課外活動
人と交わり、自分を磨く喜びを体験します。

2013年10月

硬式野球部 The New Training Tournament

10月26日(土)、尼崎双星高校にて、1年生によるThe New Training Tournamentの1回戦が行われました。本校は猪名川高校と対戦し、8-1で勝利することができました。台風の影響で、なかなかしっかりと練習ができていなかったため、不安はありましたが、それぞれが持てる力を発揮することができました。もちろん失敗もありましたが、一戦一戦、色んな失敗を重ねながら成長していくものだと思います。この秋、貴重な公式戦を経験することで、また一回り大きくなることを願っています。応援に来てくださった皆様、ありがとうございました。
週末の予定は以下の通りです。応援よろしくお願いいたします。

11月2日(土)京都成章 9:30~ 仁川学院G(練習試合)
11月3日(日)三田松聖 9:00~ 仁川学院G
(The New Training Tournament 2回戦)
11月4日(月)神戸高塚 13:00~ 神戸高塚G (練習試合)

P1030646P1030683P1030703

中学野球部 練習試合結果

10月26日(土)上ヶ原中学校と練習試合を行いました。

1回戦は打たしてとる丁寧なピッチングで6回までリードしていました。しかし,6回裏に上ヶ原中学校の中軸に連打をあび,2-3で惜敗しました。長打やタイムリーヒットなど,練習の成果が少しずつ現れてきたように思われます。

2回戦は先行されておりましたが,仁川らしい点の取り方で2-2の引き分けとなりました。

雨が続き練習も満足にできていない状態で心配しておりましたが,部員たちはよく頑張っていたと思います。

肌寒い1日でしたが,応援に来てくださった保護者の皆様ありがとうございました。

次は11月2日(土)本校で山口中学校と練習試合を行います。

 

P1040789-2 P1040794-2

県高等学校対抗テニス新人大会 男子団体戦予選

10月5日(土)6日(日)に、本校テニスコートにて、県高等学校対抗テニス新人大会 男子団体戦予選が行われました。男子硬式テニス部は、快勝して本戦出場を決めました。

団体戦は、シングルス(S)3つ、ダブルス(D)2つ計5つのポイントで3ポイント以上取った学校が勝ちになります。各試合は6ゲーム1

セットマッチです。結果は、次のとおりです。

2回戦 仁川5-0北須磨

D1才門昂弘・古谷貴大6-0 D2井上拓己・小塩悠太6-0 S1立花侑真6-3 S2高尾 慎6-0 田中 力6-1

3回戦 仁川5-0西宮北

D1才門・古谷6-0 D2井上・小塩6-0 S1立花6-2 S2高尾6-0 S3田中6-0

4回戦 仁川4-1兵庫

D1才門・古谷6-0 D2井上・小塩6-0 S1立花0-6 S2高尾6-0 S3田中6-2

ここで県ベスト8になり、本戦出場が決まりました。本戦は、10月26日(土)・27日(日)に神戸総合運動公園で行われます。

 

 

田中 井上・小塩

シングルス:田中 力      ダブルス:井上・小塩組

 

硬式野球部練習試合報告

10月19日(土)、本校グラウンドで長田高校と試合をさせていただきました。試合前から、長田高校の選手たちの非常に大きな声とキビキビした動きに圧倒されました。「こんなチームになりたい」と思えるチームであり、本校の選手たちにとっても大きな刺激となったことと思います。選手の日誌にも「ぜひまた試合がしたい」ということが書かれていました。本校も対戦校からそう思ってもらえるようなチームを目指します。
中間考査も終了し、選手たちは好きな野球ができる喜びをかみしめているようです。練習試合終了後も残って自主練に励む生徒、早朝からグラウンド整備に励む生徒、こういった、生徒たちの自主的な動きが本当にうれしい限りです。

P103063620131019_18545420131021_070230

高校サッカー部 三年生完全燃焼

リーグ入替え戦:1-0川西明峰
(阪神一部リーグ残留)

☆2012~13シーズン全戦績
◎新人大会
阪神予選:13-1尼崎西
1-1PK7-6川西北陵
0-0PK5-4武庫総合
準決勝
0-6報徳 結果:阪神地区3位
県大会:0-0PK6-5明石城西
0-3滝川第二 結果:県ベスト16

