課外活動
人と交わり、自分を磨く喜びを体験します。

女子硬式テニス部

女子テニス部 2018年始動

仁川学院女子テニス部も2018年の練習がスタートしました。

1月6日(土)は、毎年恒例となっている広田神社への初詣をしていきました。本校のテニスコートから片道約4キロある広田神社までジョギングでめざします。

 

39498965202_306db6bdb0_o 38632910165_f06f88ca13_o

 

今年は、高校1年生が先頭でその後ろに高校2年生がつく形で神社まで向かいました。途中、ペースが遅れ始めた一部の高1生に対し「あと少し!頑張ろう!」と先輩が後ろから励ましの声をかけて、後輩の背中を後押しするシーンがとても印象的でした。

神社に到着すると、土曜日ということもあり、地元の少年野球チームや、大学の陸上部、その他クラブチームも初詣に数多く訪れており、私たち女子テニス部も今年一年のチームの必勝を祈願して参拝しました。

 

38819929344_b730cd7388_o 24661244257_703223dfc4_o

 

参拝後はチームを代表してキャプテンがおみくじを引きます。去年の「大吉」に続けと願いくじを引きましたが、結果は「末吉」でした。テニスは最後の最後までどうなるか分からないスポーツですので、おみくじの結果と同じように最後には末広がる結果になってくれることを期待をしたいと思います。

 

38632893395_54fe36b8db_o 25658098538_9803419eed_o

 

その後、来た道を引き返し学校に戻って少し練習をしてから、新年恒例の鍋を囲みながらの新年会を行いました。2チームに分かれて、それぞれ味の違った鍋を作ります。年の初めに仲間達と鍋を囲みながら、チームとしての方向性も確認し合えた良い機会となりました。

 

24661243677_0d329a5215_o 24663306017_794a5f1979_o

 

会の最後にキャプテンからは、「今年は総体団体戦で本戦に勝ち上がることを目標とし、個々人が明るく楽しくかつケジメをつけながらテニスに打ち込みましょう」と抱負を語ってもらい、2018年の新年会を終えました。

女子硬式テニス部 兵庫県新人大会 結果

 8月19日(土)、赤穂海浜公園テニスコートにて、第63回兵庫県高等学校新人テニス大会(個人戦)が行われました。シングルス、ダブルスともに予選ブロックを勝ち上がった選手のみが集まる本戦大会、本校からは高校2年生の西さんがシングルス戦に出場しました。

 

 当日は、前日の豪雨が影響し湿度も気温も非常に高く、暑さが厳しい1日となりました。エントリーから初戦までの待機時間も長く、緊張感や集中力を持続させるのも難しい状態ではありましたが、落ち着いてしっかりと自己コントロールをして試合に臨めました。

 

 第1ゲームをブレイクし、力強いショットも随所に見られ、このまま波に乗っていけたらと思っていましたが、相手の粘りのラリーに対して、なかなか自分の良さを思い通りに発揮することができませんでした。惜しくも敗退という結果となりましたが、最後まで諦めず、全力で戦い抜く姿勢がとても印象的でした。

IMG_0690-2

 

IMG_0705-2

 残りの夏休みも部員一丸となり、練習に励んでいきたいと思います。

 

<次回試合予定>

 

8月23日(水)阪神高等学校テニス大会団体戦

8月27日(日)兵庫県私学高等学校テニス大会

女子テニス部 近畿カトリック学校女子競技大会 結果

8月1日、大阪のミズノテニスプラザ舞洲にて、近畿カトリック学校女子競技大会テニス競技(団体戦)が行われました。

 

IMG_3316 IMG_3317

 

厳しい炎天下の中、粘り強いテニスとチーム一丸の応援で2連覇に挑みました。決勝トーナメントには駒を進めたものの、準決勝で賢明女子学院(姫路賢明)に敗れてしまいました。昨年に続く連覇を達成することはできませんでしたが、エントリーした選手全員が試合に出場し各自の課題も明確になり、今後につながる試合となりました。

 

IMG_3319 IMG_3318

 

次は、5日〜7日の新人大会個人戦での本戦出場、阪神大会リーグ戦での1部昇格を目指して頑張ります!

