国際交流

記事一覧

2016.11.29 沖縄研修旅行
【高校2年】沖縄研修旅行前団 3日目

いよいよ今日は那覇へ向かいます。後団の離島研修出発を見送り、私たちは一路、石垣空港へ。今日の青空のきれいなこと!青い空、青い海…南国イメージがやっとリアルに目の前に広がっています。

34 29

天候は、申し分なかったのですが、JTA608便機材遅延のため、1班が離陸したのは予定より1時間あとのことでした。先に那覇に到着した2班の3、4組はタクシー研修へ。沖縄ワールド、国際通り、琉球ガラス村、…それぞれの場所で1班とも合流し、写真を撮ったり、アイスクリームを食べたりしました。明日には会える家族に何を選ぼうか、先輩後輩の顔を思いながらどうしようどうしよう、と、土産を選ぶ表情は真剣そのものです。
那覇市は石垣島と全く違う大都会。車の渋滞、コンビニ、高いビル…むしろ普段の生活に近い空気に生徒たちは、帰阪する心の準備ができたのかもしれません。

IMG_3372 (1) 30

1組 中道 章弘君

「琉球ガラス村ではオリジナルのグラス作り体験をしました。『型吹き』とガラスの口の形を整える作業をしました。どちらも簡単な作業だったので初めてでも短時間で気軽に作ることができ、琉球の文化に触れることができました。2日後に届く完成したグラスを見るのが楽しみです。」

31 IMG_3373 (1)

2組 阪上 頼樹君

「石垣島から那覇に行ってみると全く違う景色で、同じ沖縄県だとは思えませんでした。タクシーの車窓から外を見ると、ヤシの木が延々と続いていて素晴らしい光景でした。気温は24度ありましたが風が心地よく僕たちの住んでいる地域の気候とは全然違いました。研修ではそれぞれが分かれて行きたいところに行きました。国際通りや嘉手納基地など数々の沖縄の観光地を半日で回るのは時間が足りませんでしたが、国際通りは沖縄の中心地と言うことだけあって、華やかで、友達と楽しく過ごすことができました。明日はラスト1日です!沖縄に来た本当の意味をじっくり考えて行動していきます。」

平和学習講話(沖縄都ホテル 18:00〜)

那覇市在住の大西正子さんの体験談を聞く機会をいただきました。86歳の大西さんにとって、決して思い出したくはない戦時中の辛い経験を、涙を拭きながら話をしてくださいました。追い詰められた沖縄の人たちが青酸カリや手榴弾で自らの命を断つ光景。爆弾が破裂をして目の前で亡くなっていく身内の人たち。1時間の講話は胸に迫ってくるものがあり生徒たちも唾を飲み込み、目頭を押さえて聞いていました。大西さんが最後に「私にとって戦争はまだ終わっていない。私が死んで初めてそう思えるのじゃないかとさえ思う。通っていた首里高校のグランドには沢山の不発弾が埋まっていると知ったとき、その高校に通っていたことを思うとたまらない気持ちになる。不発弾処理は100年たたないと終わらないと言われている。戦後70年が過ぎたと言われるけれど、私たちにとって、沖縄の戦争はまだ続いているのです。」

1組 辻井 あゆみさん

「今日はタクシー研修の後、実際に戦争を体験した大西さんから貴重な話を聞くことができました。無差別攻撃で目の前で身内の方を亡くしたり.食料不足で栄養失調になったり、今でも消えない身体の傷痕を私たちに見せてくれました。大西さんは戦争は体だけでなく心も傷つけます。このような悲劇は二度と繰り返してはいけないとおっしゃいました。その言葉が胸に痛いほど刻まれました。」

32 33

明日は6時に起床して、ひめゆりの塔とガマに入壕します。出発前にみんなで折った千羽鶴には一枚一枚祈りのメッセージを書きました。今日の講話を思い出しながら「ひめゆりたちへの鎮魂の旅」いよいよ最終日を迎えます。

2016.11.29 沖縄研修旅行
【高校2年】沖縄研修旅行後団 1日目

 11月28日(月)、前団に続き、後団(5組~10組)が沖縄研修旅行に出発しました。まだ真っ暗なうちから家を出て、8時30分、関西国際空港に集合。後団の団長、坂根先生と研修旅行委員長、麦踏さん(10組)からそれぞれ挨拶がありました。その後、近畿日本ツーリストの添乗員さんから説明があり、搭乗券を受け取りました。見送りに来て下さったご家族とはしばらくのお別れ。これから始まる楽しく思い出深い研修旅行。期待に胸を膨らませながら、彼らの乗った飛行機は、一路、沖縄の石垣空港へ向けて飛び立ちました。