◎総体:3-0兵庫 1-0姫路別所
0-1延長 関学

◎選手権:1-2尼崎北 5-0県尼崎
決勝トーナメント:0-2川西緑台

◎高円宮杯U18リーグ
阪神一部リーグ第2位(8勝4敗4分)
◎県トップリーグ参入戦
0-2エストレラ姫路 1-1東播工 0-2御影
(結果:D組3位)
三年生14名全員で、最後の大会まで完全燃焼しました。
県リーグ昇格はできませんでしたが、三年間(内部生は6年間) 妥協せずに走り抜きました。
いつも心温まるご声援をいただき、
保護者の方々に感謝の言葉しかありません!
IMG_4201

女子硬式テニス部試合結果報告(中学)

平成25年度兵庫県中学校秋季テニス大会(団体戦)が、10月14日神戸女学院テニスコートにて行われましたので結果を報告いたします。

1回戦

仁川学院 対 賢明女子学院 1-4

D2 福原・藤井 6-0

D1 不戦敗

S3 重松 4-6

S2 藤村 6-7(3-7)

S1 不戦敗

 結果は1回戦負けでしたが、最後まで諦めることなく、ねばり強く戦い抜くことができました。来月には個人戦が行われます。気持ちを切りかえて、練習に励んでもらいたいです。

IMG_0226-1

 

中学男子テニス部 練習試合結果

10月6日に行われました練習試合結果

S0262777

仁川学院中VS滝川中
須磨海浜公園にて
団体戦
D2 位上・ジェームズ 3-6
D1 藤原・小阪    4-6
S3 金谷       6-4
S2 三好       6-4
S1 松本       6-1

見事3勝2敗で勝利しました!

S0352850 S0242757
三好君、藤原君 両選手も全力で戦いました。
S0322832
最後を締めてくれたのはキャプテン松本君。頼りになります!!

今回の試合は選手全員が一丸となり、勝利をつかみ取りました。
自分の力を存分に発揮するためにも、今日も練習に励んでいます。

中学野球部 練習試合結果

10月6日(土) 関西学院第2フィールドで大庄中学校,関西学院中学校と練習試合を行いました。

10月にも関わらず最高気温が30度を超えるなかでの試合でした。

エラーを恐れず,攻める守備を意識して臨んだ試合でした。しかし,精神的に守りに入ってしまい,大量失点を重ねるイニングを作ってしまいました。

敗れはしましたが,全選手が出場することができ,各自の課題を再認識することができました。明日からは中間考査一週間前なので,クラブ活動はできませんが,10月26日(土)の練習試合にむけて意識を高く持ち,トレーニングしてほしいと思います。

最後になりましたが,野球部父母の会の皆様,暑い中での応援ありがとうございました。

DSC_0420 - コピー (800x531) DSC_0427 - コピー (800x531)

 

 

 

硬式野球部練習試合報告

10月6日(日)、本校グラウンドで、尼崎西、滝川高校と試合をさせていただきました。中間考査までの最終戦、最近の課題「1イニングの失点を1点にとどめる」ということを意識して戦いました。そのために防ぐべき事をよく考えることができましたが、3失点したイニングが一度・・・これは考査明けの試合でも意識して取り組む課題とします。次は10月19日(土)長田高校、20日(日)相生学院です。また新たな課題を発見できるよう「いい目」をもって取り組みたいと思います。また、26日(土)には一年生によるThe New Training Tournamentが行われます。 一年生のはつらつとしたプレーにも期待しています。

P1030515P1030571

 

 

 

 

 

女子テニス部第56回兵庫県高校テニス新人大会団体戦

第56回兵庫県高等学校対抗テニス新人大会兼全国選抜高校テニス近畿地区大会予選(全国選抜テニス大会兵庫県大会)の県予選が甲南女子高テニスコートで行われました。この予選で勝ち上がり、ベスト8の本戦出場をかけての戦いでした。試合結果を報告いたします。

IMG_3067

 

 