 

IMG_3326 IMG_3327

 

予選リーグ 〔1勝1敗〕
3-0 賢明学院(堺賢明)
1-2 神戸海星

 

 

準決勝
1-2 賢明女子学院(姫路賢明)

 

 

順位決定戦
1-2 小林聖心

女子テニス部 私学女子テニス交流大会結果報告

7月16日(日)甲南女子高校テニスコートにて、私学女子テニス交流大会が実施され兵庫県内12校の私学が参加しました。

 

IMG_3165 IMG_3167

 

予選では4つのリーグに分かれ、3チーム総当たり戦(シングルス1本、ダブルス2本の計3ポイント制)で行われました。

試合結果は以下の通りです。

 

 

予選Aリーグ

仁川学院0ー3啓明学院

仁川学院0ー3雲雀丘学園

 

 

コンソレ1R

仁川学院2ー1神戸野田

 

 

9位10位順位決定戦

仁川学院2ー1須磨学園

 

 

IMG_3168 IMG_3171

 

この大会は、もともとは私学女子球技大会という60年もの歴史を持つ由緒ある大会が起源だそうです。十数年前に一旦幕を降ろしたものの、テニス競技の部においては、運営関係者の先生方のお力添えによって今もなお継続されている大会です。

 

そんな交流大会は、新チームにとって初の団体戦となったわけですが、結果は昨年度から順位を3つ落とし9位でした。新チーム結成から約1ヶ月間、主に基礎的な練習メニューを中心に取り組んできました。普段の練習では力強いショットも打てるようになってきましたが、いざ試合となると気持ちの面で弱さが見えフォームが萎縮してしまったり、ボールを置きにいく場面も多く見られ、まだまだメンタル面も含めて鍛えていかなければならない部分がたくさんあることに気づかされた大会となりました。

 

これから夏休みに入ると、さっそく新人戦の個人戦(予選)がスタートします。1人でも多くの選手が本戦に出場できるように、チーム全体のレベルアップを図っていきたいと思います。

女子テニス部 兵庫県総体テニス団体戦

4月22日(土)加古川南高校にて第61回兵庫県春季テニス大会(県総体)が実施されました。

 

 

この大会はダブルス1本、シングルス2本の計3ポイント制で行われ、各チームの中核となる選手で構成されます。また高3生にとっては現役最後の団体戦です。

 

IMG_2707  IMG_27132R

仁川学院3-0宝塚
初戦は、先日の東阪神リーグでも顔合わせをした県宝塚との対戦となりました。D1では、中学の時から通算6年間組んできた高3ペアで挑みました。第1ゲームではブレイクに成功し、その後も着実にポイントを重ね勝利することができました。高3エースのS1、そして高2のS2ともに堂々としたプレーで初戦をもぎ取りました。

 

IMG_2775 IMG_2776

 

3R
仁川学院0-3加古川南
ダブルスはスコアこそワンサイドではありましたが、なんとかデュースに持ち込むゲーム展開もみられました。S1、S2ともに力強く押し込むラリーでポイントをとるシーンも幾度となくありました。しかし、ゲーム展開の上手さでは相手の方が一枚上手だったようで、選手にとって連続してポイントを重ねる難しさを実感したようです。

 

IMG_2777 IMG_2773

 

今年は残念ながら昨年度のベスト16を越える結果を残せず、現チームとしての団体戦はこれが最後となりました。高3生にとって高校生活最後となる総体個人戦が2週間後に控えています。今回の課題を克服し、有終の美を飾ることができるよう、チームメイト達と共に残された時間を過ごして欲しいと切に願っています。

 

 

最後に、本日、大会会場のコートレフェリーに当たっていただいた加古川南の登日先生、運営して下さったテニス部員の皆様ありがとうございました。

女子硬式テニス部 新年始動

新しい年がスタートしました。
女子硬式テニス部は毎年、年のはじめに広田神社への初詣から新年が始動します。本校のテニスコートから片道約4キロ弱の道のりをジョギングでめざします。

 

IMG_2309 IMG_2310

 

体もちょうど温まったところで神社へ到着です。最上級生の高校2年生が今年一年のチームの必勝を祈願して参拝しました。参拝後はチームでおみくじを引きました。キャプテンが代表で引いたくじはなんと「大吉」!境内に思わず歓声が響きあがるほどの盛り上がりで、みんなのニコニコした表情がとても印象的でした。

 

IMG_2312 IMG_2316

 

その後、来た道を引き返しコートに戻って初打ちをして汗を流しました。昼食は3チームにわかれて鍋を作ります。それぞれチームで作った鍋を囲みながら『今年の抱負』を一人ひとり表明して新年初日を終えました。

 

IMG_2318 2  IMG_2321

 

女子硬式テニス部は今年一年、チームとしての技術向上を目指すとともに「感謝すること」「誠実であること」「礼節をわきまえること」を大切にしながら、しっかりと地に根を張れる強いチームづくりに励んでいきたいと思います。

女子硬式テニス部 東阪神リーグ入替戦 試合報告

12月28日(火)、東阪神リーグ入替戦が川西明峰高校にて行われました。先月のリーグ4部で優勝した本校は、この入替戦に勝利すれば3部昇格となる大変重要な試合です。試合はダブルス3ポイント・シングルス4ポイントの計7ポイントで争われました。