DSC03981 DSC03984

IMG_5172 DSC03990

 石垣空港に到着。「何かが違う」と思いました。そう、気候が違います。関西ではそろそろ冬支度なのに、こちらはそれほど寒くありません。

CIMG4547 DSC03997

IMG_5177 IMG_5214

 バスに乗って、そのまま「やいま村」へ。ここは沖縄の伝統的な古民家を移築して作られたテーマパークのような場所です。まずここでお楽しみの昼食です。

 沖縄での初めての食事。みんなドキドキ、わくわく。メニューは、「八重山そば」、「もずく」、「にんじんシリシリ」、「ジューシー」。そして、なんと豚の耳「ミミガー」!初めて食べる人が多く、びっくりしましたが、コリコリとしてなかなか美味しかったです。このように、食文化の違いを味わえるのも旅の醍醐味ですね。夕食も楽しみです。

DSC04011 DSC04027

IMG_5181   IMG_5190

 続いては、川平湾でグラスボートに乗りました。舟の底がガラス張りになっていて、海の底がよく見えます。色々な見たこともない魚が泳ぎ、サンゴがとても綺麗でした。ここのサンゴは紅色ではなく青色。まさに「青い珊瑚礁」!

CIMG4584 CIMG4585

DSC04077 DSC04074

 川平湾からはバンナ展望台に移動。ここからは石垣島の絶景が一望できます。私たちが今日から2泊する「石垣リゾートグランヴィリオホテル」が見えました!

DSC04091 CIMG4613

 石垣リゾートグランヴィリオホテルに到着しました。すばらしく綺麗で立派なホテルです。玄関を入ってロビーの正面には、美しい海が見えました。こんなホテルで宿泊出来るなんて本当に幸せです。

 夕食は「ブュッフェスタイル」。好きなものが好きなだけ食べることができます。沖縄ならではのゴーヤチャンプルーやシークワーサージュースは最高でした。あまりにも美味しすぎて、ついつい食べ過ぎてしまいました。

IMG_5215 DSC04101

5組 井上房子さん・渕上彩音さん

 「後団の初日は、昨日までの雨も上がってくれて、とても楽しい1日となりました。飛行機から見る石垣島はとても神秘的で、その景色から目が離せませんでした。石垣空港から外に出ると、非常に風が強くて、少し寒かったです。やいま村では、やいまそばやにんじんしりしり、ミミガーなどをいただき、初めての味に驚きました。グラスボートでは、船に乗りながらサンゴ礁や海に泳いでいる魚を直接見ることができ、とてもきれいでした。バンナ展望台では、石垣島の都市部や周りの島々を見渡すことができました。明日の離島研修が今から楽しみです。明日、晴れますように。」

 

 

2016.11.29 沖縄研修旅行
【高校2年】沖縄研修旅行後団 2日目

昨日の祈りが届いたのでしょうか。本日の天候は晴天。最高の離島研修日和となりました。今日は、西表島カヌーコース、小浜島・竹富島サイクリングコース、西表島クルーズ・由布島コースの中から、自分が選択したコースで離島研修を行います。それぞれの体験について、代表者に感想を書いていただきました。

 

(離島研修A) 西表島カヌー

10組 東井 優果さん 麦踏 有希さん

 今日は天気に恵まれ、カヌー日和になりました。最初は、カヌーにうまく乗ることができるか不安でした。ペアと息が合わず、オールがぶつかってしまったり、水をかけたり、かけられたりしましたが、必死に漕いでいるうちにだんだんうまく乗りこなすことができました。また、カヌー体験の後、遊覧船に乗りました。そこでは400年近い木を見て、それらの種類や何に利用していたかの説明を聞くことができ、自然のありがたさや偉大さを、身をもって体験することができました。

IMG_5288 IMG_5283

(離島研修B) 小浜島・竹富島サイクリング

7組 山田 龍君 粉谷 綾菜さん

 私たちは小浜島観光と、竹富島のサイクリングをしました。天気にも恵まれ、沖縄の風を感じながら、大自然を満喫できる最高のサイクリング日和となりました。小浜島では、バスの運転手の方に丁寧に説明して頂き、小浜島での生活を知ることで、自然の偉大さを感じることができました。また、サイクリングではカイジ浜で星の砂を探したり、島の名物であるサトウキビを使った黒糖ソフトクリームを食べたりなど、とても充実した1日を過ごすことができました。

CIMG4647 DSC04132

CIMG4676 CIMG4668

(離島研修C) 西表島クルーズ・由布島

8組 沖 真名美さん 山﨑水綺さん

私たちのコースは、石垣島から西表島と由布島に行きました。西表島から由布島へ移動する際は、水牛車に乗りました。水牛は1歳の時に陸でなく海の中で排便をするしつけをし、2歳には水牛車を引く調教をするそうです。また、水牛車の定員はオスの牛で約20人、メスの牛で約15人になるため、人と車を合わせて計2トンほどの水牛車を運んでいることになります。水牛たちは、水牛車の運転者の言葉だけで歩いたり、止まったり、自力で言葉を聞き分けることができていたため、とても賢い動物だと思いました。