2回戦仁川学院4-1三田祥雲館
S1山崎62
D1中島千葉75
S2砂62
D2南方北山26
S3横山61

IMG_3085 IMG_3082
IMG_3077 IMG_3081

初回戦の三田祥雲館戦から厳しい戦いを強いられ、S1、S2は力強いプレーで勝ってくれましたが、ダブルスで苦戦!三田祥雲館はD1にNo.1の選手を立て、ダブルスで勝負をかけてきました。D2は力及ばずで惜敗、D1が30アップで優位に進めたが、相手の意地とこちらのプレッシャーからか、45のマッチポイントまで追い込まれ、2ー2になれば、S3勝負となり、かなりのプレッシャーを覚悟していましたが、何とか45の崖っぷちから追い上げ、75で勝ち、勝負を決めてくれ、薄氷を踏むがごとく勝ち進むことができました。

 

3回戦仁川学院3ー0賢明女子
S1山崎60
D1中島北山62
S2砂62
D2平川千葉13打切
S3横山02打切

IMG_3075

3回戦の賢明女子とは、カトリック大会でもよく対戦するライバル校、絶対に負けられません。3-0では勝てたものの、D2とS3に不安を残す結果で終わり、団体戦の怖さが感じられ、もう一度リセットをして4回戦へ臨もうと皆で切り替えました。

また、選手たちの保護者や兄弟姉妹、OGなど多くの方に応援にしていただき、選手たちとともに応援している姿はほほえましく感じられました。また、たくさんの方々に差し入れまでしていただき、本当に感謝です。この場を借りて、御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

4回戦仁川学院1-4甲南女子
S1山崎61
D1中島千葉6(1)7
S2砂57
D2南方北山26
S3横山46

 

本日最後の大一番、4回戦の甲南女子戦はベスト8、本戦出場をかけた大事な試合。力的にも互角!どちらが勝ってもおかしくない戦力であります。まずは、S1の山崎選手がエースらしい戦いを見せてくれ、1-0で先行、D2は健闘及ばず敗退し、1-1の五分、S2は甲南女子のワンサイドゲームで主将の砂選手が05まであっという間に追い込まれましたが、そこからの驚異的な粘りで55まで追い上げ、最後は57で敗れたものの、あと一歩まで追い詰めることができました。この戦いぶりで周りの選手たちを奮い立たせてくれました。とうとう1-2の崖っぷち。けれど、団体戦で負けたわけではありません!主将の砂選手は溢れ出る悔し涙を背中で必死で隠し、誰にも見せないよう、涙をすぐに拭い、D1、S3にまわってチームの主将として必死に応援している姿は仁川女子テニス部の伝統と誇りを感じさせてくれました。さぁ、あとはD1とS3の勝負。意地と意地のぶつかり合いです。D1は03までは甲南女子のワンサイドゲームであったが、あきらめない気持ちの強さはチームNo.1のD1の千葉・中島組。勝負に対する気迫と前面に出す気合い、そして相手の焦りも重なり、43と一気にひっくり返し、54まで追い込むことができたのですが、56、そしてタイブレークまでもつれるまでに。また、S3の横山は30リードであったが、34、45と接戦となり、そして、D1とS3がポイント同時で試合終了。1-4という仁川にとっては残酷な結果で終わってしまいました。

 

IMG_3084

 

今回の団体戦、チームがなかなか一つにまとまらず、心配な部分が多くあり、不安要素ばかりでありました。敗れてしまいましたが、9人全員が団体戦という一つの目標に向かい、真剣勝負で挑んでくれ、選手たちにとっては勝ち負け以上の何かをつかんでくれました。試合が終わった後の選手たちを見ていると、この試合にかける思いの強さを感じ、やはり仁川は団体戦が全てだということを再確認することができました。選手たちにとって、今は悔しくて悔しくて思い出すのも辛い試合結果であり、現実であると思います。けれど、これほどまでの悔し涙があるからこそ、これからの仁川の新たな伝統を創り出す第一歩になれたかと思います。この経験は一生のかけがえのない宝物になったことは間違いないことだろうと思います。選手のみんな、お疲れ様。そして、さまざまな方面からのたくさんのご声援、ありがとうございました。

クラブ活動ブログ

ページトップへ戻る
仁川学院 〒662-0812 兵庫県西宮市甲東園2丁目13番9号
Copyright © 2013 NIGAWA GAKUIN All Rights Reserved.

サイトマップ | 個人情報保護方針