校長先生のブログ

ジェット“桐生”

つい先日、9月9日についに“壁”が越えられた。
福井市で行われた陸上競技の、日本学生対校選手権男子100メートルでのできごとである。言わずと知れた桐生祥秀(東洋大4年)と多田修平(関西学院大3年)の9秒台を目指すライバル同士が、実質一騎打ちで激突し、多田選手が持ち前のスタートからの反応でリードするも、後半になってからジェット“桐生”が伸びやかな加速で、一気に逆転してゴールを駆け抜けた。
結果は9秒98。日本記録を19年ぶりに更新し、日本人初の9秒台という歴史的な瞬間に、桐生選手本人も喜びを爆発させたが、その“現場”を目撃したスタンドの観衆は無論のこと、日本中が喜びにあふれた瞬間ではなかっただろうか。
実は、今回のコンディションは万全のものからはほど遠かったようである。それにも関わらず、その試練を鮮やかに乗り越えたことは驚嘆に値する。しかし、このこと以上に、日本人が長い間越えそうで越えられなかった、9秒台というとてつもなく高い“心の壁”のリミッターを、鮮やかに取り除いたことの方が、今後に決定的な意味を持つのではないだろうか。
出そうで出なかった記録が“現実”になった。おそらくここから始まる“化学反応”の連鎖は、ライバル達にもうねりのように伝播するのではないだろうか。次に続く9秒台スプリンターの誕生を、間近に予感させる気がするのは私だけだろうか。
高校3年生 ― 受験生 ― は、まさに正念場の2学期を迎えている。マイナスに作用する“心の壁”のリミッターを鮮やかに取り除き、伸びやかに加速するジェット“気流”に乗って、一気に受験のゴールを駆け抜けて欲しいものである。  (一)

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ戻る
仁川学院 〒662-0812 兵庫県西宮市甲東園2丁目13番9号
Copyright © 2013 NIGAWA GAKUIN All Rights Reserved.

サイトマップ | 個人情報保護方針