最新情報・トピックス

イタリア研修旅行A班 2日目

イタリア研修旅行A班「12月14日(月)/1~2日目」の様子をお伝えします。
1~2日目のスケジュール

1日目:関西国際空港からイタリア・ローマへ
2日目午前:ローマ研修(サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ教会、コロッセオ、フォロ・ロマーノ)
午後:ローマ研修(スペイン広場、トレビの泉、十二使徒大聖堂)

12
34

わくわくとドキドキが隠せない。これからの研修旅行が楽しみだという生徒たち。誰一人も遅れることなく集合し、関西国際空港2階北広場にて出発式が行われました。まず、A班団長の田端校長先生から未来に向かって進んでいく生徒たちにエールが送られました。次に諸注意があり、生徒代表として6組のイタリア研修委員代表から「イタリアに行くまででもテンションが上がってしまうかもしれませんが、待ちに待ったイタリア研修旅行です。楽しみましょう!」と元気に出発の挨拶がありました。生徒たちは、見送りに来てくださったご家族の方に全員で「いってきます」と挨拶をし、出発式が締めくくられました。生徒たちはイタリア・ローマを目指してまずは香港行きの飛行機に乗り込みます。

56

日本時間の18時15分定刻通りにCX507便が香港空港へ向け出発しました。4時間のフライトを終え、香港国際空港でCX293便に乗り換えます。
生徒たちに感想を聞いてみたところ、「途中で降りた香港での滞在時間は短かったけれども、たくさんのお店に行けました。日本でよく見るものが香港でも売っていて嬉しいです。」「香港ではみんな集合などがきっちりできていたので楽しく過ごすことが出来ました!」と話してくれました。

78

 

現地時間の6時53分にローマのフィウミチーノ(レオナルド・ダ・ヴィンチ)空港に到着しました。生徒たちは少し疲れた表情をしていましたが、やっとイタリアの地に降り立った実感と、空港スタッフの対応の日本との違いに驚いていた様子でした。ある生徒に話しを聞いたところ、「香港まではみんな元気があったのですが、ローマまではみんな疲れている様子でした。しかし、ローマに着くとさっきまで疲れていたのが嘘のような元気さで、いよいよ研修旅行が始まったんだなと実感しました!!」と話してくれました。

2日目は、一日かけてローマ観光です。ローマの天気は薄曇りの天気でしたが、私たちを出迎えてくれているような、温かく過ごしやすい天候でした。カラッとしたイタリアの空気も日本との違いがわかります。バスの車窓から見える日本とは違った新鮮な風景に気持ちを昂ぶらせながら、最初の目的地へと向かいます。

9101112

ローマで最初に訪れたのは世界遺産でもある「サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ教会」です。この教会は700年前まで1,000年間教皇庁であり、アッシジの聖フランシスコと兄弟たちが訪れた場所でもあります。生徒たち2000年前に元老院(クーリア)で使われていた古い扉の横を抜け、教会へ入ります。教会内は厳粛な雰囲気の中でミサが行われており、壮大な建築様式と荘厳な雰囲気に息を飲んでいました。

 

13141516

次に訪れたのは、生徒達が楽しみにしていた世界遺産『コロッセオ』と『フォロ・ロマーノ』です。円形競技場として様々なイベントに使われていた人の手でつくられた偉大な遺産に生徒たちの感動と興奮は高まっていました。コロッセオの前でクラスの集合写真を撮り、コロッセオの中へと入ります。生徒からは「事前学習をしていたのに知らないことばかりでした。写真を撮る時間が15分だけでは短すぎる。」と話してくれました。

 

1718

次に、フォーリ・インペリ通りを抜けてローマの古代政治の中心、元老院(クーリア)跡、神々の神殿の跡、裁判所の跡などを見学していきます。「フォロ」とは広場のことで、「フォロ・ロマーノ」は「ローマ市民の広場」という意味です。ローマ市民の活動の中心として数々の歴史を刻んできたこの場所には、生徒達は政治や経済、文化の中心となった当時の遺跡や教会との関連を十分に感じ取ることができました。遺跡の下にさらに遺跡のあるローマ。長い長い歴史に想いを馳せながら次の目的地へと進みます。

1920

初めてのイタリアの食事に期待を膨らませながら、市内のレストラン(グロッタインペラトーレ)へ移動しました。レストランスタッフに向け「ボンジョールノ」「グラッツェ」と少し照れながら挨拶をしていました。お昼のメニューは、アマートリチャーナ(トマトとパンチェッタのパスタ)、チキンカツレツとフレンチフライ、デザートとしてティラミスでした。イタリアの料理に舌鼓を打ちながら、午後の研修へと向かいます。

 

2122

午後はローマの人々にとっても人気高い『スペイン広場』を通って『トレビの泉』へ向かいます。アン王女のように階段でジェラートを食べることはできませんが、階段の一番上からスペイン広場を眺めてその美しさにみとれていました。私達の滞在時間はわずかでしたが、ローマの休日の舞台に触れられる良い機会だったと思います。

 

23242526

その後、『トレビの泉』へと向かいます。ローマ観光ではいかない人はいないというくらい有名です。今年は改装中として水がないトレビの泉をみることができました。「水のある泉にコインを投げ入れたい」と思う生徒もたくさんいましたが、別に水場が設けられていました。20分間の自由行動で、生徒たちは周辺のジェラート屋に行き、慣れないイタリア語や英語を使いながら思い思いのフレーバーのジェラートを注文をしていました。

 

27282930

続いて、仁川学院生としては欠く事のできない、『十二使徒大聖堂』を拝観しました。正面には聖フィリポと聖小ヤコブの壮大なフレスコ画があり、バロック様式の建築がとても美しい大聖堂です。コルベ神父様もよく訪れていたという場所で、聖堂の横にはコルベ神父様を記念する祭壇があります。教会責任者のマシミリアーノ(Massimiliano)神父様に講話を頂き、「Fratello Sole, Sorella Luna」をオルガン演奏とともに合唱しました。その後、生徒たちは聖堂の歴史や彫刻、装飾品を見学しました。聖フランシスコを示すフレスコ画もあり、仁川学院の源流を学べたのではないでしょうか。

3132

ヴェネツィア広場を抜けてコロッセオを再度振り返りながら、宿舎へと向かいます。宿舎まではバスで1時間の移動です。

33343536

宿泊先はローマ近郊サクロファーノにある宿泊施設「フラテルナドムス」です。ホテル到着後は、夕食を頂きました。メニューは、野菜スープ、七面鳥のロースト&フレンチフライ、ジェラートです。2日間の疲れをとるべく久々のベッドへと向かいます。

出発から2日間、生徒たちはみな疲れの中にも充実感を得られていたと思います。 生徒からは、「スペイン広場には、観光客だけでなく、地元の方々もたくさんいて、中には日本語で話しかけてくれる方もいてうれしかったです。トレビの泉は、今は工事中で水はなく、コインをなげることはできなかったけど、普通では体験できない水のないトレビの泉を体験できたので良かったです。そして最後の十二使徒大聖堂は、天井にある彫刻の一つ一つが細かく彫られており、それぞれに特徴がありとても神秘的でした。」と笑顔で話してくれました。

明日は、ヴァチカン市国の研修を経て一路フィレンツェへと向かう予定です。 ブログ更新は宿泊先で行っております。明日からも行程終了後に更新することになりますが、楽しみにお待ちいただければと思います。

 

ページトップへ戻る
仁川学院 〒662-0812 兵庫県西宮市甲東園2丁目13番9号
Copyright © 2013 NIGAWA GAKUIN All Rights Reserved.

サイトマップ | 個人情報保護方針