DSC02332 DSC02351

DSC02343 DSC02345

今日は、どの班もクタクタになりました。仲間川の水に濡れてしまったカヌー班。竹富島の砂地を自転車で走って足が痛くなったサイクリング班。必死で水牛車を引く水牛の健気さに感動したクルージング・水牛班。それぞれの思いを抱きながら、石垣島最後の夜をゆっくりと過ごします。明日は沖縄本島へ向けて出発です。

2016.11.28 沖縄研修旅行
【高校2年】沖縄研修旅行前団 2日目

雨はあがったもののどんより曇り空。雲の流れは速く、ヤシやシュロの木がワサワサと揺れています。暗い中を「少し寒いね」と背中を丸めて朝食会場へ。今日は体験コースによって朝食、出発時間が違います。7時40分最初にホテルを出たのは、西表島クルーズ&由布島コースの27人。
次いで西表島カヌーコース32人。小浜島と竹富島のサイクリングコースは大人気でバス三台に分乗して出発しました。

(A) 西表島カヌー体験コース

西表島は、沖縄に次いで2番目に大きな島。石垣島より大きい島です。でも人口は2300人程度。島の9割が原生林、海と川が占める日本の国境に近い南端の島です。石垣島から高速船で約40分で到着しました。大原港に近い仲間川をクルーズ船で上り、いざ、カヌーへ。バランスを崩すとすぐにひっくり返ってしまいます。少し肌寒い日でしたが、みんなで川遊びをして、大笑いしながら日常をはなれた時間を過ごすことができました。

2組 豊田 祐伍君
「今日はクルーズとカヌー体験で、西表島しか感じることができない自然を体験することができました。最近の環境問題で、西表島のマングローブ林や珊瑚をはじめ、美しい自然が破壊されつつあるということを知っていました。しかしいざ、その本当の素晴らしさを体感すると、『あの尊い自然を守るために自分にできることは何か』と深く考えさせられた1日になりました。」

Version 2  22  23  24

(B)小浜島・竹富島サイクリングコース

小浜島&竹富島コースは、98名で行われました。期待された晴天こそ叶いませんでしたが、快適な気候のもと、小浜島観光と竹富島でのサイクリングを楽しむことができました。
朝食後、私たちは高速船に揺られながら、小浜島へと渡りました。小浜島観光は、バス運転手の方の小気味良い語りと共に、和やかなムードで進みました。その語りは、さとうきびや牛の牧畜といった島の産業から、島に生きる子供たちのことなど多岐にわたり、この島の人々の息づかいを感じさせてくれる貴重なものでした。車窓に流れる美しい景色を眺めつつ、学びのひとときを過ごしました。

昼食の後、今度は竹富島へ。自転車を借りて、サイクリングへ向かいました。ここは一周9.2㎞の小さい島ですが、美しい砂浜が広がるコンドイ浜や星砂海岸、島を一望できるなごみの塔、夕日を眺めるには絶好の西桟橋など、見所はとてもたくさんあり、生徒たちは思い思いの場所へ向かいました。また、島内には瓦屋根の素敵なカフェもあり、ご当地パフェに舌鼓を打っていた生徒もたくさんいました。

16  17  Version 2  Version 2

こうして、私たちは二つの島を精一杯満喫し、2日目を終了したのでした。

3組 山﨑 季千亜さん
「朝は比較的ゆっくり出発しました。最初に訪れた小浜島のバスガイドさんが、孔雀の豆知識など沢山教えてくださってとても興味深かったです。待ちに待った竹富島では、班のメンバーと、ハイビスカスや星砂の浜を見ながらサイクリングをしました。風が強かったし、砂地の自転車は少し大変でした。人が少なく信号もない島内の、八重山特有の家々をみているうちに、ジブリの世界へ迷い込んだ気がしました。新しい発見だらけの1日でした。」

(C) 西表島クルーズと由布島コース

浦内川まではバスで約50分。西表島を約半周する道中、運転手さんが、一つ一つ西表島の集落の話や特別天然記念物のイリオモテヤマネコやカンムリ鷲、固有生物の話をしてくださいました。手つかずの自然の宝庫が目の前にありました。古見という集落にある小学校の児童数は10人。先生は7人という学校の横を通りました。中学校は島内でも、高校になると、子供たちはみな島外へ進学して一人暮らしをするのが普通だそうです。仁川の生徒たちが親元から通える日常は、実にとても恵まれているのだと、ある生徒がぽろっと漏らしていました。

由布島の水牛は現在51頭いるそうです。それぞれに名前があって、人間の言うことはすべてよくわかっているようでした。驚いたことは、決して陸地では糞尿をしないことです。汚さないように、必ず渡る海の中で(水洗便所として)用を足すように2歳でしつけをされるのだとか。船頭?さんたちの水牛たちへの愛情も伝わってきて、穏やかな優しい気持ちになりました。

