課外活動
人と交わり、自分を磨く喜びを体験します。

卓球部

卓球部 毎年恒例の「OB戦」を実施しました

12月29日(金)、毎年恒例のOB戦「第10回風斗杯」を実施しました。この風斗杯は、顧問の長男(9)が誕生した2008年にスタートし、大会名も彼の名前から取ったものです。スタートから10年、小学3年生となった彼自身も今や立派な卓球選手となり、今年初めてこのOB戦に参戦しました。

 

この日の参加者は、現役部員21名とOB・OGが14名。そこに現役選手の眞田先生にも参加していただいて計37名で行いました。公式戦ではないので、もっと和気あいあいとした雰囲気で試合をしてくれるのかと思いきや、みんな真剣勝負!?数多くの熱戦がで繰り広げられました。特に現役選手たちにとっては、偉大な先輩たちと初めて会うこともあり、緊張感しつつも卓球部の歴史を感じ取ってくれたのではないでしょうか。「先生、私たちも卒業したら必ずこの風斗杯に戻ってくるので、ずっと続けていてくださいね!」と言ってくれた中2の女子部員の言葉が印象的でした(差し入れのお菓子やみかんがたくさんあったからそう言ってくれたのかな?)。

そして7世代20名が集まったOB・OGたちは、久しぶりの仲間との再会を楽しみ、そして青春時代に情熱を注いできた卓球を楽しんでくれていました。顧問としてこの上なく嬉しいことですね。

 

さて試合の結果は、現キャプテンの中畑君を抑えて決勝に上がってきた是恒先輩と、現役の女子大学生選手で昨年県ベスト8に入った宮川先輩を破った山本先輩のサウスポー対決!昨年度まで大学の体育会で腕を磨いてきた山本先輩に、現在は卓球スクールのコーチとして毎日卓球を教えている是恒先輩が、貫禄の勝利!見事優勝を勝ち取りました。

IMG_0608 IMG_0613
「久しぶりやな」「先輩強いからなぁ」/壮絶ラリーに全員釘付け

 

大会のあとはビンゴ大会を行い、老いも若きも?一喜一憂。一足早いお年玉を先生からもらいました。そして最後は中畑君の「先輩たちの記録(県ベスト16)を超えることができるよう、来年も精一杯がんばります。応援よろしくお願いします!」との力強い挨拶で2017年を締めくくりました。2018年の彼らに、先輩たちも先生たちも期待しています!そして卒業したら、みんないつでもここに戻っておいでね!

 

 

 

卓球部 合同練習会

2017年最後の練習は、神戸市にある「小浜クラブ」のジュニアチームのみなさんとの合同練習会を行いました。

 

小浜クラブは日本代表選手を5名輩出している神戸屈指の名門チームなのですが、本校卓球部とは浅からぬご縁があります。まず本校卓球部OGでもある顧問の小尾先生が中高6年間在籍して卓球の腕を磨いたクラブであり、また昨年3月の兵庫県団体選手権では小浜先生率いるチームと予選リーグで対戦させていただきました。その時から「合同練習をしていただけたら」との思いがあり、今回それが実現いたしました。

 

この日は9歳から18歳の男女13名が小浜先生とともに来てくださいました。午前中は先生に組んでいただいたメニューに全員で取り組みました。本校の部員たちも基礎から徹底して指導していただき、改めて卓球の難しさと奥深さを実感したようです。

IMG_0705 IMG_0703
小浜先生による多球練習でレベルアップ/今回最年少は小学3年生

 

午後からは団体戦。小浜クラブは女子主体のチームとはいえ、この日来ていただいたうちの半数以上が全国大会を経験している選手たちとあって、本校の男子チームも苦戦の連続でした。

536131231.805530 IMG_0604
本校女子は小学生チームとの団体戦/最後は全員で記念写真

 

 

最後は小浜先生の「サーブ講習」で締めくくりました。先生は70歳を過ぎても全国大会で活躍している現役選手。先生からは「卓球をどんどん極めて、日々の勉強も同じように極めて、一人の人間として立派に成長してほしいと願っています。」とのお言葉をいただきました。卓球選手である前に、一流の人間たれ―――私たち仁川学院卓球部の部訓「感謝・努力・信頼」と通じるところがあります。この部訓も、実は現役時代の小尾先生が中心となって決めたもの。これからも小浜先生の言葉を胸に、私たちは研鑽を重ねていきたいと思います。小浜クラブの皆さん、ありがとうございました!

