先生のブログ

学院祭 むかしといま

12年前、私が初めて担任したクラスは高校2年7組。生徒たちにとっては高校生活最後の、そして私にとっては担任として初めての学院祭を、一生の思い出とすることができました。

当時の学院祭は、金曜日にステージ発表のみ実施の「校内祭」、翌土曜日に模擬店や展示、コルベ講堂ステージなどの「公開祭」の二日開催でした。高2は金曜日のステージか土曜日の模擬店・展示かを選ぶことができ、私のクラスは校内祭のステージを選択。中高6学年全員の前でのパフォーマンスです。

初担任とはいえ、31歳で転職してきた私はこの時すでに34歳。生徒たちからも「おっちゃん」扱いされていたので、彼らのしたいようにさせてあげられたら・・・と思っていたら、

 

「先生、いっしょに踊らなあかんねんで」

 

当時の学院祭は、先生が生徒と同じステージに立つことはタブーとされていましたし、ダンスなんてとてもとても、と思って拒否していたのですが、

 

「先生も7組のメンバーやろ?」
「みんなで踊りたいねん」

 

・・・なんていい子たちなんだ(笑)と嬉しい気持ちもあり、しかし他の先生たちはどう思われるだろう、と悩みつつも、やはり生徒たちの気持ちを無駄にはできない!と、一緒に踊ることを決意しました。彼らの演出で、当時流行していた「小力パラパラ」を踊ることになり、DVDを購入して本番まで毎晩妻と一緒に練習し、ついでに髪形や体型もできるだけオリジナルに似せようと努力し(あまりせずに済みましたが)、何よりクラスの子たちに最高の思い出を作ってあげたい!との思いで頑張った結果は、なんと最優秀賞。当然、いろいろなご意見もいただき、いろいろ悩んだ時期もありましたが、生徒の一言で救われました。

 

「先生、あたしら、“伝説”作ったんやんなあ」

 

それが伝説になったかどうかはわかりませんが、その翌年の校内祭では3人の先生が生徒と一緒にダンスをしていました。そして月日が流れ、今の学院祭では先生も生徒も一緒になって楽しんでいる様子があちこちで見られます。私自身も昨年度は軽音楽部のステージで、生徒のバンドの「助っ人」として、激しい曲を必死になって練習して、どうにか演奏し切りました。

 

さあ、今週土曜日はいよいよ学院祭です。お天気が心配ですが、仁川学院にかかわるすべての人たちが幸せな時間を共有できると思います。本校の受験をお考えの皆さんも、ぜひ足を運んでみてくださいね。

(瀬)

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ戻る
仁川学院 〒662-0812 兵庫県西宮市甲東園2丁目13番9号
Copyright © 2013 NIGAWA GAKUIN All Rights Reserved.

サイトマップ | 個人情報保護方針