3組 山之口みなみさん

「今日は西表島の浦内川でボートクルーズと、昼食後には由布島への水牛体験をしてきました。クルーズでは、360度見渡す限りたくさんの種類のマングローブに囲まれ、ここが同じ日本とは思えないような、西表島の原風景、大自然を体感することができました。由布島への水牛に乗っている時間は10分ほどなのですが、海からの風とサンシンの音に身を預けて、ゆっくりと流れる時間に心が癒されました。」

25  26  27  28

2016.11.27 沖縄研修旅行
【高校2年】沖縄研修旅行前団 1日目

関西空港出発

朝から冷たい雨でしたが、生徒たちは、これから始まる旅にワクワクした表情で関西国際空港南広場に集まりました。生徒たちの私服姿は新鮮です。出発式で搭乗券を手渡されると少し緊張した面持ちでした。いよいよこれから4日間の研修が始まります。研修旅行委員長の桶谷君から「研修旅行ということを忘れずしっかり考えて行動し、学習を深め、楽しい旅にしましょう」と、力強い挨拶がありました。

9   Version 2

石垣島に到着

飛行機は気流の悪い中を飛んだのでかなり揺れました。コバルトブルーとはいえないまでも、石垣島の上空からは雨に煙る透明の海が眼下に広がり、生徒たちは歓喜の声。気温は22℃。車で20分、サトウキビ畑の中を抜けて、やいま村に到着しました。郷土料理の八重山そばやもずく、ミミガーなどをいただいた後は自由散策。「おばあ」のお話を聞いたり、リスザルと戯れたり、思い思いの時間を過ごしました。

11   3

4   10

雨量は多くはないのですが、風が強く、傘が折れてしまうほどです。

川平湾のグラスボートも、出航不可かと心配されましたが、風が止んだ合間に、急いで乗船!海の中は珊瑚と魚たちの別世界が広がっていました。

Version 2   6

ホテルへの道中、島全体を見下ろせるバンナ展望台に上がりました。雨が止まず、少し冷えた身体を震わせなが見た、一面の石垣島の光景は、「本当に八重山まで来たのだ」と実感させてくれる瞬間でした。

IMG_3214   IMG_3212

バスガイドさんのサンシン演奏に手拍子。夕方5時、石垣グランヴィリオホテルに到着しました。

Version 2   Version 2

1組 河野典人君「最初石垣島に着いたら思っていたより寒くて驚きました。昼食のやいまそばはコシがあって、あっさりしていて食べやすかったです。村内の自由散策では、素晴らしい琉球の民家や動物たちと触れ合い、伝統文化の一片を知ることができました。グラスボートではまるで海に入っているかのような気分を味わうことができ、魚たちの生き生きとした姿が目に焼きつきました。

4組 三好莞太君 「バンナ展望台の見晴らしは最高でした。雨や風の自然を感じながら石垣島を一望できて、その壮大な景色に圧倒されました。やっとグランヴィリオホテルに着いた時は、こんなゴージャスなホテルに泊まれるのか、と親に感謝への気持ちで一杯になりました。明日は待ちに待った離島体験なので、西表島の大自然を体感してきます!」

2014.12.20 イタリア研修旅行
イタリア研修旅行A班 7・8日目

イタリア研修旅行A班「12月19日(金)20(土)/7,8日目」の様子をお伝えします。

イタリア研修旅行も今日が最終日。イタリアの地を離れることはとても寂しいことですが、家族が待つ日本に無事帰りたいと話す生徒もいました。

12
34

 

今朝の起床時刻は午前6時00分、外の気温は2℃。眠い目をこすりながら生徒たちは午前6時45分からクラス順にバスに乗り込み、一路ローマ空港を目指しました。

5687

午前10時ローマ空港に到着し、搭乗および出国手続きを済ませて、定刻の12時25分、香港国際空港に向けて出発しました。約12時間のフライトでしたが、機内では、隣の友達と思い出を語り合う、疲れにているのか眠ってしまうなど、それぞれ思い思いに過ごしていました。

910 1112

途中、香港国際空港では乗換待ちの間、約1時間半の自由行動時間がありました。生徒たちはそれぞれ思い思いに免税店でショッピングをしたり、お腹を満たしたり、仮眠をとったりしていました。そして、10時30分(香港時間)に出発し、関西国際空港をめざします。生徒たちは「香港まで約12時間のフライトは長かった。でももうすぐ研修旅行が終わってしまうのかと考えるとさみしい気持ちがする」と口々に話してくれました。