高校卓球部 チームが紹介されました

仁川学院高校卓球部 掲載写真

 

雑誌・ウェブサイトで『部活動で目標に向けて頑張っている部員、チームの日々の努力と魅力』を全国の中高生にお届けしている

 

『中高生部活応援マガジン ヒーローインタビュー』

 

さんが、本校卓球部のチーム紹介を掲載してくださいました。こちらからどうぞご覧ください!

卓球部(高校) 新人大会 結果報告

平成29年度 兵庫県高等学校新人卓球大会・阪神地区予選会

【9月30日・10月1日/於:兵庫県立総合体育館】

 

◆男子ダブルス(126組)

中畑・今北 組 4回戦敗退(13位)

 

◆女子学校対抗(23校)

2回戦 0-3 市尼崎

 

◆男子学校対抗(34校)

1回戦 3-0 市伊丹
2回戦 3-1 尼崎北
3回戦 0-3 市西宮
敗者戦 2-3 尼崎稲園
敗者戦 3-2 県尼崎

※この結果、男子チームが地区11位で県新人大会出場決定。

 

平成29年度 兵庫県高等学校新人卓球大会

【11月4日/於:姫路市立中央体育館】

 

◆男子学校対抗(57校)

1回戦 1-3 市姫路
(●今北/○平岡/●中畑・今北/●尾木/中畑)

新人阪神予選171001 IMG_1438
阪神予選・学校対抗戦でのダブルス/県大会試合前の整列

 

8月の阪神新人選手権で地区ベスト8に入った男子チームでしたが、10月の新人阪神予選ではそれを上回る結果を残すことができず、地区最下位(11位)での県大会進出となりました。
とはいえ、本校チームとしては3年ぶり、男子チームでは6年ぶりの秋の県大会(新人大会)進出ということで、まずは最低限度の目標を達成することができました。

県大会ではまず1勝、そして第一シードの絶対王者と対戦することを目標とし、さらに練習を重ねたのですが、この1勝をあげることができませんでした。特に悔やまれるのは、日頃の練習でやれていることが、この日は全然できなかったこと。そしてプレーにも迷いが見え、自信を持って相手に立ち向かう姿勢が見えなかったことです。もちろん、相手校の選手たちも素晴らしかったのですが、それ以上に自分たちが弱気になってしまったのが、大きな反省点です。

この県大会の結果は、大きな糧にしなければいけません。チームはこの冬、練習試合やオープン大会、そして年末恒例のOB戦、そして1月に計画している「カップ戦」の運営など、成長するきっかけがたくさんあります。一人ひとりがチームのために成長できれば、このチームは成熟していけるはずです。春には大きな花を咲かせられるように、この冬、チーム一丸となってしっかりと土台を強化していきます。

 

★★★本校卓球部OB・OGのみなさんへ★★★

12/29(金)、毎年恒例のOB戦『風斗杯』を開催します!
ぜひ現役チームに元気とパワーを与えに来てください!
みんなで一緒に卓球しましょう!お待ちしています!!
(詳細は顧問までお問い合わせください)

 

卓球部 夏季強化合宿

高校生は6月の県総体で、中学生も市総体で3年生が引退、その翌日よりそれぞれ新チームが始動して早や2か月が経ちました。

今日までの2か月間、中高男女合わせて23名のこの若いチームが、夏季休業中の「強化合宿」でそれぞれが自分の卓球を一から見直し、チームも一からの立て直しを迫られ、今も必死に努力を重ねています。この夏の卓球部の強化合宿の様子をご報告いたします。

 

夏季強化合宿(8.2~4/篠山市総合スポーツセンター他)

今年も、毎年恒例の夏季合宿(篠山)を実施しました。

 

