校長先生のブログ

2013年

祝「主の降誕」

今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。(ルカ福音書2章)

久しぶりの投稿となりました。

イタリア研修旅行が終わり、終業式までの一週間は公私共に怒濤のような日々でした。この12月、日々感じ考えたことなどを、これから少しずつこの場を通じてお伝えしたいと思っています。

 

さて、今日は約2千年前の異国での出来事が、時と空間を越えて私たちの生活の中にしっかりと根付いている不思議さ感じながら、この出来事の真の意味と豊かさが神様の祝福が皆さんの上に、特に苦しく厳しい状況にある人々の上にありますように、お祈り致します。

 

131225仁川02 131225仁川03

香港に着きました

おはようございます。

A班、香港時間7時無事到着しました。

しかし、香港発CX506便は出発時間が約1時間半遅れの11時55分発となりました。関空到着遅れの正式連絡は学院からありますが、取り急ぎご報告まで。

アッシジに来るということ

「イタリア研修旅行」のクライマックス、フランシスコの魂が宿る聖堂で今日18時から「ベネディクション」が行われます。

おそらくフランシスコは800年を経た21世紀、自分のお墓に東洋から高校生が学校をあげてやってくる未来を想像はしていなかったでしょう。

中世ヨーロッパの地方都市アッシジに現れた一人の青年の理想「和と善」。このシンプルなメッセージと生き方は人々を魅了し瞬く間に世界へ広がって行きましたが、彼の生き様と理想はシンプル故に実践が難しいものでもあったと思います。日本人は一般的に欧米に憧憬の念を抱いていると言われますが、それ以外の地域の人々に対し心が開かれていないとするなら、それはいいことなのでしょうか? 国や民族、思想や宗教の違いで今日も戦いが止むことはありません。おそらく人類は、この呪縛から逃れることは出来ないかもしれません。しかし私たちが決して忘れてならないのは、「希望を失わないこと」です。どんなに醜く、悲惨な現状を目の当たりにしても、「人は善なる存在として創造されたのだと信じて疑わないこと」。地球サイズの世界観で自らの偏見の壁を壊し、心豊かな人格へと成長すること。寂しく悲しい事件が多発してしている日本を思う時、フランシスコが夢見た世界は、現代の私たちにこそ必要になっているように思われてなりません。

 

「フランシスコの想い」は、17歳の彼らにまだ「ピンと来ない」かもしれません。しかしいつの日か、「誰かが君の力を必要としている時に、迷い無く手を差し出せる勇気を持つ」そんな人格へと成長いく彼らの姿を想像しながら、今日の儀式に臨みます。

CIMG2858

ベネディクション数時間前の聖フランシスコ大聖堂

ヴァチカンの Made in Japan

9日のヴァチカン広場は教皇一般謁見の準備で大わらわでした。広場のパブリックビューイング用モニターをよく見ると、「Panasonic」と書いてあるではないですか!? フィレンツェのウフィッツィ美術館のトイレには「Mitsubishi」製のジェットタオルがヨーロッパのメーカーに交じり慎ましやかに置かれていました。

 

数週間前、ネットで日本のウォシュレットが世界で少しずつ認知され始めていることも紹介されていました。「良い物を作る」日本の物作りのポリシーは、「観てください。使ってください」それだけでは伝わらないようです。文化が違うということはそれだけで無理解を生み、関心が無ければ評価の対象にもなりません。この物がどれだけ良くてこれを使うことは値段以上に価値があると相手に上手に伝える工夫と努力が間違いなく必要です。

 

「Made in Japan」がますます輝きを増すために、何を私たちはするべきか・・・。異文化の地で少し「日本」という国を眺めてみました。

CIMG2851

12日朝、「Roseo Hotel」のベランダからアッシジの方を臨む。

今日も生徒たちは元気に最終日の研修に出発して行きました。

祝「Washoku」無形文化遺産

今朝、起床して準備をしながらテレビのCNN放送を聞き流していた時、「Japan」という言葉が耳に入ったので思わず注目してしまいました。なんと「和牛」が如何に安全で美味しいかをアピールしたCMだったのです。

こんなイタリアの地で「Wagyu」の宣伝を見ることになろうとは・・・。でもその霜降り肉はとても美味しそうに映っていて、朝食前の空腹感もあり、瞬間「食べたいな!」と真剣に思いました。

CNNなので、おそらく世界中でこのCMは流されていると思いますが、世界の市場で「和牛」がブランド肉として生き残るための熱い営業活動が静かに進められているのだな!! 何か嬉しい気持ちになりました。

 

17歳の生徒たちは分かりませんが、私は海外を旅行するとすぐ和食が恋しくなります。食材そのものの良さを生かす味付けは、世界に誇れるものです。そろそろ(早くも?)和食が恋しくなってきました。

 

 

P.S.:でもこれから、フィレンツェのピッツァを食べに行きます。

CIMG2825

画像:夜のシニョーレ広場

時差ぼけ

現地時間8日(2日目)の夕方頃から疲れがドッと出てくる感じがしていました。日本時間で言えばもう深夜なのですからしかたありません。生徒の集中力が少しずつ薄れているようでした。ホテルの夕食時、ウトウトする子も見受けられました。

