仁川学院中学・
高等学校

記事一覧

2018.07.28
2018 オーストラリア研修 第5日目の様子

7月28日(土)、研修5日目の様子をお伝えします。

本日はモートン島でのアクティビティを一日中満喫しました。午前中のアクティビティは、大型の4WDに乗り、素晴らしい景観の砂丘タンガルーマデザートへでかけるツアーでした。道中は砂の上を走るため上下左右に身体が激しくゆさぶられ、生徒は歓声をあげ興奮している様子でした。砂丘では高さ50メートルからの砂すべりに挑戦しました。各自がボードを持ち砂丘の頂上へ自力で登り、一人ずつ滑りました。滑る姿勢の維持が難しく、途中でバランスを崩し転倒したり、口を開けて叫び口中が砂まみれになったりと、多数の生徒が苦労していました。回数を重ねるごとにコツをつかみ、ダイナミックな滑りを見せてくれる生徒もいました。

昼食を手早く済ませ、午後からは二手に分かれて、難破船クルーズと難破船シュノーケリングに参加しました。シュノーケリング組は現地のインストラクターの指導のもと、10人のグループに分かれ、ボートに乗り込みました。水は冷たかったですが全員が水中に入り約1時間のシュノーケリングを楽しみました。早めに切り上げる生徒もいましたが、様々な魚やサンゴが身近で見られ、日本ではなかなか味わえない海の生物との触れ合いに感動していたようです。

難破船クルーズ組は、約2時間ボートに乗りガイドさんからモートン島にまつわるお話を聞きながら、ボートから見える魚やウミガメとの出会いを満喫したようでした。

その後夕食までの間、ビーチバレーや卓球、海での遊泳を各自楽しみ、5時に早めの夕食をとりました。6時からはこの島の目玉である野生イルカの餌付け体験でした。一人一人がガイドの誘導のもと海へ入り、足元までやってきたイルカに直接エサを与えました。イルカの愛らしい姿に心が癒されたようでした。

明日はモートン島を去り、Toowoombaへ向かいホームステイファミリーとの対面です。

2018.07.27
2018 オーストラリア研修 第4日目の様子

7月27日(金)、オーストラリア研修 第4日目の様子をお伝えいたします。

生徒たちは、2泊3日のファームステイを終えて、今日の14時半、全員、大きなトラブルや怪我もなく、元気な姿で集合場所に集まってくれました。

生徒たちは「帰りたくない」「もっといたい」「とても楽しかった」などの感想がたくさん聞かれ、ホストファミリーの方々からも、「Very good students」と、お褒めの言葉をたくさんいただきました。

ファームでは、お手伝いをしたり、ショッピングに連れて行ってもらったり、夜に焚き火を囲んでのダンスを楽しんだり、野外でBBQをしたりと、それぞれのファミリー毎の体験を存分に味わったようです。

集合場所からバスで出発する前には、生徒たちが別れを惜しんでホストファミリーの方々と抱き合ったり、涙する姿が印象的でした。ホストファミリーの方と、連絡先の交換をした生徒も多く、これからも末永く交流が続くと嬉しいです。

 

ファームステイ先のボーデザートの町を後にして、本日の宿泊先に向かうため、一路、ブリスベン港へバスで向かいました。

そこから、いよいよフェリーに乗り、リゾートアイランドであるモートン島への移動です。

モートン島まではフェリーでおよそ80分程度。モートン島の船着き場は、美しい砂浜の中にありました。

それもそのはず、、、、モートン島は「世界で三番目に大きな砂の島」なのです。私たちが到着した時、砂浜では観光客の方々がイルカの餌付け体験をされている最中でした。

ホテルに着いてからは、すぐにビュッフェ形式で夕食をいただきました。

 

明日は、6時15分起床で、たくさんのアクティビティがあります。

午前中は、デザートサファリでの体験、昼からはシュノーケリングとクルージングに分かれてのマリン体験、そして夜には待ちに待ったイルカの餌付けをします。

明日のモートン島でのアクティビティ体験のブログもどうぞお楽しみに。

2018.07.26
2018 オーストラリア研修 第3日目の様子

7月26日、今日はファームステイ2日目です。天気は快晴です。

生徒たちは各家庭にて朝を迎えました。昨日の移動の疲れからか寝過した生徒もいれば、早起きして牛の餌やりなどのお手伝いをした生徒もいたようです。

ホストファミリーの話によれば、昨夜はみんなで御馳走を囲んで、英語でのやり取りを楽しんだようです。

緊張であまり話せない生徒もいたようですが、ホストファミリーからの問いかけには、恥じらいを見せながらも自分の言葉で返答もできていたようでした。

ファームステイ先では、ニワトリ、ブタ、羊、牛などの動物が飼育されており、それらの動物と触れ合うことでその家庭に馴染んでいく様子もうかがえました。

野生のワラビーやカンガルーなどが敷地内のいたるところにやって来て、家の中の様子をうかがっているようでした。

午後からは、窯で手づくりピザを焼いて食べ、家庭にあるプールに入ったり、手作りお菓子を振舞っていただいたり、山へ散策に出かけたりして、生徒達は各家庭ごとの特色あるアクティビティを満喫したようです。

ホストファミリーによる生徒達の第一印象は、“みんな穏やかでいい子だ”ということです。

夜は、キャンプファイヤーで暖を取りながら、マシュマロを焼いて食べ、”Bush Dance” と呼ばれる伝統的なダンスを踊ってた家庭もありました。

明日はファームステイを終了し、モートン島に向けて出発します。

 

2018.07.25
2018 オーストラリア研修 第1・2日目の様子

2018年7月24日より、中学生、高校生の有志44名が、11日間のオーストラリア研修に参加しています。

本日より最終日の8月3日まで、研修中の様子をお伝えします。

 

7月24日、全員遅れることなく、15時に関西国際空港の集合場所に集いました。お見送りの保護者の方々もたくさんお越しくださりありがとうございました。

集合場所の北広場にて結団式を行なった後、出国の手続きを済ませ、中継地のバンコクを経由してブリスベンに向けて出発しました。

 

ブリスベンに到着後は、ブリスベン空港内で自分たちで注文して昼食を済ませ、約1時間程度ブリスベンから西の内陸部へバスで移動。

いよいよファームステイのホストファミリーとの出会いの時間がやって来ました。

生徒たちは皆、これからのファームステイへの期待と不安で胸が一杯になりながらも、笑顔で各家庭へと向かいました。

ファームステイは、7月25日から2泊3日で、各家庭に4人ずつで行います。

明日は1日、ファームステイにて、ホストファミリーとの時間を過ごします。

生徒たちが自分たちから一所懸命に意思疎通を図り、一生の思い出に残る素敵な時間を過ごしてくれることを願っています。

明日も夜にブログをアップする予定ですので、どうぞお楽しみに。

2 / 212