初日は貸切状態の体育館で、一人一人が大きな声で自分の卓球に対する思いを叫び、卓球人として、そして仁川学院卓球部員として日々強くなっていくという「決意表明」をしてからの練習開始となりました。「チームを一度ぶっ壊して、ここから新たなチームとして団結していこう」という、毎年この合宿で行っている”恒例行事”です。決意が弱かったり声が小さければ何度もやり直しをさせられます。時には涙を流す選手もいますが、ここで選手一人一人の「弱さ」をチーム全体で共有するところから、結束力が生まれます。

IMG_1298 IMG_1300
高2にとっては最後の夏/最後は仲間から認められて握手

 

 

二日日は現地の高校(篠山産業、篠山鳳鳴、三田松聖、北摂三田の4校)と練習試合をさせていただきました。この練習試合も毎年恒例となり、これがある意味、高校チームにとっての「原点」となっています。また篠山産業高校の卓球部顧問の先生にはいつも練習試合のセッティング等で大変お世話になっております。本当にありがとうございます。

 

そしてこの日の夕食は、昨年度より取り入れたバーベキュー大会。今年のチームでは、高2が一生懸命火をおこし、先生たちが食材を焼き続け、それを下級生がどんどん食べていきました。昨年同様、あっという間にすべての食材は食べつくされ、先生たちの肉はあとから買い出しに(もちろん自腹で)・・・ともあれ、たくさん食べる選手たち、頼もしい限りです。

IMG_1301 IMG_1304
練習試合では声も出ていました/美味しいお肉に大満足!

 

合宿最終日。この日の午前は中学チームが地元の丹南中学校をお招きして練習試合。思えば本校顧問が篠山の公立中学校から本校に「転職」してきたのが約10年前。その時に始まったのが、この篠山合宿。そしてこの日来られた丹南中学校の顧問の先生は、なんと本校顧問の教え子。人と人とのつながりの大切さを感じます。

 

午後からは中高全員で、多球練習と課題練習、そして最後の30分は「本気の1ゲーム練習」。常に相手を変えながら大声を出して自分を鼓舞し、目の前の相手に本気で挑む意識を植え付けていきました。

IMG_1305 IMG_1311
篠山の朝の空気はおいしい/「チョレイ!」の声が響き渡ります

 

あっという間の2泊3日。この合宿で挨拶や卓球に向き合う姿勢、他の部員への心配りなど、徐々にではありますが変化が見られるようになってきました。そして合宿が終わり、学校での練習ではこの夏もOB・OGがたくさん駆け付けてくれました。彼らもまた、このチームで夏の合宿を経験し、精神的にもたくましくなった先輩です。こういった先輩たちの想いを受け継いで、現役選手たちはさらなる高みを目指してほしいと願っています。
IMG_1356 IMG_1345
28歳のOBが登場!/OGも来てくれました

 

 

9月は学内予備校だけでなく学院祭の準備等で放課後もなかなか練習時間が確保できない状況が続きますが、短い練習時間を濃い練習内容でカバーし、数多くの練習試合を通じて技術面はもちろん精神面も高めていきたいと思います。

特に高校生は、9月1日・10月1日の新人大会阪神地区予選で県大会出場決定を目指します!その目標達成のために、このチームならではの「NIGAWAの卓球」を、チーム一丸となってお見せできるように、そして全員で県大会出場を決められるように、大会までの約4週間、日々精進してまいります。

卓球部(高校) 夏の大会 主な結果報告

第52回 近畿カトリック学校女子競技大会(卓球の部)
(平成29年7月31日/於:百合学院)

毎年夏休みに開催される「近畿カトリック学校女子競技大会」の卓球の部に、本校より5名(高校4名・中学1名)の選手が出場しました。

 

◆学校対抗戦(9校総当たり)
第1試合 3-0 賢明女子学院
第2試合 0-3 香里ヌヴェール
第3試合 3-0 大阪信愛女学院
第4試合 3-1 愛徳学園
第5試合 2-3 小林聖心女子学院
第6試合 3-0 ノートルダム女子学院
第7試合 3-0 神戸海星女子学院
第8試合 3-1 百合学院

結果:6勝2敗 準優勝(2年ぶり2回目)

 

2017年度 西宮市高等学校卓球大会
(平成29年8月1日/於:西宮市立中央体育館)

 