 

  

 

仁川学院4-3川西明峰
S1岩村6-2
D1福原・吉田6-4
S2西6-1
D2菅・牛丸1-6
S3込山6-1
D3DEF
S4DEF

 

  

 

人数の関係上、D3とS4は不戦敗のため、実質的には5ポイントのうち1ポイントしか落とせない追い込まれた立場からのスタートとなりました。S1はグラウンドコンディションに悩まされながらもチームのエースとして安定した試合運びで勝利することができました。S2も序盤こそ調子が上がりませんでしたが、繰り返されるデュースゲームをひとつひとつものにすることでチームに貢献するプレーができました。D1では一年生と二年生の即席ペアでのオーダーで臨みました。シーソーゲームではありましたが、先輩のリードに後押しされた一年生がベースラインからのコントロールを生かしたストロークを起点に、二年生がネットプレーで仕留めるといったダブルスならではのプレーも見られるなど見応えのある試合でした。一年生の中でもシングルスに定評のあるS3は、粘り強くラリーを続け、甘くなったボールを相手のオープンコートに力強いスイングでポイントするシーンが印象的でした。今回、唯一D2が敗北を喫してしまいましたが、試合後の敗因も自分たちで分析できていたので今回の試合経験を糧としてさらなる飛躍を期待したいところです。試合の結果、本校は東阪神リーグの3部昇格が決まりました。

 

 

今回の入替戦で会場校として提供して下さった川西明峰の今村先生そして生徒の皆様、前日からの雨で荒れたコートを朝早くから丁寧に整備していただきおかげさまで気持ちよく試合をさせていただくことができました。ありがとうございました。

 

さて新しい年が迫ってまいりました。今年一年、さまざまな形で私たち女子硬式テニス部を支えて下さった関係者の方々に改めてお礼申し上げます。新チームに移行してから半年が経過しましたが、団体戦・個人戦ともに試合経験積み重ねるたびに、選手たちがそれぞれの課題を見い出し日々の練習を通じて心身ともに鍛えられつつあることを顧問としても嬉しく思います。また新たな志をたてて、来年も日々の練習を信じ、自分を信じて励んで参りたいと思います。どうぞよいお年をお迎えください。

女子硬式テニス部 東阪神リーグ戦 試合結果報告

11月6日(日)、東阪神リーグ4部団体戦が川西緑台高校にて行われました。リーグ4部に所属する学校同士の総当り戦で、1日で4試合実施されました。

 

IMG_2059 IMG_2061

 

第一試合
仁川学院4-1小林聖心
S1岩村6-0
D1福原・藤村6-0
S2西6-1
D2吉田・木坊子0-6
S3込山6-3

S1、S2が力強く勝ち星をあげ、D1 も二年生ペアがチームを大きく牽引する試合運びができました。いつも初戦でなかなか調子を上げられない試合が多い中、今回はいいムードでこの後の試合にもつなぐことができたようです。

 

IMG_2062 IMG_2063

 

第二試合
仁川学院3-2猪名川
S1岩村6-1
D1福原・藤村2-6
S2西6-2
D2菅・木坊子1-6
S3込山7-6(7-3)

S1は1stサーブの成功率を徐々に上げながら、深いショットを打った後に返ってきたチャンスボールをネットプレーで仕留める理想の試合展開が印象的でした。しかし、D1が予想外の敗北を喫してしまったことで、第二試合の命運は1年生のS3に託されることに…。苦しい試合となりタイブレークまでもつれ込む大接戦となりましたが、持ち前でもあるメンタルの強さと最後まで諦めない姿勢がチームに勝利をもたらしました。

 

IMG_2064 IMG_2066

 

第三試合
仁川学院3-2川西緑台
S1岩村6-1
D1藤村・込山7-5
S2福原1-6
D2吉田・牛丸3-6
S3西6-2

第二試合でタイブレークまでもつれ込み体力を消耗した1年生のこともあったため今回は変則オーダーで挑むことに。まずは2年生ペアを解体して一人はS2へ回り、もう一人はさきほどのS3から回ってきた1年生とダブルス即席ペアで挑みました。S2はダブルス直後のシングルスということで狭くなったコートになかなか感覚を取り戻せず苦しみました。D1は5-3から5-5に追いつかれるも、そこから一気に2ゲーム連取、第三試合もチームとして勝利しました。

 

IMG_2067

 

