校長先生のブログ

(聖書)人はパンだけで・・・

パン

『人はパンだけで生きるものではない。神の口から出る一つ一つの言葉で生きる』(マタイ福音書4章4節)

摂食障害のお子さんを持つ友人がいて、話を聞くことがありました。小学生時代から医者に通いながら治療を続けているのですが、原因らしきものが見当たらず、定期的な検診を行いながら高校も終わろうという年齢だそうです。娘さんは普通に日常を過ごしながらも、一度食事の量が脳裏によぎった瞬間から堂々巡りの悩みが始まり、パニック状態になるそうです。母親として今までできる限りの対応をしていたそうですが、まだ出口は見えていない状況のようで、娘さんの為にお祈りしたいと思います。

人は食べなければ生きて行けませんが、多くの人は食べることに違和感があったり、無理をすることはおそらく無く、何気に食べ物を口にしているはずです。しかし、生きてゆくための食で苦しむ人たちにとって、食は同時に自分の命に係わる重要な問題です。摂食障害治療専門のクリニックホームページにいくつかの対処法が載っていますが、その中で大切な柱として「心のケア」が挙げられていました。それはとても大切なことと感じましたし、上記の聖書と通じます。つまり、「心の健康こそが体の健康の源となる。」ということです。

心の健康のために、多くの人が「言葉に癒される」体験をしているはずです。家族や友人知人の何気ない一言に勇気づけられたり、慰められたり、癒されたり等々、重圧に圧し潰されそうな状況を乗り越えた経験を皆さんお持ちでしょう。それは私の立場で言えば、「神の口から出る一つ一つの言葉」ということです。そして、それは皆さん自身が人を生かす「神の言葉になれる」ということでもあるのです。

聖体

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ戻る
仁川学院 〒662-0812 兵庫県西宮市甲東園2丁目13番9号
Copyright © 2013 NIGAWA GAKUIN All Rights Reserved.

サイトマップ | 個人情報保護方針