◆男子ダブルス(34組)
中畑(2年)・今北(2年)組  ベスト8

◆男子シングルス(72名)
中畑(2年)  ベスト16

◆女子学校対抗(8校)
1回戦 0-3 関西学院

◆男子学校対抗(12校)
1回戦 3-0 西宮南
2回戦 0-3 報徳学園

 

IMG_1293 IMG_1291
男子ダブルス(市内大会)/カトリック大会終了後の女子チーム

 

2017年度 全日本選手権(ジュニアの部)兵庫県予選会
(平成29年8月16・17日/於:神戸市立中央体育館)

 

◆男子シングルス(1820名)
今北  4回戦敗退

◆女子シングルス(835名)
吉野(1年)  4回戦敗退(ベスト128)

 

 

平成29年度 阪神地区高等学校新人卓球選手権大会
(平成29年8月21・22日/於:兵庫県立総合体育館)

 

◆女子学校対抗(23校)
1回戦 0-3 園田学園

◆男子学校対抗(33校)
2回戦 3-0 川西緑台
3回戦 3-2 尼崎工
4回戦 0-3 報徳学園

 

男子団体はベスト8に入り、9月30日・10月1日に行われる新人大会阪神予選のシード権を獲得。6年ぶりの新人県大会出場を狙います。

 

IMG_1337 IMG_1354
男子も女子も、1年生が活躍してくれています!

 

 

高校卓球部 兵庫県総体 結果報告

第61回兵庫県高等学校総合体育大会卓球競技
(平成29年6月9日(金)・10日(土)/於:姫路市立中央体育館)

 

□男子学校対抗(83校)

○2回戦 3-1 六甲アイランド
(仁川:●明角/○中西/○中西・平岡/○中畑/平岡)

●3回戦 0-3 育英 (ベスト32)
(仁川:●中西/●尾木/●中西・平岡/中畑/平岡)

IMG_1215 IMG_1224
男子学校対抗2回戦/3回戦:全員で精一杯声援を送りました

 

□男子シングルス(107名)

・中西 優太(3年)
○1回戦 3-0 神崎高
●2回戦 1-3 育英高 (ベスト64)

 

2年2か月に渡る、3年生6人の「部活」がこの日、終わりを迎えました。

 

1年前の新チーム結成後、強かった先輩のようになれない自分にずっと自信が持てずにいた選手。勉強との両立に悩んで思うように練習できなかった選手。満足のいく結果が残せなかったチーム。OBの先輩たちや先生にいろいろアドバイスを受けるもなかなか変われなかったチーム。一人一人が本当に悩んだ1年だったかもしれません。

 

しかし、チームは5月の阪神地区予選で輝きを取り戻し、この日の県総体では3年生を中心に精一杯声を出し、試合に出場した選手は自分のために、チームのために、これまでずっと応援してくれた後輩や家族のために、何かを残そうと、1点でも取ろうと、1秒でも長くプレーしようと、ひたむきに頑張ってくれました。またベンチや観客席から必死に声援を送る1・2年生たちの姿は、3年生の残してくれたチームの”財産”のように映りました。

大会前日は、学校で最後の全体練習を行った後、レストラン特製の弁当をいただき、電車で姫路まで移動して宿舎入りを済ませ、「最後のミーティング」を行いました。3年生の熱い思いをチーム全員で共有し、翌日の大一番に向けて士気を高めました。

IMG_1212 IMG_1228
毎年行っている「最後のミーティング」、そして「姫路城見学」。

 

そして大会当日。学校対抗戦の結果は3回戦敗退となりましたが、最後の最後に、最後まで諦めないNIGAWAの卓球を見せてくれました。最後の最後に、チームとしての「強さ」を見せてくれました。3年生でチーム唯一のカットマン・明角は初戦のトップで出場。中学時代に県総体を経験しているものの、当時は控え選手。今回の出場はまさに悲願だったといいます。結果は惜敗でしたが、今までにないほどの躍動感を見せてくれました。そして、1年生の時から主力で活躍してきた主将・中西。中学時代から強豪チームで鍛えられてきた彼にとって、本校チームは物足りなかったかもしれません。しかし彼は決して不満を言うことなく、むしろ積極的に、後輩はもちろん初心者や中学生たちに対して、技術だけでなく「卓球の楽しさ」を惜しげもなく教えてくれました。そんな彼が最後に魅せた試合が3回戦・育英戦。インターハイ常連校相手に、しかも昨秋県新人大会の個人戦チャンピオンを相手に、フルゲームまでもつれる大接戦を演じました。惜しくも5ゲーム目は9-11で落としてしまいましたが、阪神地区で共に戦ってきた仲間たちも応援に駆け付けるなど、いちばんの盛り上がりを見せてくれました。