1314
1518 1716

約3時間の関西国際空港までの道のり、イタリア・ローマから合計15時間に及ぶフライトの末、ほぼ定刻で日本に無事到着しました。入国審査を終え、スーツケースを受け取り、関西国際空港駅の北広場に8日ぶりに再度集合しました。到着口や北広場には多くの保護者の方が出迎えに来られ、家族との久々の再会を喜び合う光景や笑顔が素敵でした。そして、研修旅行の締めとしての解団式。田端校長先生と添乗員さんからお言葉をいただき、7組のイタリア研修旅行委員が「研修旅行を今日で終わらすのではなく、明日からも活かしていきましょう」との挨拶をし, 渡邊先生より「昨日の夕食時にちょっぴり感動しました。と言いましたが、残りの感動は3学期に期待しています」との言葉を頂きました。また、竹中先生より「人生の基軸となるものを持って帰れたのではないでしょうか。世界一の高校生活となるように」とのエールを頂きました。その後、生徒全員で保護者の方々に「ありがとうございました。」 と感謝のお礼と、イタリア研修旅行にかかわったすべての方々へ拍手をし、三本締めで解団式を締めました。

解団式後も北広場に生徒たちが残って、クラスごとにお世話になった添乗員さんに全員でお礼の言葉を伝えたり感謝のプレゼントを渡したり、添乗員さんを囲んでの写真撮影をしたりしていました。

このイタリア研修旅行全体に関して、6名の生徒が感想を綴ってくれました。それを、以下に掲載します。
★ このイタリア研修旅行を通じて、日本とイタリアの生活や文化の違いを知ることが出来ました。英語やイタリア語を使わないといけない環境だからこそ、自分で考え工夫することが必要です。そして、自分の考えを相手に伝えられたときは達成感がありました。この研修旅行で学んだことをいかしてこれから頑張っていこうと思います。
★この研修旅行ではたくさんのことを学び、感じることができました。私にとっては初めての海外でした。イタリアでは日本では味わうことの出来ない文化や今まで出会ったことのないような人たちとの交流がありました。様々な体験をし、イタリアにいる時間が最高の研修旅行でした。そして私の人生の中で一番濃い一週間でした。この研修旅行で学んだことをこれからの学校生活に活かしていきたいです。
★今回の研修を終えて感じることがたくさんありました。クラスメイトの日常生活では見られない意外な一面や、意外な性格にびっくりすることがたくさんありました。今回の研修を終えて、ただ「あ~楽しかった~」と思うだけではなく、今後の生活にどう活かすかを自分なりに考えて、これからの生活を送っていきたいと思いました。
★1週間イタリアに滞在しましたが、日本との文化の違いに驚かされました。しかし、現地の人と片言でもイタリア語で話すことにより、現地の人は親切に接してくれました。ここで私はわずかながら異文化間での接点を見いだせたような気がしました。私たちはこのように異文化間であっても人と人とのつながりを大切に、心の開かれた「“新”の国際人」を目指します。私たち52期生のイタリア研修旅行は本当に素晴らしいものとなりました。

★今回の研修旅行ではいろいろなことを経験し学ぶことが出来ました。数多くの美術品や建造物は当時の風貌を残しており、それらは私たちの心に大きな印象を残してくれました。また今回の最大の目的であるアッシジの研修では、聖フランチェスコの心をさらに強く感じることが出来ました。サン・フランチェスコ大聖堂でのベネディクションは今までの自分を見つめなおし、夢や目標を再確認できた良い経験になりました。そして、研修旅行で得たことをこれからの人生の糧とし支えとして生きていきます。Grazie!
★とても早い1週間だったように思えます。私たち仁川学院はサン・フランチェスコ大聖堂でベネディクションが行うことのできる世界でたった一つだけの学校です。そのことをしっかりと自覚することの出来る学習を私たちはできたと思います。この感受性豊かな今の時期に研修旅行をしたからこそ、一瞬一瞬の感動を大切にできたのだと思いました。今52期生の私たちには自立が求められています。イタリア研修旅行を通してこれからの将来の中で私たちが同自立していくか、を考えるとてもいい機会になりました。そしてベネディクションでシモーネ神父様が問いかけてくださった、神から与えられた美しさは何か、自分が思う美しい人とはだれかを日々の生活の中で探していきたいです。この研修旅行を支えてくださった周りの皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。Grazie!!

A班のイタリア研修旅行もこれで全行程が終わりました。この研修旅行を様々な面で支えてくださった多くの方々への感謝の心を。彼らが自分たちだけでできたという「達成感」を忘れずに。聖フランシスコとアッシジについて直接肌で学んだ仁川学院生としての誇りを大事に。この3点をもって3年生0学期に臨んでほしいと思います。

最後になりましたが、近畿日本ツーリストの皆様、現地のガイド・運転手・ホテルスタッフの方々など、研修旅行の成功のために関わってくださった全ての皆様に、教員一同心よりお礼申し上げます。そしてこの研修旅行を支えてくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。

