるところが仁川学院の伝統として誇るべき点です。

さて、5月には個人戦も控えています。それぞれの個々人が残された時間を大切にしながら日々の練習に取り組んでいきたいと思います。

 

IMG_0622-1 IMG_0628-1 IMG_0634-1 IMG_0636-1 IMG_0645-1

2016.03.31 女子硬式テニス部
女子硬式テニス部 練習試合の報告

女子硬式テニス部 練習試合の報告

3月26日、神戸野田高校テニスコートにて練習試合を行いました。

今回は高校生6名、中学生2名が参加しました。

間近に迫っている東阪神リーグ、来月から開催される高校総体予選に向けて、それぞれが高い意識を持ち練習することができました。

中学生にとっても高校生と対戦させていただき、とても良い経験をすることができました。

半日ではありましたが、充実した活動ができたと思います。

神戸野田高校女子テニス部のみなさん、顧問の先生方、お世話になりありがとうございました。

また、よろしくお願い致します。

 

IMG_0565 IMG_0561

 

IMG_0558

 

 

 

 

2016.01.05 女子硬式テニス部
女子硬式テニス部 新年スタート

女子硬式テニス部 新年スタート

新年がスタートしました!

女子テニス部は、毎年広田神社の参拝で1年が始まります。

本校のテニスコートから約3.6㎞の道のりを部員全員でジョギングをして目指します。

先頭と最後尾を走るのは最上級生の高校2年生。

下級生のことを考えながら上手くペース配分をしたり、時には声を掛けながらゴールまで列を乱すことなく全員が揃って到着することができました。

チームとして1つのことを成し遂げた達成感を味わいながら、拝礼をした後、おみくじを引きました。

この時の何とも言えないみんなの良い表情がとても印象的でした。(今年は「半吉」でした。)

その後、コートへ戻り初打ちをして汗を流し、昼食は部員全員で作った鍋を囲み和やかな雰囲気の中で『今年の抱負』を発表し合い初日を終えました。

今年も感謝の気持ちを忘れず、しっかりと身も心も引き締めて新しい1年を過ごしたいと思いました。

 

新年

2 / 81234...最後 »