IMG_1233 IMG_1262
中西のシングルス2回戦/県国体前日にも後輩に指導してくれました

 

この2人だけでなく、他の3年生も最後までがんばってくれました。彼らには、この卓球部で経験したことすべてを今後の人生の糧にして、どんな逆境に立たされても、目標を達成するために最後まで前進を止めないでほしい、そう心から願っています。

 

IMG_1239
大会を終えて全員で集合写真

 

最後になりましたが、練習試合等でこのチームに力をたくさん与えてくださった各校チームのみなさん、卓球部の活動にご理解ご支援いただいた保護者の皆様、本当にありがとうございました。この場を借りて、心より御礼申し上げます。

 

この大会の翌日より、新チームが始動しました。2年生が7人と1年生が8人、男子が11人と女子4人というチームですが、先輩たちの意志を受け継いで、さらにNIGAWAの卓球を追求するべく活動してまいります。今後もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

中学卓球部 西宮市総体報告

今年も中学3年生にとって最後の公式戦となる総体がやってきました。今年は男女シングルスの他、男子が久しぶりに団体戦に復帰。昨秋の新人戦に続き、シングルスと団体戦の両日にエントリーができました。個人競技でもある卓球ですが、やはりチーム戦となると応援の盛り上がりも相当なもの、一球一球のプレーに大きな声援が響きました。

 

sotai_tt04 sotai_tt03

sotai_tt02 sotai_tt01

 

 

 

残念ながら結果はシングルス、団体戦とも初戦敗退。結果は正直、厳しいものでした。新人戦やこの春の市民大会で各校の様子は見ていますが、この数ヶ月でしっかりと力をつけた学校が多いなという印象でした。

ただ、大抵の公立中学校の選手達が引退する夏に、中高一貫校である本校では引き続きクラブは続きます。

夏休み中に高校生に混じって、ジュニア大会に臨む生徒もいます。

“ゆっくり根を張りしっかり芽を出す。”

中学時代に大きな結果を残せなかった先輩達が、高校でぐっと伸びる。これが仁川の底力。

先輩方がそうであったように、今年の3年生達もそういう選手になってくれることを祈ります。

さて、今回の総体では、男子レギュラー選手全員の保護者の方が会場に足を運ばれました。こういう経験も記憶にありません。「会場に来てほしい」と母親にそっと伝えた生徒もいたとか。敗れたとはいえ、保護者の方にはきっと3年間の成長を感じていただけたのではないかと思います。使い古された言葉ですが、「記録より記憶に残る」、そういうチームでした。

会場でのご声援本当にありがとうございました。

中学卓球部 練習試合を行いました

6月11日(日)、本校体育館で中山五月台中学校、鳴尾中学校と3校合同で練習試合を実施しました。ともに男女合同で活動をしているということで、申込試合では男女の垣根なく有意義な半日を過ごしました。

 

_20170611_155141 _20170611_155109

 

中山五月台中学校とは以前に練習試合をお世話になったことがありましたが、久しぶりに見た選手達は随分と力をつけている印象でした。また、鳴尾中学校もひとりひとりの基礎がしっかりしているチームだと感じました。女子は進んで男子に試合を申し込むなど大変意欲的でしたし、学ぶべきものが多い両チームだと思いました。

総体が近づいていることもあり、ともに健闘を誓い合って解散しました。

高校卓球部 西宮市民大会&阪神総体 結果報告

第70回西宮市民体育大会卓球競技 高等学校の部
【平成29年5月3日(水祝) 於:西宮市立中央体育館】

 

◆女子学校対抗(8校) 2回戦 仁川学院 0-3 鳴尾

 

◆男子学校対抗(12校)1回戦 仁川学院 1-3 関西学院

 

◆男子シングルス(84名)   中西(3年) ベスト8
。。。。。。。。。。。。。。。。中畑(2年) ベスト16

 

IMG_1171 IMG_1168
市内大会では3年生6名で団体戦を戦いました。
3年生はほとんどが高校から卓球を始めた選手でしたが、
最後までNIGAWAの卓球を見せてくれました!