この一週間の旅で、本物の美術作品や建築物にふれたことは彼らの一生の宝物になると思います。これだけ多くの本物に出会えたことは自分の指標であったり、価値観であったり、感覚を研ぎ澄ませることにも役立つでしょう。研修旅行を経て一回りも二回りも成長したA班の生徒達。顔つきも1週間前とは大きく変わったと感じます。残りの仁川学院での生活、また、これからの人生の道のりの中で、この旅で感じたこと、学んだこと、達成できたことが生徒達の支えとなり今後の活かされることを心より願っています。

 

2014.12.19 イタリア研修旅行
イタリア研修旅行B班 5日目

※昨晩はホテルのネット回線のトラブルでブログ更新が行えませんでした。遅れての更新となり、ご心配をおかけしました。申し訳ありません。只今更新いたします。

 

12月18日(木)、イタリア研修旅行もいよいよ5日目となりました。クラスごとに朝食を済ませた後は、アッシジに向けてバスで約3時間の移動。朝日に包まれたフィレンツェの街を見ながら、生徒達は名残惜しそうでした。

CIMG0574 CIMG0573

アッシジに到着すると、さっそく研修プログラムがはじまります。当研修は、聖フランシスコのゆかりの地を巡りながら、彼の生き方を学ぶことを目的としています。ここからはクラスごとで研修順序が異なるため、本日は2組の行程を中心にお伝えします。

 

まずは、外敵からアッシジの街を守るために造られた要塞『ロッカ・マッジョーレ』に訪れました。

CIMG0603 P1060045
CIMG0587 CIMG0589

長く直線的な壁は市民を守るために造られた壁として「市壁」と呼ばれ、防衛に優れた造りになっています。頂上を目指して生徒達のテンションも最高頂。男女ともに猛スピーで駆け上がり、到着した時には素晴らし見晴らしに、思わず大きな声で叫んでいました。

P1060055 IMG_0513CIMG0581 CIMG0591

すっかりお腹が空き、自由研修として各自昼食、買い物、散策をしました。ローマやフィレンツェとはまた違ったアッシジの暖かい雰囲気に、生徒達の心は和らいでいたように思います。午前の振り返りの中には、「アッシジの街はとても静かで落ち着きました。A班の友達とも会うことができ、とても有意義な時間を過ごしました。研修旅行で訪れる最後の街となりますが、ここでもしっかり勉強していきたいと思います。」などとありました。

CIMG0622 P1060029

続いてはタクシーに分乗して、『エルモ・デッレ・カルチェリ』へ向かいました。ここは、聖フランシスコが祈りに集中するために使った隠れ家であり、森を含めたその全体が特別な祈りを捧げた神聖な場所です。

CIMG0671 CIMG0655 CIMG0656 CIMG0665

大きな木々に囲まれた澄んだ空気に、生徒達も自然と足音に気を付けながら、静かに見学していました。中には彼が修行したグロッタと呼ばれる洞窟があります。このグロッタは仁川学院小学校にも建設されており、本物の小さなグロッタを見ながら、仁川学院との繋がりを実感しました。

CIMG0658 IMG_1302 CIMG0666 IMG_0516

続いては、後にベネディクションが行われる『サンフランチェスコ大聖堂』に入堂しました。天井と両壁に描かれたフレスコ画に囲まれた荘厳な雰囲気の中、リー神父様のお話を聞きながら聖堂を拝観しました。生徒達も研修旅行の真の意味が、少し見え始めたのではないでしょうか。

CIMG0682 CIMG0687IMG_1241 P1060009

その後、ミネルヴァ神殿の下にあるローマ時代の遺跡を訪れました。地上から約5m下にあるこの道は、昔のローマ人が実際に歩いていた道だそうです。

CIMG0714 CIMG0725

外へ出ると霧が濃くなっており、アッシジの街を幻想的な雰囲気にしていました。ある生徒は「雲の上にいるようなとても神秘的な光景だ」としみじみと話しており、ベネディクションに向けて、生徒達も心を落ち着かせているようでした。

日も暮れ、アッシジの街がライトアップされ始めた午後5時25分、サンフランチェスコ大聖堂前にA班・B班の全クラスが集合。いよいよこの研修旅行の最大の目的である仁川学院生のための『ベネディクション』の時間となりました。

CIMG0728 CIMG0732

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

<A班・B班 共通>

高校2年生全員で実施する研修プログラムはこれが最初で最後。「しずけき」を歌いながら司祭が入場され、開祭されました。はじめに、シモーネ神父様より、「誰もが幸せを追及するが、私たちはよく、幸せを探す場所を間違えることがあります。フランシスコも昔はそうでした。しかし、一人一人の中に、誰も与えることのできない美しさを神が与えてくださったことをフランシスコは知りました。あなたが私の真の美しさであると祈りましょう。あなたはどのような美しさを人生で探していますか。何が、誰があなたにとっての美しさですか。あなたのすべてを捨て去ってください。神が与えてくださったすべてのものを受け入れるために。」と、お話をいただきました。

