先生のブログ

先生のブログ

『初心忘るべからず』

習い始めのころの謙虚で真剣な気持ちを忘れてはならない。《世阿弥の「花鏡」にある言葉》より。

題目は私の座右の銘でいつも心がけていることだ。繰り返すことで要領よくなっていく半面、慣れというのは良いこともあるがそうでないことも覚えていくもの。これは他のことでも当てはまると思う。初めは頑張るぞ、こうなるぞと意気込んで取り組む。しかし、壁にぶち当たったり、うまくいかないことがあったりしたとき、忘れがちになることが多くある。それは、順調な時にはなかなか見えないもの。だから、常に自分に問いかけ錆びない自分を作り、客観的に見ながら甘えない自分をもっておかなければならないと思っている。謙虚で一生懸命、そしてまず自分が率先して取り組むことが大切だと、今改めて感じている。新たなスタートを生徒、先生方とともに進んでいこうと思う。(人)

高3生は直前講座中です

IMG_0325

IMG_0344

センター試験が終了しましたが、高3生は息つく間もなく私大入試や国公立大2次入試に向けて、ラストスパートをかけています。現役生ならではの成長力を期待して、最後まで実力を伸ばしていこうという気概が表情からうかがえました。講座の合間に志望大学の過去問を解くなどして自学自習に集中する生徒もいます。まだまだ講座は続きますが、進むべき道を見据えて最後まで頑張り抜いてほしいと思います。(い)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの日 1.17

slide06

阪神淡路大震災から23年の月日が流れました。平成7年1月17日、仁川学院も大きな被害を受けました。当時小学校2年生だった飯田純子さんが、震災の犠牲になりました。小学校のグランドには、純子さんの同級生の思いが込められた慰霊碑「明翔夢あとむ」があります。月日は流れても、残されたご家族の思いは「あの日」のまま変わることはないでしょう。心からご冥福をお祈りいたします。

月日の流れは、被災者の高齢化という問題にもつながっています。復興住宅の支援の打ち切りが予定されている地域もあります。被災者の方々をどう支えていくのか。「少子高齢化」とともに、私たち一人ひとりが真剣に考えていかなければならない問題です。

震災を知る人が少なくなり、記憶が薄れていく中、「あの日」亡くなられた方々の思いに報いるためにも、残された方々への支援と防災への備えを忘れてはなりません。    合掌

 

 

 

 

一般入試はこれからが本番

先日、今年度のセンター試験が終了しました。

思うような結果を残した人もいれば,悔しい思いをした人もいます。

しかし,まだ入試は終わっていません。むしろ、これからです。

気持ちを切り替えて,次の準備を早く始めることが大切です。

 

今,高校3年生は『入試直前講座』の真っ最中です。

志望校をめざして,気持ちを奮い立たせて必死に頑張っている

生徒がたくさんいます。

私達にできることは限られていますが、良い結果が得られるよう

全力でサポートしていきます。

 

最後の最後まで、ガンバレ受験生! (亀)

小寒

320

新年となりました。明日15日は二十四節季では小寒、立春まであと1ヵ月程です。校内の様子は、咲いている花はサザンカぐらいで、中庭の桜もすっかり葉を落し寒々しく感じます。すっかり葉を落とした桜ですが「花芽」はしっかり育っています。19日は3学期始業式、まだまだ寒い日が続きますが、校内の春を少しずつ感じたいと思います。(雅) 

年越し

 

今年も、あと3日となりました。月の始まりを「朔日(ついたち)」といい、月の終わりを「晦日(みそか)」、一年の終わりを「大晦日」と言います。大晦日は、一年の決算や新年への準備を整える日だそうです。大晦日の夜、全国各地の寺院では除夜の鐘がつかれ、人間が持っているといわれる百八つの煩悩を除夜の鐘で一つ一つ払い落としていくという風習があります。また、年越しそばを食べて、家運長久を願い、新年につなぐという習慣もあります。

今年一年、色々なことがありました。悪いことは、出来ればあと三日で整理して(忘れて)、新しい年を迎えたいものです。(孝)

「鏡の法則」

 

  現在TVドラマでも扱われているが、池井戸潤の作品は個人的に好きだ。恐らく、今の時代にはそぐわない「観」も多々あるのだろうが、「昭和」という時代の中で育ち、その「観」の中で成長した私にとっては、「共感」というより「安心感」を覚える部分が多いからだと思う。原作を知りつつも、つい見てしまうドラマの方では、いよいよ結末に向かって動き出そうとしているが、松岡修造の曾祖父は、宝塚歌劇団の創設者である小林一三であり、宝塚歌劇団の舞台裏には、ある張り紙が貼られていることが有名である。

  言葉表現は悪いかもしれないが、『ブスの25箇条』は私自身も時折、目にするように心がけている。「愚痴をこぼす」、「責任転嫁がうまい」、「自分が最も正しいと信じている」、「他人に嫉妬する」、「謙虚さがなく傲慢である」、「いつも周囲が悪いと思っている」、「他人につくさない」、「問題意識を持てない」、「自分がブスであることを知らない」、「人生において仕事において意欲がない」……。目にする度に、25箇条の全てが自身の心に突き刺さる…。今年もあと20日余り…。「自分の人生に起こる問題の原因は、すべて自分自身の中にある。」という「鏡の法則」を忘れることなく過ごしたく思う。             

                                                                    (裕)

最近の心配事

先日、保育園に通う6歳の息子に、「最近保育園どう?」と聞いたところ、しばらく黙ってから「意地悪してくる男の子がいる」と言った。詳しく聞いてみると、トイレに並んでいるときに後ろから蹴られたり、座ろうとしたときにイスを引かれて転かされたりするようだ。しかも頻繁に。以前からその話は聞いており先生にも相談していたのだが、内容が深刻化していたため、再度担任の先生にその男の子に注意をしていただくようにお願いをした。繰り返しいじめを受けると自尊心を失ったり自己肯定感が下がってしまうので、周囲は必ずやめさせないといけない。早期発見が絶対だと思う。最近はおちついて保育園での生活を送れているということだが、やはり園内での大人の目が少ないことが気になった。どこの保育園でも人員不足は大きな課題のようだ。最近保育士の給料についての記事をよく見るが、保育士の待遇が今後改善され、さらに子供たちが安心して過ごせる環境になることを強く望む今日この頃である。(紗)

 

期末考査1週間前

今日から考査1週間前です。考査範囲や考査日程(高1,高3のみ)も発表されました。

今は、考査に向けて精一杯学習に取り組んでいることでしょう。

しかし、考査前だけでなく,普段から授業に対してもさらに真摯に取り組んでもらいたいと思います。

努力を継続することが大切です。小さな積み重ねが、大きな成果となって表れるのです。

テスト返却時に自分自身が納得できるように頑張ってください。(本)

 

 

追悼ミサを終えて

先ほど、追悼ミサを終えた。このミサで、いつも、自らを振り返る

小さい時間の大切さを実感している。

先週の今頃は修学旅行中で島原半島をバスで移動中だった。

大宰府の政庁跡で過した昼食時は、少々暑かったが、今日は肌寒い。

秋は確実に深まっている。

突然、二年前に高校を卒業したОBが現状報告に現れた。

その内の一人は、留学することを報告してくれた。その眼には

「キラリ光る自信の欠片」が見えたように思えた。

慌しかった一日は終わりそうだが、

来年の今日はきっともっといい日になっている。

(進)

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ戻る
仁川学院 〒662-0812 兵庫県西宮市甲東園2丁目13番9号
Copyright © 2013 NIGAWA GAKUIN All Rights Reserved.

サイトマップ | 個人情報保護方針