先生のブログ

進路ガイダンス 卒業生受験体験講話を終えて

DSC_0376 DSC_0341

「全員目標を決めるのが早くて、ブレてる時間は本当にないんだなと思いました」

昨日、学年末考査が終わったばかりの高2(進学・特Ⅰコース全員と、希望者)を対象に、1時間強のガイダンスが行われました。10日前に卒業したばかりの先輩たちが各クラスに訪れ、まだ湯気の立っている体験談を熱く語るこの行事。毎年、「先輩の話が心に刺さった!」と、ここから突如、受験勉強に火のつく人が続出します。ホットな体験で、年が近い人の話で、具体的――そんなメッセージは、成功談はもちろんのこと、失敗談が特にリアリティをもって胸に迫ります。

振り返りシートからは、「受験勉強していくイメージが湧いた」「成功するためにするべきことに、説得力があった」「このままではまずい」と、見通しを持つとともに危機感を得たという内容が圧倒的多数を占めました。先輩たちも悩みながら工夫して学んでいったのだということ、自分に合う方法を選び取るということ、受け身では何も始まらないこと――それらを痛感し、「春休みから、ではなくて、今日からスタートする!」と決めた人も大多数でした。

卒業生には、「あなたの一言が、誰かの人生を変えるかもしれない。だから、どうか生の言葉で熱く語り、語るために入念な準備をしてください」と事前ガイダンスをしてありました。全員初めての体験で、緊張し、上手な話し手ではなかったかもしれませんが…後輩たちには、熱意と人生に向き合うための覚悟が充分に伝わったと感じます。

卒業生の感想シートには「準備の大切さを痛感した」「後輩がよく聞いてくれたからこそ、もっと上手に話したかった」と、10分語るために10倍、20倍かけて準備するプロ意識の芽生えが見られました。今後はあらゆるシーンでプレゼンする機会が増えるでしょう。自己の体験を言語化し、他者の心に火をつける発信力を、身につけていきたいですね。

そして、受験生初心者の皆さん。来年は、あなたの番ですよ! 素晴らしいドラマチックストーリーを期待しています!!

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ戻る
仁川学院 〒662-0812 兵庫県西宮市甲東園2丁目13番9号
Copyright © 2013 NIGAWA GAKUIN All Rights Reserved.

サイトマップ | 個人情報保護方針