CIMG0745 CIMG0764

続いて、各クラスの代表者が共同祈願を捧げ、最後に宗教委員長が「私達がこのフランシスコ大聖堂に集い、共に祈ることができることを感謝して祈ります。私達はこの研修旅行で、今まで知らなかったヨーロッパの歴史や文化、雰囲気に触れ、貴重な経験を積むことができました。この経験が、私達のこれからの人生の土台となり、一人一人が明るい未来を築いていく力となれますように。」と、祈りました。

CIMG0787

CIMG0799 CIMG0793

最後に、総合学習で練習してきた『Fratello Sole, Sorella Luna』(イタリア語)を全員で合唱。聖堂内に響き渡る音がお互いの心を癒し、カトリック校ならではの貴重な経験ができ、大変感動的な時間を過ごすことができました。

 CIMG0807 IMG_1315

閉祭の後、田端校長より、「自立とは何か。それは、あなたがあなたの中にある美しさに気付き、それを活かすように生きること。隣の人に助けてもらった時は、それは素晴らしい友を持ったということ。足りないところを助け合い、支え合って生きていってほしい。君の中にある美しさを考え、今日トラベルブックに記して、素晴らしい人生の1ページにしてほしい。」と、お話を頂き、本日のプログラムを終えました。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

この後、B班はアッシジ市内のチェナコロホテルへ向かい、夕食をいただきました。部屋に戻ってからは、各班で語らいながら今日感じたこと、学んだことをそれぞれにトラベルブックに記したことでしょう。

 

B班はいよいよ明日が最後の研修となります。残りのプログラムも思い残すことなく十分に学び、楽しみ、成長してくれることを願っています。

2014.12.19 イタリア研修旅行
イタリア研修旅行A班 6日目

イタリア研修旅行A班「12月18日(木)/6日目」の様子をお伝えします。

今日はイタリア研修旅行での一番大切な日です。サン・フランチェスコ大聖堂で執り行われた厳粛な雰囲気のベネディクションから、研修旅行の目的を生徒たちみんなは感じ取ってくれていると思います。

本日のスケジュールは各クラスに、コースに分かれてアッシジの研修(サンタ・キアラ教会、サン・ダミアーノ教会、サンタ・マリア・デリ・アンジェリ大聖堂、ロッカ・マジョーレ、スーパーマーケットでの購入と班別研修1・2からクラス別選択)
18時より、サン・フランシスコ大聖堂でのベネディクション(A、B班合同)

 

12

本日の朝食も、ビュッフェ形式でクラスごとに時間差でいただきました。イタリアの食事にも慣れてきましたが、クラスごとで食べる朝食も本日が最後です。8時には今日のベネディクションで歌う、「しずけき」、「Fratello Sole, Sorella Luna」を合唱しました。昨日よりもA班全体の声が一つとなり大きな歌声が食事会場に響いていました。

34 56

外に出ると一面に濃い霧が立ち込めていました。アッシジの旧市街地に向け、防寒具にしっかり身を包み、本日の研修をスタートしていきます。(※本日のプログラムもクラスごとで研修順序が異なるため、本日も2年4組の行程を中心にお伝えします。)

まず、聖フランシスコにとって初めての女性の弟子であり、理解者であった聖キアラのために建てられた『サンタ・キアラ教会』に拝観しました。聖キアラは、生涯を通して聖フランシスコを精神的な父と仰ぎ、後に「清貧、貞節、従順」の誓いをたててフランシスコ会の女子修道会キアラ会を創設した方です。彼女たちの生活は祈りと労働を日課としていて、実際に聖キアラが作った修道服は、彼女のご遺体とともに聖堂に展示されています。(聖堂内は撮影禁止のため写真はありません。)78910

聖フランシスコが人生の大きな転機を迎えた『サン・ダミアーノ教会』を拝観しました。この聖堂は聖フランシスコが神の声を聴き一人で修復したのがこの教会をいわれています。トラベルブックにも、フランチェスコの「清貧」はここからはじまったとあるように、仁川学院にとって大切な場所の一つです。サン・ダミアーノの教会は聖フランシスコの生き方を具現化しており、生き方を学ぶには素晴らしい場所です。
11121314

その後、班別研修へと向かいます。アッシジ市内で昼食を自由に食べ、おみやげの購入やアッシジの市内を散策します。昨日・今日とクラス別で研修したところに再度行く生徒もいました。

1516
1718

午後の研修として、アッシジ郊外にあるスーパーマーケットに立ち寄りました。現地の方の生活や商品の量や品物、梱包の違いを垣間見ながら、カゴいっぱいにチョコレートやパスタなどのおみやげを購入し、にこにこした表情で買い物をしていました。
1920