私もブログを上げていたこちらの22時頃、ネットの速度も遅い郊外のホテルだったので、確認作業をする待ち時間にウトウトしていました。部屋に戻りシャワー浴びた後は、夜中の2時頃目が覚めるまで、一体いつ寝たのかわからない程でした。

しかし、それからが地獄でした。全然眠くならないのです。目を閉じて、「眠ろう眠ろう」とするのですが、眠れません。そのまま3日目に突入してしまいました。そしてフィレンツェへ。夕食後、軽く仮眠を取って・・・と思いながらしっかり寝てしまい、また夜中に目が覚める・・・。でも前日よりは眠れたかな・・・? そんな感じです。

そして、今日12月10日(火)フィレンツェ研修&自由行動・・・。

 

生徒諸君はおそらく若さで乗り切るでしょう。しかし、体力的にしんどい子も出てくる頃です。17歳の自己管理能力をどんな風に発揮してくれるか? 楽しみ8割、不安2割というところでしょうか!?

 

 

今日も神様の守りがありますように!!

CIMG2824

P.S.:今夜はB班がホテルで合流です。それも楽しみです。

 

無原罪の聖マリアの祭日

CIMG2804 CIMG2802 CIMG2807CIMG2797

 

今日12月8日はカトリックの暦で「無原罪の聖マリアの祭日」です。

「無原罪」とは神に逆らうという、アダムとエヴァが楽園で犯した罪が全ての人間に遺伝的に内在することを指し、教会では「原罪」と呼んでいる訳ですが、救い主となられたイエスの母マリアは彼女の母アンナの胎内に宿った瞬間、「原罪を除かれた状態」であり、「神がそうされた」という教えです。

 

この日、教皇様がスペイン広場で祈りを捧げる慣習があり、ローマ全体がお祭りのようです。当然警備も厳しく、交通規制も至る所で行われています。尋常ではない混雑が予想されたので、朝一に「トレビの泉」「スペイン広場」「コロッセオ」の順で午前中を巡りましたが、予想的中で非常に快適な観光が出来ました。そんな中、スペイン広場のマリア様の塔の下では、熱心な信者による「アヴェマリア」の祈りが捧げられていたのでした。

 

ローマは雲が多くあるものの、快晴と呼べる素晴らしい天気です。早朝は4℃と少し冷えていましたが、太陽が出てからはポカポカ陽気になりました。ガイドさんたちも今年は暖かな日が多いと言われていました。週間天気も良好のようですから、とてもラッキーと言えるでしょう。

 

夕方には、空で長い時間を過ごし、一日中歩き回った疲れがドッと出たような感じでした。今日は生徒もゆっくり休めそうですね!

 

 

 

ローマ到着!

CIMG2787 CIMG2788CIMG2784 CIMG2783  Buon jiorno !!

現地時間7時(日本時間15時頃)全員無事ローマ空港に到着。只今入国審査手続きの列にみんなで並んでいます。僕らの人数もあるので時間はかなり掛かる模様です。

機内であまり眠れなかった人も少なくないようですが、今のところ体調が悪い生徒もいない様なので、今日は順調に市内観光ができそうです。

CIMG2785CIMG2786

 

天気も良好! いい一日になりそうです!

香港到着

空港はwifiがあるので、こうしてブログでの報告ができます。ほぼ予定通り日本時間10時過ぎ、香港空港に到着しました。

香港1香港2

香港は只今10時30分、日本の1時間遅れです。これから約1時間のフリータイム。生徒は香港空港内を散策に出かけました。

添乗員さんの「ここはもう日本ではありませんよ!」という言葉に少し気が引き締まっているはずですが、学校のいつもの仲間が共にいる安心感が隙を作り、思わぬハプニングがある・・・かもしれませんね。でもすべてが勉強です。

はてさて、この旅行でどんな武勇伝が生まれるのでしょうか・・・?

 

ローマには早朝の到着、そして市内観光となります。次回は宿泊するサクロファーノ「フラテルノドムス」からお送りすることになるでしょう。

 

とにかく、出発からすべてが順調に滑り出しました。

Deo Gracias !!

 

いざイタリア!

12月7日(土) いよいよA班のイタリア出発! 空港でのチェックイン、出国を終え、只今ゲート前でしばしのんびり時を過ごしているところです。生徒たちはそれぞれのフリータイムを楽しんでいる様子。

 

今日は高校入試説明会も学院で行われ、14時の校長挨拶を済ませた後、大急ぎで関空へ向かい、集合時間にぎりぎり間に合いました。

 

搭乗時間が迫ってきたので、今生徒の集合がかかり、ゲート前はにわかに慌ただしさを増してきました。

 

この旅が無事であることをまず祈ります。そしてこの旅の瞬間瞬間で起こってくる出来事を、彼らが瑞々しい感性で受け止め、これからの人生が豊かになる経験が沢山できますように!!

日本にいる皆さんのためにもアッシジお祈りして来ます。

 

では、行ってきます!

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ戻る
仁川学院 〒662-0812 兵庫県西宮市甲東園2丁目13番9号
Copyright © 2013 NIGAWA GAKUIN All Rights Reserved.

サイトマップ | 個人情報保護方針