 

 

 

平成29年度・兵庫県高等学校総合体育大会卓球競技阪神地区予選会
【平成29年5月6日(土)・7日(日) 於:兵庫県立総合体育館】

 

◆男子ダブルス(127組)
中西・平岡(2年)組  4回戦敗退

 

◆男子シングルス(265名)
中西  予選トーナメント 6回戦敗退
※中西は地区17位で6月の県総体に出場決定!

 

◆女子学校対抗(25校) 2回戦 仁川学院 0-3 伊丹西
。。。。。。。。。。。。。敗者戦 仁川学院 0-3 市伊丹

 

◆男子学校対抗(33校) 1回戦 仁川学院 3-2 甲陽学院
。。。。。。。。。。。。。2回戦 仁川学院 3-0 尼崎北
。。。。。。。。。。。。。3回戦 仁川学院 1-3 尼崎稲園
※男子チームは地区12位で6月の県総体に出場決定!

 

新年度に入ってから1年生がチームに加わり、一気に人数も増えてにぎやかになった卓球部。その1年生もすぐにチームに溶け込んで、また2年生も「先輩」としての自覚とプライドが芽生え(?)、そして3年生は最後の総体に向けて集中力を高め、総体阪神予選を迎えることとなりました。

 

部員は4月から総体直前までの練習試合(7校と対戦)と西宮市民大会の連戦を気力で乗り越え、結果がなかなか出ないながらも精神的には強くなっていたように感じました。
その象徴が、男子学校対抗の初戦・甲陽学院高校との試合。3月の阪神選手権でシード権を取れなかった本校は、トップに1年生の尾木を起用。彼はもちろんこの試合が団体戦初試合ということもあり、相当な緊張から2Gを落としたものの、3Gからはベンチからの指示をしっかりと守り、最後は気持ちのこもったプレーでこの試合を逆転で奪取!勝負強さを発揮してくれました。そして2番を落として1-1で迎えたダブルスでは、前日に個人(ダブルス)で県大会出場を決めた強豪ペアが相手でしたが、エース中西の新しい「相棒」としてこの1ヶ月必死で練習してきた平岡がスーパープレーを連発。最後は相手の粘りを振り切ってこの試合を取りました。そして4番は相手のエースに取られたものの、ラスト5番の中西が危なげなく勝利し、シード校を撃破しました。

 

IMG_1175 IMG_1178
3年連続県総体シングルス出場の中西
/今年は女子チームが2年ぶりに出場

 

本校卓球部は、平日は週2回しか卓球の練習ができず、また学内予備校との両立に励む生徒が多い上に、高校から卓球を始める選手も多いのが特徴ですが、男女一緒に練習し、互いに教え合い、高め合いながら、まずは「卓球が大好き」になってくれるよう指導しています。
「最後まであきらめない」「見ている人がワクワクする」NIGAWAの卓球をチーム全員で追求し、選手一人ひとりが、チームのために何ができるかを考え、それを実践することができるよう、いつも願いながら。
そして県総体出場を決めたこの日、1年でいちばん熱い試合を、応援を、TEAM NIGAWAで見せることができました。チームとして、一人一人が力を合わせてくれました。

 

これもひとえに、私たち卓球部の活動にご理解とご協力をいただいた選手の保護者の皆さま、たくさんの練習試合や合同練習を組んでいただいた各校の皆さまの支えがあったからこそだと思います。この場を借りて、厚く御礼申し上げます。

 

さあ、このチームで戦う最後の大会、県総体まで、あと4週間。1年生も、女子選手も、引退間近の3年生も、全員で。最後にチーム全員でもう一花咲かせられるように、キャプテンの中西を中心に、精進を重ねていきます。

 

 

 

クラブ活動ブログ

ページトップへ戻る
仁川学院 〒662-0812 兵庫県西宮市甲東園2丁目13番9号
Copyright © 2013 NIGAWA GAKUIN All Rights Reserved.

サイトマップ | 個人情報保護方針