第四試合
仁川学院5-0宝塚北
S1岩村6-0
D1福原・吉田6-0
S2西6-1
D2藤村・木坊子7-6(7-5)
S3込山6-2

本日、最後の試合です。この試合を制すれば文句なしのリーグ全勝優勝ということで選手たちにも力が入ります。D1、D2にも勝ってもらい全勝を狙うべく先輩後輩ペアでの即席オーダーで挑みました。S1とS2はシングルス4連戦となってしまいましたが、安定したサーブと、チームの期待に見事に応える力強いスイングと脚力で早々に2勝を挙げました。さらにD2では、2年生キャプテンの粘り強いストロークで相手の甘く返球されたボールをこれまで苦しみ続けた1年生が最後に仕留めるシーンが印象的でした。同じく先輩後輩ペアのD1が、2-5からなんとタイブレークにまで追いつき、最後は見事にゲームをひっくり返す劇的な展開で第四試合を全勝、そしてリーグ戦においても4勝0敗で優勝することができました。

 

IMG_2070 IMG_2071

 

新チーム結成からまもなく半年が経ちます。夏休み明けの阪神大会、新人大会、そして個人戦と試合を重ねるごとに、技術面、精神面ともに鍛えられつつあります。これから年末にかけて、入替戦・私学大会・ウインタージュニア個人戦とまだまだ試合は続きます。今日の試合を糧としてさらなる飛躍を目指して欲しいと思います。

女子硬式テニス部 県新人テニス大会(個人戦)結果

8月19日(金)、赤穂海浜公園テニスコートにて「第62回兵庫県高等学校新人テニス大会」(個人戦)が行われました。県内各地区の予選を勝ち抜いたシングルス96名、ダブルス48組が出場し、本校からは高2の岩村怜奈選手が出場しました。

image

シングルス
1回戦 岩村怜奈(仁川学院) 6ー4 井上桃李(武庫川女子大附)

image

1回戦は、予選ブロックを勝ち抜いた選手同士の試合でした。ブレイクに成功し2-0で迎えた第3ゲーム、ここでキープをして一気にゲーム差をつけたい気持ちから丁寧になり過ぎたのか、かえってスイングが小さくなってしまいゲームを落としてしまいます。中盤以降も、相手選手のつなぐテニスに攻めあぐねる場面もありましたが、クロスの打ち合いから先に仕掛ける展開にうまく持ち運ぶことができ、なんとかゲームをものにすることが出来ました。本人にとっても本戦で初めて1勝を上げることが出来た貴重なゲームとなりました。

シングルス
2回戦 岩村怜奈(仁川学院) 0ー6 氷室杏美(加古川北)

image
2回戦は、予選ブロック免除となった選手との試合でした。1回戦とはうって変わり、今度は先に仕掛けられることが多く、なかなか得意なショットを打たせてもらえない苦しい試合運びとなりました。力の差を見せつけられたゲームとなり、残念ながらストレートで負けを喫してしまいました。しかし、今回の敗戦は本人にとっても、これまでのように得意なショットでどんどん押していくテニスでは本戦を勝ち上がることは容易ではなないことを実感しました。いかに先手を取って、多彩なショットを繰り出し、相手を前後左右に揺さぶってから自分の必勝パターンに展開していく技術と戦略が必要であることを学びました。是非、今後の練習の中でそれらを体得していってほしいと願っています。

image

今大会では、選手の応援はもちろんのこと、本戦会場の雰囲気や本戦を勝ち上がった選手のプレー、男子の試合などを見て何かを感じ取ってほしいという顧問らの思いもあり、本戦に出場できなかった生徒にも朝早くから遠路はるばる赤穂まで駆けつけてもらいました。次の個人戦では一人でも多くの生徒が本戦に出場できるよう、日々の練習を信じ技術と精神をより磨き、成長していってくれることでしょう。

女子硬式テニス部 練習試合報告

8月18日、関西学院高校テニスコートにて練習試合を行いました。
今回は、高校生7名中学生4名の計11名が参加しました。

IMG_6396-1
高校生にとっては、今月24日に予定されている阪神大会団体戦に向けて、中学生は、力のある高校生と対戦することでよりレベルの高い、実践的な練習をすることができました。

IMG_6444

テニスの公式戦はオールシーズンあります。真夏の太陽が照りつける猛暑の中でも、最後まで集中力を切らすことなくしっかりと足を動かしラケットを振り抜ける体力と精神力が必要だと改めて感じることができた練習試合となりました。

関西学院高校テニス部のみなさん、顧問の先生方、ありがとうございました。またよろしくお願いいたします。

クラブ活動ブログ

ページトップへ戻る
仁川学院 〒662-0812 兵庫県西宮市甲東園2丁目13番9号
Copyright © 2013 NIGAWA GAKUIN All Rights Reserved.

サイトマップ | 個人情報保護方針