そして、聖フランシスコの最初の祈りの地と言われている大聖堂です。教会の中に一歩入ると大きなドーム(クーポラ)があり、その下に『ポルチウンクラ』というこの小さな礼拝堂があります。聖フランシスコが布教を始めて間もない頃に譲り受けたとされていて、この礼拝堂を保護するかのように、大聖堂が建てられました。静粛な聖堂内で、生徒たちは自分たちもこの場所からフランシスコが大切にしていたものを感じ取ろうとポルチウンクラの中で静かに祈りを唱えていました。
2122

その後、アッシジ市内での班別自由行動でした。イタリアでの最後の自由散策時間ともあって、おみやげの買い物に大忙しな生徒、夕食を待てずにお腹を空かせておやつを買う生徒など様々でしたが、一同この時間を満喫していました。アッシジを歩くのも今日が最後とあって、今まで研修した場所を再度見学する生徒や、アッシジのおみやげを購入していたりします。

 

////////////////////////////////////////////////////////

以下A班B班同様の日程です。

【ベネディクション】

(※B班のホテルでのネットワーク接続が行えないため、明日の朝更新いたします。ご了承ください。)

////////////////////////////////////////////////////////

※B班のホテルでネット回線のトラブルがあり、ベネディクションの更新ができず、ご心配をおかけしました。申し訳ありません。只今更新いたします。

<A班・B班 共通>

高校2年生全員で実施する研修プログラムはこれが最初で最後。「しずけき」を歌いながら司祭が入場され、開祭されました。はじめに、シモーネ神父様より、「誰もが幸せを追及するが、私たちはよく、幸せを探す場所を間違えることがあります。フランシスコも昔はそうでした。しかし、一人一人の中に、誰も与えることのできない美しさを神が与えてくださったことをフランシスコは知りました。あなたが私の真の美しさであると祈りましょう。あなたはどのような美しさを人生で探していますか。何が、誰があなたにとっての美しさですか。あなたのすべてを捨て去ってください。神が与えてくださったすべてのものを受け入れるために。」と、お話をいただきました。

CIMG0745 CIMG0764

続いて、各クラスの代表者が共同祈願を捧げ、最後に宗教委員長が「私達がこのフランシスコ大聖堂に集い、共に祈ることができることを感謝して祈ります。私達はこの研修旅行で、今まで知らなかったヨーロッパの歴史や文化、雰囲気に触れ、貴重な経験を積むことができました。この経験が、私達のこれからの人生の土台となり、一人一人が明るい未来を築いていく力となれますように。」と、祈りました。

CIMG0787

CIMG0799 CIMG0793

最後に、総合学習で練習してきた『Fratello Sole, Sorella Luna』(イタリア語)を全員で合唱。聖堂内に響き渡る音がお互いの心を癒し、カトリック校ならではの貴重な経験ができ、大変感動的な時間を過ごすことができました。

 CIMG0807 IMG_1315

閉祭の後、田端校長より、「自立とは何か。それは、あなたがあなたの中にある美しさに気付き、それを活かすように生きること。隣の人に助けてもらった時は、それは素晴らしい友を持ったということ。足りないところを助け合い、支え合って生きていってほしい。君の中にある美しさを考え、今日トラベルブックに記して、素晴らしい人生の1ページにしてほしい。」と、お話を頂き、本日のプログラムを終えました。

////////////////////////////////////////////////////////

2324

以上をもち\\\\\まして、この研修旅行におけるすべての研修プログラムが終了いたしました。その後、ホテルに戻って夕食を頂きます。本日のメニューは、トマトソースのフジッリパスタ、豚肉のエスカロップ レモン風味、温野菜、クリームキャラメルブリュレでした。イタリア研修旅行で1・4・6・7組全体でいただく最後の食事ということもあり、研修旅行が終わることを惜しむ声がありました。

生徒たちに感想を聞いてみたところ、「サン・ダミアーノ修道院では、石積みが一つ一つ丁寧にされていて、聖フランシスコのキリスト教への思いが伝わりました。聖フランシスコのようにキリスト教を大切に思いながら頑張っていきたい」、「イタリアの神父様から将来を考えさせられる話を聞けて良かった。また共同祈願を行ったので、いろいろな苦労もあったが、一生モノの体験が出来ました。最終日にふさわしい一日になってよかったです。」「班別研修でサンフランチェスコ大聖堂に行き、その地下にある聖フランチェスコの墓に行きました。そこに行くと雰囲気にのまれ何もすることが出来ませんでした。」「ベネディクションでは司祭様や神父様のお話を聞いて僕たちの生活にすごく共感できるものがあって素晴らしかったです。」

食後、友人たちとの談笑や、添乗員さんとの写真撮影などいっぱいしたいことはあるでしょうが、部屋に戻って明日の帰国に備えて荷物整理をしなければなりません。スーパーやアッシジ市内で購入したものを必死にキャリーバックに詰めていきます。明日の起床は午前6時。バスに乗り込み帰路を目指します。

 

3 / 512345